専門医インタビュー

いわたレディースクリニックの診療案内

口コミ 239
写真 10
京都府木津川市相楽台1丁目1-1 イオン高の原ショッピングセンター3F (地図)
  • 土曜診療
ネット受付
0066-98010-012926

電話問合せの注意事項【必読】

高の原駅[奈良県]

いわたレディースクリニック

電話問合せ

0066-98010-012926

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

婦人科

患者さまのご希望や不安に寄り添った段階的な診察を行います

患者さまの不安に寄り添った診療を心がけています

婦人科に通うことを不安に感じている患者さまもいらっしゃると思います。中でも、婦人科では必然ともいえる、膣や子宮頸管を直接診察する、「内診」に抵抗がある方も多いのではないでしょうか。お悩みのすべてに対して内診が必要ではありませんが、内診をする場合は、事前に患者さまに検査の概要などをしっかりとお伝えし、なるべく不安を解消できるようメンタルケアも行っています。

中には心の準備ができていない方もいらっしゃいますので、疾患の状態や患者さまの状況を判断した上、可能な範囲で内診以外の処置をします。その後、必要性をきちんとお話ししてからしばらく様子を見たいとご希望されれば一旦先延ばしにして、納得いただいた段階で検査をします。

また、内診は当然のことながら女性スタッフのサポートの元で行います。このように当クリニックでは、患者さまの不安を少しでも軽減できるよう取り組んでいます。

月経に関するお悩み

生理痛がひどいのですが、どのような治療をしますか?

当クリニックでは、大きな異常がないかきちんと検査をして、低用量ピルで治療をします。


生理痛でお悩みの患者さまには、まず、痛みの元となる大きな異常がないかしっかりと検査をします。

異常がなければ、低用量ピルでの治療を提案しています。低用量ピルは、生理周期を28日に整えることにより、女性ホルモンの安定化をはかるお薬で、鎮痛剤との併用も可能です。生理によるつらい痛みを我慢することはありませんので、一度ご相談にいらしてください。

また、低用量ピルは痛みだけでなく、月経開始前にイライラや憂鬱(ゆううつ)を感じたり、身体に痛みを感じたり、疲れやすくなったりする月経前症候群などにも有効であることがわかっています。

低用量ピルは、つらい生理前症候群で仕事に支障をきたしている方などにもいいでしょう。

子宮がん検診

子宮がん検診を行っていますか?

はい、行っています。子宮がんは早期発見が重要なため定期的な検診をご検討ください。


婦人科の病気は、予防・早期発見がとても大切です。特に子宮頸がんは、初期段階での自覚症状がほとんどありません。ご自身で異常を感じられない方も、定期的な検査を提案しています。

当クリニックでは、京都府による子宮頸がんの検診(※)にも対応しています。これは費用の一部を、お住まいの自治体が負担してくれるものです。また、子宮頸がん検診の際にエコー検査(超音波診断装置検査)も行い、子宮筋腫や卵巣腫瘍の有無を確認します。お時間を割いて来院いただいた患者さまの不安を軽減するため、子宮全体の様子をお伝えすることにしています。

現在の日本では、2年に1度の子宮頸がん検査を推奨していますが、当クリニックでは、1年に1度受けるべきだと考えています。というのも、子宮頸がんは1年でかなり進行する病気だからです。早期発見ができれば、子宮を温存した治療も可能です。ご自身でしっかり管理していきましょう。

(※)自治体の補助が受けられます。料金表をご確認ください。

低用量ピル

避妊を目的にしたピルも処方してもらえますか?

はい、当クリニックでは、避妊にはピルを提案していますので、ご相談ください。


当クリニックでは、避妊には、低用量ピルを推奨しています。

低用量ピルについて、日本では間違った知識を持たれている方がいるようです。そこで、低用量ピルに不安を感じている方には、正しい知識の共有をしています。

また、コンドームは必ずしも避妊できるとはいえません。当クリニックでは、コンドームはあくまで性感染症予防の道具ととらえて、低用量ピルとコンドームの併用による避妊を提案しています。なお、避妊目的での低用量ピル(※)の処方は自由診療です。

(※)自由診療となる場合があります。料金表をご確認ください。

不正出血について

月経ではない時期に出血があります。何か病気でしょうか?

それは不正出血です。一度検査をして、病気かどうかを確認してください。


月経ではない時期に出血があれば、それは「不正出血」です。本来見ることのない経血を目にすると、不安になると思います。

当クリニックでは、不正出血でお越しいただいた方には、がんを疑いながらも、その心配を払拭(ふっしょく)できるようにまずは検査をします。さらに速やかな診断と丁寧な説明で、患者さまの不安をやわらげるようサポートします。

大きな異常が見付からなくても、それで終わりではありません。大切なのは、経過観察のためにしっかりと通院することなので、患者さまの状態にあわせて、止血剤やホルモン剤を使用しながら、症状の改善へとつなげていきます。

子宮に関するお悩み(子宮筋腫、子宮内膜症、子宮頸がん)

子宮筋腫になっていないか不安です。診断していただけますか?

はい、当クリニックでは、子宮頸がん検診時に子宮筋腫に関しても診断しています。


当クリニックでは子宮筋腫予防として、子宮頸がん検診の際に子宮筋腫についても診断しています。子宮筋腫が怖いのは、放っておくと不妊症につながってしまう恐れがあるためです。低用量ピルやホルモン剤を使用しながら、しっかりと根本から治療をしていきましょう。

症状に応じて、腹腔鏡手術などの処置をした方がいい場合は、連携先の京都山城総合医療センターを紹介しているほか、ご希望があれば他の医療機関を紹介できますので、ご相談ください。

また、子宮内膜症も近年増加傾向にあり、中でも生理痛のひどい患者さまに多いといわれています。こちらも、低用量ピルで進行を防げる疾患ですので、月経で不快な症状がありましたら早めにお越しください。

性感染症について

性器周辺にかゆみがひどくて、性病か心配です。

性器周辺に何らか違和感があれば、性感染症かもしれませんので、受診した方がいいでしょう。


性器周辺に違和感があれば、性感染症を疑いましょう。当クリニックは女性の患者さまだけなので、不安も少なく来院いただけると思います。性感染症の中でも女性の性器クラミジア感染症は、症状の自覚が難しい病気ですが、症状が何もないからといって放っておくと、不妊症につながる危険性があります。パートナーの感染が疑われる場合は、すぐに受診するようにしましょう。性器クラミジア感染症は怖い感染症ですが、きちんと薬を服用することで改善がのぞめます。

性感染症は、ある程度の周期で定期的に検査をした方がいいので、何が不安なのかを患者さまとお話ししながら、どのような検査をすべきか決めていきます。なお、性器クラミジア感染症、淋病(りんびょう)感染症などの検査結果はおよそ1週間後ですが、性器ヘルペスや性器カンジダ症などはその日のうちに診断が可能です。

更年期障害でお悩みの方

更年期障害に関する治療方法を教えてください。

症状により、ホルモン補充療法やプラセンタ治療などを行います。


更年期障害の三大症状である急に汗が出る、顔だけほてる、動悸(どうき)が出たら、更年期障害かもしれません。このような症状には、ホルモン補充療法を行いますが、その他にも保険適用内のプラセンタ治療も有効です。プラセンタとは、ヒトの胎盤から抽出された製薬です。

更年期障害の患者さまとは、数年単位での長いおつき合いになることがありますので、初診の際にその旨をきちんとお伝えしています。なお、定期的に来院される患者さまには、更年期障害以外の病気に対してこちらからアナウンスできるのも利点です。

女性は、更年期障害から高血圧症やコレステロール過多にもつながっていくため、当クリニックでできる検査をして、必要に応じて連携先の医療機関を紹介しています。女性内科も診察していますので、閉経後も長く診ていきたいと考えています。

脱毛に関する相談

小学生からレーザー機器を使った医療脱毛が可能です

当クリニックの医療脱毛は、レーザー機器による長期的な減毛(※)を目的とした施術を行っています。部位は、顔や両脇、肘、膝、うなじ、V・I・Oライン、おしり、足の甲など全身に対応していますので、剃毛で肌が負けてしまう、むだ毛処理に時間がかかって困る、介護に向けてデリケートゾーンを処理しておきたいなどでお悩みの方はご相談ください。当クリニックのレーザー機器は2つの波長を1つにしているタイプのため、高い照射力により細胞や毛乳頭の処置が期待できます。

流れとしては、まずはカウンセリングを行い、当日もしくは別日に施術をしますが、皮膚にトラブルがある方は診察をした上で別日に行うなどご相談となります。小学生から施術は可能ですが、親御さまの同意が必要となります。なお色素疾患の治療はしていませんので、ご了承ください。

(※)は自由診療です。料金は料金表をご確認ください。

いわたレディースクリニックの基本情報

診療科目 婦人科 内科
住所
アクセス
  • 近鉄京都線高の原駅 徒歩1分 
  • 近鉄京都線山田川駅 車5分 
  • 片町線(学研都市線)西木津駅 車8分 
  • 近鉄京都線木津川台駅 車12分 
  • 関西本線(大和路線)平城山駅 車9分 
  • 近鉄京都線平城駅 車11分 

駐車場有 ※ショッピングモール駐車場:約2000台

診療時間・休診日

休診日

木曜・日曜・祝日

土曜診療

10:00~13:30
17:00~19:00

【休診】 月曜午後、木曜、土曜午後、日曜、祝日

電話番号

0774-39-3999

特徴・設備

設備
  • 個室 駐車場
駐車場

駐車場有 ※ショッピングモール駐車場:約2000台

専門医
  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医

対応可能な症状・疾患など

症状・疾患
  • 更年期障害
治療
  • モーニングアフターピル(緊急避妊法)

掲載している情報についてのご注意

医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

EPARKスタッフが見た
おすすめポイント

ポイント1

一般的な婦人科疾患やがん検診、脱毛のご相談に対応しています

婦人科の一般的な疾患の診療やがん検診、脱毛に関する相談など、さまざまな女性のお悩みに対応しているクリニックです。料金は料金ページをご確認ください。

ポイント2

日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医が診療

診療は、日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医の院長が行います。中・高校生の方は親御さまと一緒に話を聞けるほか、困った時は相談に応じていただけます。

ポイント3

「高の原駅」徒歩約1分、駐車場も備えています

近鉄京都線「高の原駅」から徒歩約1分、ショッピングモール内にあり駐車場も利用できます。さらに月曜・木曜を除く平日は19時、土曜13時半まで診療しています。

 

お気に入りの登録上限に達しました。
登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ