専門医インタビュー

祐天寺ウィメンズヘルスクリニックの専門医インタビュー(佐藤 真之介先生)

口コミ 24
写真 17
東京都目黒区祐天寺2-7-23 2階 (地図)
  • 土曜診療
ネット受付
0066-9809-0000628

電話問合せの注意事項【必読】

祐天寺駅[東京都]

祐天寺ウィメンズヘルスクリニック

電話問合せ

0066-9809-0000628

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 
祐天寺ウィメンズヘルスクリニック 祐天寺駅_専門医インタビュー(佐藤 真之介先生)の写真 月経に関するお悩みや更年期障害など何でも相談できる産婦人科・婦人科・産科のかかりつけ。その先生の歩みやこだわりをお聞きしました。
院長 佐藤 真之介
取材日:2021年11月26日

佐藤 真之介先生(日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医)にインタビュー

医学部の実習で出産を見学し感動したことがきっかけで産婦人科の道に進む

産婦人科の医師を目指すようになったきっかけについて教えてください。
祐天寺ウィメンズヘルスクリニック 祐天寺駅 産婦人科の医師を目指すようになったきっかけについて教えてください。の写真
父が耳鼻咽喉科の医師をしていたので、父の姿を見て、自然と医師を目指すようになりました。耳鼻咽喉科ではなく産婦人科の医師を目指したのは、医学部で勉強していた時に実習で出産を見学し、感動したことがきっかけです。また、知り合いの産婦人科の医師からすすめられたこともきっかけでしたね。

臨床研修では、2年間、産婦人科以外にもいろいろな診療科目を回り、経験を積んだんです。その中で、初めて手術にも携わりました。手術をするのも好きでしたので、外科に惹かれる瞬間もありました。しかし、婦人科に進んでも手術はできると考えて、産婦人科の道に進もうと決意したのです。
勤務医時代のご経験について教えていただけますでしょうか?
祐天寺ウィメンズヘルスクリニック 祐天寺駅 勤務医時代のご経験について教えていただけますでしょうか?の写真
2011年からは、日本赤十字社医療センターの産婦人科に勤務することになりました。この病院は、母胎や胎児に危険が及ぶ可能性も考えられるハイリスク妊娠の妊婦さまも多かったので、さまざまな経験を積ませていただきました。

日本赤十字社医療センターには、東京女子医科大学東医療センターに勤務していた頃から、半年ほど出向していたのです。産婦人科の医師として、もっとさまざまな経験を積みたいと考えたのがきっかけでした。日本赤十字社医療センターでは、恩師と呼べる先生にも出会うことができました。患者さまからも、また同僚からも、本当に誰からも信頼されている先生で、その先生の診療から学ぶことはたくさんありました。
開業してから勤務医時代と何か変わったと感じる点があれば教えてください。
祐天寺ウィメンズヘルスクリニック 祐天寺駅 開業してから勤務医時代と何か変わったと感じる点があれば教えてください。の写真
地域の皆さまのお役に立ちたいという思いから、当クリニックを開業したのは、2016年10月のことです。勤務医時代は、手術や分娩に携わってきましたので、開業してしばらくの間はこれまでとの違いに寂しさを感じることもありました。しかし、次第に開業医としての診療に面白さを感じるようになっていったのです。

大病院とクリニックという少し違った角度から診療することによって、 それまでに得た知識や経験をより深く、幅広くすることができました。地域に根差す医療をおこなう立場になって、患者さまに寄り添う姿勢が一層強くなりました。基本的な診療方針は勤務医時代と今とで変わっていないとは思いますが、開業してからの方が、より患者さまのニーズに応えようというスタンスになっていると思いますね。

月経困難症や更年期障害の治療で生活の質を高めるサポートを行う

クリニックにはどのようなお悩みの患者さまがご来院なさいますか?
祐天寺ウィメンズヘルスクリニック 祐天寺駅 クリニックにはどのようなお悩みの患者さまがご来院なさいますか?の写真
目黒区祐天寺周辺や東急東横線沿線にお住まいの方が、婦人科系のお悩みのご相談に見えられたり、妊婦健診(※)にいらっしゃったりするケースが多いですね。

婦人科系のご相談で多いのは、月経困難症、月経前症候群などの月経に関するお悩み、更年期障害などです。また、デリケートゾーンのかゆみ、おりものについてのご相談で来院される患者さまもいらっしゃいます。婦人科は、受診のハードルが高いと思っていらっしゃる方も多いようです。当クリニックには、お薬の処方だけをご希望される患者さまもいらっしゃいます。通いやすいクリニックを目指していますので、どんなご相談でも気兼ねなくご来院いただけると嬉しいですね。

(※)は、お住まいの市区町村によっては補助制度を利用できます。自由診療となる場合もありますので、料金表をご確認ください。
月経困難症の治療を進めていく上で大切にしていることは何でしょうか?
祐天寺ウィメンズヘルスクリニック 祐天寺駅 月経困難症の治療を進めていく上で大切にしていることは何でしょうか?の写真
月経の時に頭痛、腰痛、腹痛、吐き気といったさまざまな不快な症状が起こり、日常生活に支障をきたすことを月経困難症と言います。一方、月経の前にイライラや不安、落ち込み、腹痛、頭痛、乳房や腹部の張りといった症状が現れるのが月経前症候群(PMS)です。月経困難症は、子宮内膜症が原因で起こっている場合もありますので、痛みや不快な症状を我慢せず、ご相談いただきたいと考えています。

現在は、月経困難症の治療の幅も広がり、鎮痛剤以外の選択肢をご提示することも可能です。例えば、月経困難症の治療であれば保険適用で処方できる低用量ピル(LEP)もご提案できます。低用量ピル(LEP)についてはまだご存じない方も多くいらっしゃいますので、パンフレットを活用しながら月経のメカニズムからご説明しています。月経の仕組みや低用量ピル(LEP)がどう作用するのかをご理解いただくと、「使ってみよう」という気持ちになっていただけるかと思います。できるだけ細かく説明し、患者さまに納得していただくことを大切にしています。
更年期障害で悩んでいる患者さまに伝えたいことはありますか?
祐天寺ウィメンズヘルスクリニック 祐天寺駅 更年期障害で悩んでいる患者さまに伝えたいことはありますか?の写真
閉経の前後、約10年の期間を更年期と言いますが、この間にさまざまな症状が現れて、日常生活に支障をきたすことを更年期障害と呼びます。更年期に症状が現れるかは個人差がありますが、ほてりや多汗、肩こり、不眠、イライラなどでお悩みになる方が多くいらっしゃいます。

患者さまによってお悩みの症状はさまざまですので、症状を伺って、お一人おひとりに合わせた治療法を提案するようにしています。更年期に減少するホルモンを補うホルモン補充療法や、漢方薬の処方に対応しているほか、プラセンタ療法やサプリメント(※)の提案もおこなっています。

月経困難症も更年期障害も、治療を行わなくても命に関わることはありません。しかし、日々の生活の中で感じるつらさや不便さを改善するためのお手伝いをしていきたいと考えています。症状をすべてなくすことは難しいのですが、少しでも症状を改善することで、生活の質を高めていただければと思いますので、気兼ねなくご相談ください。

(※)は自由診療です。料金は料金表をご確認ください。

ちょっとしたお悩みも相談してもらえるような産婦人科のかかりつけを目指す

今後、力を入れていきたい治療について教えていただけますか?
祐天寺ウィメンズヘルスクリニック 祐天寺駅 今後、力を入れていきたい治療について教えていただけますか?の写真
今後も引き続き、月経困難症や月経前症候群(PMS)、更年期障害などの治療に力を入れていきたいと考えています。また、低用量ピル(LEP)についての正しい知識も、皆さまに広く伝えていけたらと考えています。

月経痛は、痛いのが普通だと思って、鎮痛剤も服用せず我慢している患者さまもいらっしゃいますが、受診していただくことで緩和につなげることができるのです。そのためにも、婦人科受診のハードルを下げることができればと考えています。低用量ピル(LEP)など定期的なお薬の処方が必要な再診の方を対象にオンライン診療(※)も取り入れ、受診しやすい環境を整えています。

婦人科のかかりつけのクリニックを目指していますので、「つらい」と思われたら、我慢せずにご相談いただけたらと思います。

(※)料金は料金表をご確認ください。
最後に地域の皆さまに向けたメッセージをお願いできますでしょうか?
祐天寺ウィメンズヘルスクリニック 祐天寺駅 最後に地域の皆さまに向けたメッセージをお願いできますでしょうか?の写真
当クリニックは最寄り駅やバスの停留所からも近い便利な立地にあります。また、地域の皆さまが通院しやすいようにと考え、駐輪場も備えています。

私は、地域の皆さまのお役に立ちたいという思いからクリニックを開業いたしました。お困りのことについて気兼ねなくご相談いただき、症状を改善することで、日常生活を少しでも楽に過ごしていただけたらと思っています。産婦人科のかかりつけのクリニックとして、ちょっとしたお悩みでもご相談いただければ幸いです。それが、地域で開業している者の務めでもあり、使命であると考えています。

祐天寺ウィメンズヘルスクリニックの基本情報

医院名 祐天寺ウィメンズヘルスクリニック
診療科目 産婦人科 婦人科 産科
診療内容

MRワクチン予防接種 抗体検査 抗体検査(風疹) 子宮がん検診 子宮がん検診(子宮頸がん検査) 子宮がん検診(子宮体がん検査) 人工妊娠中絶

ネット受付
電話問合せ

0066-9809-0000628

電話問合せの注意事項 【必読】

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

住所
アクセス
  • 東急東横線祐天寺駅東口 徒歩5分 
  • 日比谷線中目黒駅 徒歩16分 
  • 東急東横線中目黒駅 徒歩16分 
  • 東急東横線学芸大学駅 徒歩16分 
  • 東急東横線代官山駅 徒歩22分 
  • 山手線恵比寿駅 車6分 
  • 東急田園都市線池尻大橋駅 車9分 
  • 山手線目黒駅 車9分 
  • 東急目黒線武蔵小山駅 車11分 
診療時間・休診日

休診日

水曜・日曜・祝日

土曜診療

8:00~12:30
15:00~18:00
9:00~12:30
15:00~19:00
9:00~14:00

【休診日】 水曜・日曜・祝日
※第1・第3土曜日は9:00-16:00まで診療
※木曜午後は15:00-19:30まで診療

電話番号

03-5708-5081

特徴・設備

電話診療/
オンライン診療
電話診療/オンライン診療対応可
待合室
  • 空気清浄器 加湿器 除菌スリッパ
設備
  • バリアフリー 個室 授乳スペース ベビーカー置き場 おむつ交換台 4D超音波診断装置
サービス
クレジットカード利用可 ( VISAMasterCardアメリカン・エキスプレスダイナースクラブJCBその他 ) 

5,000円(税込)からご利用頂けます。

専門医
  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医

対応可能な症状・疾患など

症状・疾患
  • 更年期障害
  • 子宮内膜症
治療
  • 人工妊娠中絶

掲載している情報についてのご注意

医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

 

お気に入りの登録上限に達しました。
登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ