【EPARKクリニック・病院からのご案内】EPARK会員4000万人突破記念大抽選会のお知らせ
抽選会の詳細はコチラ

あさの胃腸内科クリニックの診療案内

口コミ 4
写真 10
愛媛県松山市小坂3丁目3-26 (地図)
  • 土曜診療
ネット受付
0066-9801-0159916

電話問合せの注意事項【必読】

いよ立花駅[愛媛県]

あさの胃腸内科クリニック

電話問合せ

0066-9801-0159916

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

胃腸内科

当院院長は消化器専門医として、炎症性腸炎をはじめとした消化器や胃腸に対する診断・治療を行っております。

消化器内視鏡専門医として胃がんや大腸がんの早期発見・治療に注力

胃腸内科では、胃、食道、腸などの消化管の病気を診ています。症状としては、胃の痛み、胸の痛み、胸やけ、げっぷ、のどの違和感、胃のもたれ、膨満感、食欲不振、おう吐、腹痛、便秘、下痢、下血などさまざまです。このような症状は消化器以外の臓器が原因となって起こることもあり、症状だけから病気を診断することは難しい場合があります。症状に応じて、内視鏡検査、超音波検査などを行い、総合的に判断する必要があります。

胃カメラ・大腸カメラ検査では、食道や胃、十二指腸、大腸を観察することができ、ポリープやがんを発見した場合は、大きさによりその場で切除が可能です。


当クリニックでは胃カメラ・大腸カメラの検査の際は、できる限り苦痛が少ないよう鎮痛剤や鎮静剤を使用します。
今まで検査に抵抗や不安があり受けたことがない方は、一度ご相談ください。

ヘリコバクター・ピロリ菌検査

胃や上腹部痛の主な原因の一つとしてヘリコバクター・ピロリ菌感染による胃潰瘍、十二指腸潰瘍があります。胃潰瘍では食後に痛みを感じることがあり、十二指腸潰瘍では夜間に痛みを感じることもあります。ヘリコバクター・ピロリ菌が原因での潰瘍は除菌をしなければ、潰瘍を繰り返す恐れがあります。

当クリニックでは胃カメラで様子を観察しながら、採取した胃の組織を用いてヘリコバクター・ピロリ菌がいるかを調べます。検査の結果、ヘリコバクター・ピロリ菌に感染している場合は、薬物による除菌療法を受けていただきます。

除菌療法が成功した場合は、ヘリコバクター・ピロリ菌が関係する病気のリスクは下がりますが、除菌後も定期的な検査を続けることが大切です。気になる症状がある場合はご相談ください。

内視鏡検査

内視鏡検査には、胃カメラ検査と大腸カメラ検査があります。
当クリニックの胃カメラ検査は「経鼻内視鏡」「経口内視鏡」があります。「経鼻内視鏡」はカメラを鼻から挿入します。カメラが舌の根元に触れないことから、嘔吐反応が少なく、多くの方が麻酔不要で会話をしながらの検査が可能です。
「経口内視鏡」は口から内視鏡を挿入し、拡大観察や画像強調内視鏡により検査が可能です。そのほか、超音波内視鏡や十二指腸内視鏡(側視鏡)などもあり、病変部を観察することができます。

「大腸カメラ検査」は肛門から直腸から結腸まで全大腸を検査します。主に健康診断で便潜血を指摘された場合や家系に大腸がんが多い方を含め、ポリープやがんのような腫瘍性病変・感染性腸炎・クローン病・潰瘍性大腸炎といった炎症性病変をチェックします。

当クリニックでは検査中に見つかったポリープは切除もでき、大腸ポリープ日帰り手術も可能です。大腸ポリープは放置するとがんになる可能性もあるので、経過観察の定期的な検査をおすすめします。

いずれの検査も苦痛が心配な方には身体の状態を確認した上で鎮静剤の投与をいたしますので、ご相談ください。

消化器疾患

消化器疾患は、口から肛門までの消化管、食道にはじまり、胃腸、小腸、大腸とそれに連なっている肝臓・胆のう・膵臓などにみられる疾患で、消化器領域の疾患に対して内科的に診療をするのが消化器内科です。

胃痛、胃もたれ、胸焼け、食欲不振、下痢、便秘、腹痛、排便困難といった消化器に関する症状を診療していますので、該当する症状でお悩みの際はお気軽にご相談ください。

大腸疾患

大腸がんやポリープ以外で気をつけたい大腸疾患の中に、「炎症性腸疾患」と「過敏性腸症候群」があります。

「炎症性腸疾患」は下痢、血便、腹痛などの症状があり、大腸や小腸の粘膜に潰瘍ができる病気です。クローン病と潰瘍性大腸炎が代表的な病気で、以前はまれな病気とされていましたが、近年患者数は増加傾向です。腸内で免疫が正常に機能しないことで炎症過剰に起こり、自身の腸を傷つけてしまう病気です。これらは慢性の病気で難病に指定されています。

「過敏性腸症候群」は腸に異常がみられないのに、腹痛や下痢、便秘などが数カ月続く病気です。発症する原因が不明ですが、何らかのストレスがかかることでストレスホルモンが脳下垂体から放出され、その刺激で腸の動きがおかしくなる、あるいは腸内に多数存在する腸内細菌のバランスが乱れて起こることもあります。腸の知覚過敏とストレスが原因とされるので、仕事による長時間労働や過労による生活の乱れ、精神的な負荷をかけないよう心がけ、ゆっくりと休養することが大切です。

内科

生活習慣病は消化器疾患とも密接に関係しております

風邪や発熱、吐き気や嘔吐、腹痛・などの急性疾患から、高血圧症・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病まで幅広く診ています。生活習慣病はがんへのリスク、糖尿病は大腸ポリープや大腸がん、膵臓がんへのリスクが高く、さらに高脂血症は肝硬変や肝臓がん、高血圧は逆流性食道炎などの疾患になりやすい傾向です。

また、高血圧症の患者さまが服用している高圧剤は、その降圧剤が原因で逆流性食道炎を引き起こしてしまうことがあります。生活習慣病などの慢性疾患をお持ちの方には、こういったリスクを避けるために必要な場合は検査をしながら治療を進めていきます。

あさの胃腸内科クリニックの基本情報

診療科目 内科 胃腸内科 消化器内科
住所
アクセス
  • 高浜・横河原線いよ立花駅 徒歩12分 
  • 郡中線松山市駅 車6分 
  • 予讃線松山駅(愛媛県) 車11分 
  • 高浜・横河原線石手川公園駅 徒歩12分 
  • 高浜・横河原線福音寺駅 徒歩15分 
  • 伊予鉄1系統勝山町駅 徒歩17分 
  • 伊予鉄1系統大街道駅 徒歩19分 
  • 伊予鉄1系統警察署前駅  駅から1,612m
  • 伊予鉄1系統県庁前駅(愛媛県)  駅から1,702m

駐車場有(30台)

診療時間・休診日

休診日

日曜・祝日

土曜診療

9:00~12:00
14:00~18:00

◆休診日/日曜日・祝祭日・12月30日~1月3日

電話番号

089-945-3351

特徴・設備

特徴
  • 院内感染対策
設備
  • 駐車場
駐車場

駐車場有(30台)

専門医
  • 日本内科学会認定 総合内科専門医
  • 日本消化器病学会認定 消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医
健康診断・検査
  • 内視鏡専門(胃または大腸)

掲載している情報についてのご注意

医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

 

お気に入りの登録上限に達しました。
登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ