【EPARKクリニック・病院からのご案内】EPARK会員4000万人突破記念大抽選会のお知らせ
抽選会の詳細はコチラ

専門医インタビュー

いなば耳鼻咽喉科の専門医インタビュー(因幡 剛先生)

口コミ 62
写真 12
福岡県福岡市博多区東月隈4-2-5 (地図)
  • 土曜診療
ネット受付
050-5213-6053

電話受付・予約(自動応答)の注意事項【必読】

福岡空港駅[福岡県]

いなば耳鼻咽喉科

電話受付・予約(自動応答)

050-5213-6053

電話受付・予約(自動応答)の注意事項

※公衆電話、非通知によるお電話では、サービスをご利用いただくことができません。

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

※受付済の内容の変更、キャンセルの場合も必ずお電話をお願いします。

※自動応答での受付方法について

 

電話受付・予約(自動応答)の注意事項

※公衆電話、非通知によるお電話では、サービスをご利用いただくことができません。

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

※受付済の内容の変更、キャンセルの場合も必ずお電話をお願いします。

※自動応答での受付方法について

 
いなば耳鼻咽喉科 福岡空港駅_専門医インタビュー(因幡 剛先生)の写真 勤務医時代に培った検査技術と、患者さまに寄り添った治療で地域医療に貢献
院長 因幡 剛
取材日:2021年11月19日

因幡 剛先生(日本耳鼻咽喉科学会認定 耳鼻咽喉科専門医)にインタビュー

さまざまな疾患を見てきた経験を生かし、早期発見・早期治療につなげる

医師を目指した理由、耳鼻咽喉科を選んだ理由をお聞かせください。
いなば耳鼻咽喉科 福岡空港駅 医師を目指した理由、耳鼻咽喉科を選んだ理由をお聞かせください。の写真
医師を志したのは、高校生の頃でした。漠然とではありますが、医師という職業に対し「常に研鑚を積み、知識をアップデートしていく必要がある」というイメージを持っていたため、大変そうだなと思う反面、やりがいのある仕事だと感じていたからです。

耳鼻咽喉科の医師になると決めたのは、その後医学部に入り、さまざまな診療科の特色を学んでからです。手術のような外科的な側面と、内科的な側面のどちらも持ち合わせた科であることに魅力を感じました。また、私自身が子どもの頃に、よく中耳炎などで耳鼻咽喉科のお世話になっていたため、身近な診療科だったというのも理由の一つだと思います。
耳鼻咽喉科の医師となり、勤務医時代はどのようなことをされてきましたか?
いなば耳鼻咽喉科 福岡空港駅 耳鼻咽喉科の医師となり、勤務医時代はどのようなことをされてきましたか?の写真
大学病院や総合病院では、さまざまな耳鼻咽喉科疾患の治療に携わらせていただきました。諸先輩方のご指導のもと中耳炎や副鼻腔炎、扁桃炎、めまいなどだけでなく咽頭がんや喉頭がん、舌がんなど生死に直結するようながん疾患の患者さまの治療は貴重な体験で現在の診療にも大変役にたっています。
開業に至った経緯や、開業医としての現在の思いなどをお聞かせください。
いなば耳鼻咽喉科 福岡空港駅 開業に至った経緯や、開業医としての現在の思いなどをお聞かせください。の写真
地元に戻り、この地域で皆さまのニーズにお応えしたいと考えたことが、開業を決めたきっかけです。それまでは大学病院や総合病院で勤務していましたが、開業を決意してからは、鼻副鼻腔の内視鏡手術を得意とする開業医の先生のもとで2年ほどノウハウを教えていただきました。手術はもちろん開業に関するハード面のことや、患者さまのニーズを汲み取るお話の仕方など、とても学びのある時間でした。

現在は、そういった経験を生かしてできる限り患者さまのご要望に合わせた治療をご提供しています。「日本耳鼻咽喉科学会認定 耳鼻咽喉科専門医」として専門的な診療をご提供することはもちろん、一人ひとりのお悩みやご希望に合わせてより良い選択肢を提示することが大切だと考えています。

対症療法だけでなく、手術や舌下免疫療法など根本改善を目指す治療もご提案

慢性副鼻腔炎でお越しになる患者さまが多くいらっしゃるそうですね。
いなば耳鼻咽喉科 福岡空港駅 慢性副鼻腔炎でお越しになる患者さまが多くいらっしゃるそうですね。の写真
はい。鼻づまりでお悩みの患者さまの診療をすると、副鼻腔炎だったということはめずらしくありません。そのほかの典型的な症状としては、膿のような鼻水、おでこや目の奥の痛み、歯の痛みなど様々な症状があり、患者さまからお話をお聞きしたうえで主に内視鏡検査で診断します。治療は、抗生物質や去痰剤のほか、症状が長引いている場合や鼻茸(ポリープ)を伴う場合には手術をご提案しています。

当院が慢性副鼻腔炎の診療をする際に重視しているのは、手術が必要な症状かどうかの見極めです。患者さまの中には「ずっと治療をしているけれども治らない」という方も少なくありません。手術という選択肢があることを知らない方も少なからずいらっしゃいますので、手術で治療できることをお伝えし、患者さまのご要望に添った治療を行うようにしています。
中耳炎は、どのような症状・年代の患者さまが多くいらっしゃっていますか?
いなば耳鼻咽喉科 福岡空港駅 中耳炎は、どのような症状・年代の患者さまが多くいらっしゃっていますか?の写真
子どもの患者さまが多いですね。鼻の細菌やウイルスが耳管を通って耳に入り炎症を起こすため、鼻がつまっていたり、鼻水を流したりしているお子さまの場合は、中耳炎を疑って毎回耳も確認するようにしています。

お子さまの治療時に気を付けているのは、できるだけ不安を与えないことです。怖がらせてしまうと、診察中に動いて事故につながるなどのリスクもありますので、「大丈夫だよ」といった声かけをするなど、できるだけやさしい言葉をかけながら診察するようにしています。

中耳炎は、放置すると長引いてしまったり、症状を繰り返したりして、手術が必要になることもある病気です。耳痛などの症状のほかも不機嫌な状態が続く、熱が続いている、鼻水がずっと続いているときなどは、お早めにご相談ください。
花粉症治療では、内服薬などのほか舌下免疫療法にも対応しているんですね。
いなば耳鼻咽喉科 福岡空港駅 花粉症治療では、内服薬などのほか舌下免疫療法にも対応しているんですね。の写真
はい。内服薬や点鼻薬などの対症療法に対し、舌下免疫療法は根本的な改善を目指す治療法です。スギ花粉を原料とするエキスを少量から投与することで、体をスギ花粉に慣らし、症状を和らげ、根本的な体質改善が期待できる治療法です。ただ、治療は長期にわたり続ける必要があるため、症状が重い方や、毎年花粉症に苦しんでいる方にご提案し、ご希望があれば治療に進むようにしています。稀ですが副作用が出ることもあるため、その点も欠かさずにお伝えしています。

また、舌下免疫療法を希望されない患者さまの場合も、症状やご希望に応じてお薬を処方しています。症状が強い方には点鼻薬を併用していただいたり、日中の眠気に配慮したお薬を処方したりすることができますので、ご希望があれば遠慮なくご相談ください。

患者さまのニーズに沿った治療で、地域の健康を支えていきたい

診療をするうえで、今後さらに力を入れていきたいことはありますか?
いなば耳鼻咽喉科 福岡空港駅 診療をするうえで、今後さらに力を入れていきたいことはありますか?の写真
重症化するリスクのある病気をできるだけ早く見つけ、治療につなげていきたいと考えています。最近、新しい喉頭ファイバースコープを導入しました。これまでよりも径が細く、より患者さまの負担が少なく検査できるものです。やはり、鼻から物を入れられるのは、どの患者さまも嫌なことだと思います。そういった負担にできる限り配慮することで、少しでも楽に検査を受けていただき、早期発見・早期治療につなげられればと考えています。
地域の方々にとって、どういうクリニックでありたいと考えていますか?
いなば耳鼻咽喉科 福岡空港駅 地域の方々にとって、どういうクリニックでありたいと考えていますか?の写真
お子さまからご年配の方まで「何かあれば、ここに行けば大丈夫」と思っていただけるようなクリニックでありたいと思っています。患者さま一人ひとりのお悩みやご希望に応えられるクリニックを目指しています。

また、そのためにも、より良い治療法があるのであれば、その選択肢は迷わず伝えていきたいと思っています。例えば、先ほどお話しした副鼻腔炎は、内服薬などで治療することはできますが完治できない場合も多々あります。その場合手術という選択肢が出てくるわけです。手術をする場合、連携している医療機関にご紹介することになり私の手は離れてしまいますが、より改善が期待できる方法があるのであれば、それをお伝えすることが患者さまのためになると考えています。
では最後に、この記事を読まれている方へメッセージをお願いします。
いなば耳鼻咽喉科 福岡空港駅 では最後に、この記事を読まれている方へメッセージをお願いします。の写真
当院にお越しいただくことで、皆さまの不安や疑問が一つでも多く解消され、毎日をより健康に過ごせるようになれば幸いです。「日本耳鼻咽喉科学会認定 耳鼻咽喉科専門医」として専門性を生かした診療をすることはもちろん、スタッフ一同やさしく丁寧な対応を心がけております。

これまでの経験を生かして、地域の皆さまの期待に応えられるよう努めておりますので、耳・鼻・のどに関する不調を感じましたら、遠慮なくご相談ください。

いなば耳鼻咽喉科の基本情報

医院名 いなば耳鼻咽喉科
診療科目 耳鼻いんこう科 アレルギー科
ネット受付
電話受付

050-5213-6053 (自動応答)

電話受付・予約(自動応答)の注意事項 【必読】

※公衆電話、非通知によるお電話では、サービスをご利用いただくことができません。

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

※受付済の内容の変更、キャンセルの場合も必ずお電話をお願いします。

※自動応答での受付方法について

住所
アクセス
  • 1号線(空港線)福岡空港駅 車10分 
  • 香椎線須恵駅 車13分 
  • 香椎線酒殿駅 車13分 

駐車場有り(85台)

診療時間・休診日

休診日

水曜・日曜・祝日

土曜診療

9:00~12:30
14:30~18:00

9:00~12:30 14:30~18:00 臨時休診あり
【休診日】水・日・祝、お盆、年末年始

電話番号

092-580-8733

特徴・設備

設備
  • 駐車場
駐車場

駐車場有り(85台)

専門医
  • 日本耳鼻咽喉科学会認定 耳鼻咽喉科専門医

掲載している情報についてのご注意

医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

 

お気に入りの登録上限に達しました。
登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ