保坂眼科の診療案内

口コミ 108
写真 25
東京都町田市中町4-20-6 (地図)
  • 土曜診療
ネット受付
0066-9801-0174011

電話問合せの注意事項【必読】

町田駅(小田急)[東京都]

保坂眼科

電話問合せ

0066-9801-0174011

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

眼科

光干渉断層計(OCT)検査に対応しており、病気の早期発見・治療に努めています。

患者さまにご理解いただいた上での治療を大切にしています

当院では、白内障、緑内障、ドライアイ、アレルギー性結膜炎、糖尿病網膜症、斜視、弱視など眼科疾患全般の診療をしています。

診療では、「患者さまにご理解いただいた上での治療」を大切にしておりますので、何かわからないことがあれば遠慮なくご質問ください。また、視能訓練士が勤務していますので、小さなお子さまからご高齢の方まで、幅広い年代の方に対応可能です。

目の痛み、まぶたの腫れ、ものが二重に見える、目のかすみなど、何か気になる症状があればお気軽に来院ください。

白内障

どのような症状があれば白内障の検査を受けた方がいいですか?

光がまぶしく感じたり、視力が低下したりした場合は検査を受けた方がいいでしょう。


白内障の代表的な症状には、光がまぶしく感じる、視界がかすむ、ものが二重に見える、視力が低下するなどがあります。
発症すると視力の低下で免許の更新ができなかったり、見えづらさから今までできていたことがしづらくなったりします。

このような症状や状況に該当する方は、一度検査を受けてみてください。当院では、眼圧検査、眼底検査、光干渉断層計(OCT)検査などで、他の病気がないかも含めて検査をしています。

なお、片目だけ白内障になっていると病気に気づきにくいこともありますので、自覚症状がなくても定期的な検査をおすすめします。

白内障にはどのような治療法があるのでしょうか?

基本的には手術ですが、点眼薬で治療をしたり手術をせずに経過観察をしたりする場合もあります。


白内障の治療は手術が基本となります。手術の場合は、白内障以外の病気をお持ちの方もいるため、全身の状態を管理できる入院設備を備えた医療機関を紹介しています。もちろん、紹介する医療機関以外をご希望であれば、遠慮なくご相談ください。

なお、病気が初期の段階かつ患者さまご本人が手術をご希望されない場合は、点眼薬での治療をご提案したり、半年に1回経過観察をしたりといった対応をさせていただくこともあります。

緑内障

緑内障にはどのような自覚症状がありますか?

病気が進行すると視野が欠けますが、初期の場合はほぼ自覚症状がありません。


緑内障は初期の場合だと自覚症状がほぼありません。そのため、別の病気の診察や定期検査などで見つかることの多い病気です。

なお、当院では、視力検査、眼圧検査、光干渉断層計(OCT)検査などをしています。緑内障の進行で欠けてしまった視野は元には戻りませんが、症状の進行はそれほど速くないため、OCTなどの検査機器を使えば視野に異常が出る前に病気を発見することも可能です。早期発見・早期治療のためにも、定期的に検査を受けるようにしましょう。

緑内障にはどのような治療法があるのでしょうか?

基本は点眼薬です。その他にも、レーザー治療や手術という選択肢もあります。


当院では、治療用に複数種の点眼薬を用意し、患者さま一人ひとりに合わせて処方しています。

ただ、点眼薬を追加したり、変更したりしても明らかに症状が進行している場合は、連携先の医療機関でレーザー治療や手術を受けていただくこともあります。

ドライアイ

ドライアイみたいですが、どのような治療をしていますか?

まずは点眼薬で治療し、それでも症状が改善しない場合は涙点プラグによる治療をしています。


ドライアイの場合、まずは点眼薬での治療をおこないます。点眼薬には大きくわけて三つの種類があるため、患者さまに合わせて処方させていただきます。
それでも症状が改善しない方や重症の方については、涙が排出される涙点に栓(プラグ)をして、涙を目にためやすくする「涙点プラグ」という治療をいたします。

目が乾く、目が疲れる、涙が止まらない、見づらいといった症状があれば、お気軽にご来院ください。

眼底疾患

眼底疾患にはどのようなものがありますか?

加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞(へいそく)症などがあります。


代表的な眼底疾患には、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞(へいそく)症などがあります。

当院では糖尿病網膜症、網膜裂孔、後発白内障などに対するレーザー治療に対応しています。患者さまの症状にあった治療をおこないますので、お気軽にご相談ください。

小児眼科

子どもの目の病気を診療するときに気をつけていることはありますか?

無理に検査をせず、少しずつ慣れていってもらうようにしています。


当院では、子どもの弱視や斜視の診療もおこなっています。視能訓練士もいますので、小さなお子さまの検査も対応可能です。

ただ、初めての診察では怖がって検査を拒否されるお子さまも少なくありません。そうした場合は無理に検査せずに、まずは診療に慣れていただき、検査はお子さまが怖がらなくなってからおこないます。

保坂眼科の基本情報

診療科目 眼科
住所
アクセス
  • 小田急小田原線町田駅(小田急) 徒歩20分 
  • 横浜線町田駅(JR)  駅から1,611m
  • 小田急小田原線玉川学園前駅  駅から1,638m
  • 横浜線古淵駅  駅から2,565m
  • 小田急小田原線相模大野駅  駅から2,830m

神奈川中央交通バス 体育館前停留所 下車徒歩約1分

駐車場有り(12台)

診療時間・休診日

休診日

木曜・日曜・祝日

土曜診療

9:00~12:00
15:00~17:00
電話番号

042-725-5885

特徴・設備

特徴
  • 院内感染対策
設備
  • バリアフリー 駐車場
駐車場

駐車場有り(12台)

専門医
  • 日本眼科学会認定 眼科専門医

掲載している情報についてのご注意

医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

EPARKスタッフが見た
おすすめポイント

ポイント1

バスや車で通院可能。来院しやすい眼科です

神奈川中央交通バス「体育館前停留所」から徒歩約1分の場所にあり、12台の駐車場を備えた眼科です。患者さまのご都合にあった方法で通院可能です。

ポイント2

WEB予約や電子カルテの導入で待ち時間を削減

WEB予約や電子カルテを導入し、無駄の少ないスムーズな診療に努めています。また、医師2名が診療にあたることで、お待たせしない診療を心がけています。

ポイント3

視能訓練士が常駐し、小児眼科も設けています

お子さまからご年配の方までを対象に目の矯正訓練をおこなう視能訓練士が常駐し、小児眼科も設けています。また、必要に応じて連携先の専門的な病院を紹介しています。

 

お気に入りの登録上限に達しました。
登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ