専門医インタビュー

専門医インタビュー(豊島 治先生)|とよしま内視鏡クリニック

口コミ 138
写真 21
東京都世田谷区成城6-17-5 (地図)
  • 土曜診療
ネット受付
0066-9801-0053001

電話問合せの注意事項【必読】

成城学園前駅[東京都]

とよしま内視鏡クリニック

電話問合せ

0066-9801-0053001

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 
とよしま内視鏡クリニック 成城学園前駅_専門医インタビュー(豊島 治先生)の写真 苦痛の少ない内視鏡検査に尽力。研究にも取り組み、より良い医療を提供
院長 豊島 治
取材日:2022年12月26日

豊島 治先生(日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医)にインタビュー

苦痛が少なく、腺腫発見率(ADR)の高い大腸内視鏡検査にこだわる医師

大腸がんの検査は、どんなタイミングで受けるのが良いと考えていますか?
とよしま内視鏡クリニック 成城学園前駅 大腸がんの検査は、どんなタイミングで受けるのが良いと考えていますか?の写真
自覚症状に関わらず、40歳くらいから検査を意識していただきたいと思っています。また、血のつながったお父さまやお母さま、ご兄弟など、家族歴も大きく関係しますから、ご家族に大腸がんの発症者やポリープ切除をされた方がいるのであれば、自分にもそのリスクがあると思ったほうが良いでしょう。その場合、40歳と言わず30歳くらいからの検査を検討してください。

実際に内視鏡検査を受けに来る方は、自治体などの便潜血検査で陽性が出た方が多い傾向があります。血便や腹痛、おなかの張りなどの症状が出てから来院する方もいますが、その状態は大腸がんがかなり進行している可能性が高く、手遅れになるかもしれません。ですから、何の症状もない時にこそ内視鏡検査(※)を受ける必要があるということを、多くの方に知っていただきたいです。

※自由診療の可能性があります。料金は料金表を確認してください。
内視鏡検査の苦痛が怖くて検査が受けられない方もいらっしゃると思います。
とよしま内視鏡クリニック 成城学園前駅 内視鏡検査の苦痛が怖くて検査が受けられない方もいらっしゃると思います。の写真
そうですね。しかし、鎮静剤を使用することでうたた寝感覚になるので、気が付かないうちに検査が終わっていたり、苦痛が少なかったりと、患者さまの負担が大きく軽減できます。私は、患者さまに内視鏡検査を嫌いになってほしくないと思っているので、点滴から鎮静剤を入れながら行う内視鏡検査には特に力を入れています。

また、腺腫発見率(ADR)を高めることに力を入れています。腺腫発見率が高いと、大腸がんの発症リスクや亡くなるリスクを低減させることができるのです。内視鏡検査を受ける時は「苦痛が少ない」ことだけでなく、腺腫発見率にも着目してクリニックを選びましょう。

ちなみに当クリニックでは、オリンパス社製の内視鏡検査機器を導入しています。画像解像度が高く鮮明な4Kモニターを使用しており、拡大倍率も高いのが特徴です。NBI(狭帯域光観察)やTXI(構造色彩強調機能)モードを搭載するなど、ポリープを発見しやすい機器を選んでいます。
ポリープが発見された場合、どういった対応を行っているのでしょうか?
とよしま内視鏡クリニック 成城学園前駅 ポリープが発見された場合、どういった対応を行っているのでしょうか?の写真
内視鏡検査でポリープを発見した場合、その場で切除する日帰り手術ができます。基本的にはその場で全て切除しますが、ポリープが大きかったり、数が多すぎたりすると、1回の内視鏡では取れません。その場合は無理をせず、切除する必要があるかどうかをしっかりと評価した上で、1回で取れるポリープだけを切除することになります。日帰り手術でのポリープ切除後は、経過観察のため、通院が必要となります。

なお、良性のポリープであっても、腺腫や鋸歯状ポリープと呼ばれるポリープは放置するとがんになる可能性があるため、取り除きます。がん化しないものを取るのは組織を傷つけるだけなので、「取るべき」か「取らないか」の判断をその場でしっかりと判断することが重要です。内視鏡画像を拡大したり、色調調節を行ったりして、発がん性の有無を見極めています。

父親のように、患者さまから感謝される医師にあこがれ医療の道を志す

続いて、先生が医師を志したきっかけがあれば教えてください。
とよしま内視鏡クリニック 成城学園前駅 続いて、先生が医師を志したきっかけがあれば教えてください。の写真
私の父親をはじめ、周りの大人に医師が多い環境だったので、自然と医師を志すようになっていました。数ある診療科の中でも消化器内科を選んだのは、内視鏡によってがんを発見できるだけでなく、おなかを切らなくても手術ができる点に魅力を感じたからです。

さらに、良性の段階でポリープを切除すれば大腸がんの予防にもなります。内視鏡検査をきちんと受けていれば予防できることから、大腸がんは他のがんに比べて予防しやすいと言われています。そのような点から、大腸がんで命を落とすリスクを低くする一助となるために、消化器内科を選びました。
何がきっかけで、それほど内視鏡に興味を持つことになったのでしょうか?
とよしま内視鏡クリニック 成城学園前駅 何がきっかけで、それほど内視鏡に興味を持つことになったのでしょうか?の写真
もともとは小学生の頃に、医師である父親の元で、内視鏡検査を受けた患者さまが描かれた絵を見たことがきっかけでした。そこには「すごく楽にできて良かった」とメッセージが書かれていて、子ども心に「父がとても感謝されたのだな」と思ったことが、現在の苦痛が少ない内視鏡検査につながっています。

あとは、大学時代に受けた講義で、内視鏡の症例写真をたくさん見せてくれる先生がいて、その授業が大きく影響していますね。理論を学ぶのではなく、実際の症例写真を見る授業はインパクトが強く、大変感銘を受けました。そういった経験があるからこそ、「日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医」の取得にもつながったのだと思います。
資格を取得したからこそ役立っているなと感じることはなんですか?
とよしま内視鏡クリニック 成城学園前駅 資格を取得したからこそ役立っているなと感じることはなんですか?の写真
腺腫発見率(ADR)の高さにこだわった検査ができるのは、「日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医」として多くの症例があるからです。診察へのこだわりや取り組みを世の中に情報発信していくために、クリニック内では研究も行っています。

大学や大きな病院の医師が研究に携わっていることが多いのですが、クリニックで行っているのは珍しいと思います。日々しっかりと勉強し、それを研究に生かして得た結果を患者さまにフィードバックするのが、当クリニックの心がけていることです。

これらの取り組みが実を結び、患者さまに感謝の言葉をいただけたり、喜んでもらえたりした時には、医師として大きなやりがいを感じますね。特に内視鏡検査を受けるタイミングによっては患者さまの命が救えることもあるので、「やって良かった」と言っていただけた時には、私たちとしてもとてもうれしく思います。

大腸がんで亡くなるリスクを抑えるため、大腸内視鏡検査の大切さを伝える

これからの展望や、心がけていきたいことがあれば教えてください。
とよしま内視鏡クリニック 成城学園前駅 これからの展望や、心がけていきたいことがあれば教えてください。の写真
やはり、患者さまが内視鏡検査を受ける上で感じるハードルを、少しでも下げていきたいというのが私の目標とするところです。内視鏡検査を受ける基準は、症状のあるなしではなく、年齢や家族歴によります。ご家族の誰かがポリープの切除を受けた時には、お子さまの年齢が低くても検査を受けていただきたいですね。そういった情報が、世の中へうまく伝わればと思います。

自分自身の展望としては、「気力」と「体力」をしっかり整えて、日々の診療に臨むことです。なかなか難しいことではありますが、いつでも全力で診療を行うために、心がけていきたいと思っています。
消化器疾患、内視鏡の分野で先生が課題と感じていることはありますか?
とよしま内視鏡クリニック 成城学園前駅 消化器疾患、内視鏡の分野で先生が課題と感じていることはありますか?の写真
都会はもちろん田舎までも新しい内視鏡検査機器が普及し、どのクリニックでも腺腫発見率(ADR)が高くなってほしいと思っています。とはいえ、私に何ができるかと言われると難しいところです。まずは自分のクリニックで勤めてくれている医師たちと一緒に、今できることを一生懸命に取り組んでいくことが大切だと考えています。

また、当クリニックの医師はモチベーションの高い人たちばかりです。クリニック内でお互いを鍛え合い内視鏡検査の技術を磨いてくれているので、より刺激になってくれれば良いなと思っています。
最後に、このページをご覧の皆さまへのメッセージをお願いいたします。
とよしま内視鏡クリニック 成城学園前駅 最後に、このページをご覧の皆さまへのメッセージをお願いいたします。の写真
私が「日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医」として皆さまにお伝えしたいのは、気兼ねなく大腸内視鏡検査を受けていただきたいということです。大腸カメラで嫌がられることの多い下剤も、当クリニックでは服用方法を工夫して、5種類ご用意させていただいています。病院に行くことや、内視鏡検査を受けることが怖いという方もいらっしゃるようですが、検査を受けないほうがずっと「怖いこと」です。

例えば、昔は大腸がんのリスクが高かったアメリカやイギリスは、現在では大腸内視鏡検査に力を入れており、大腸がんの発症が少なくなっています。大腸がんで亡くなる人は、日本人のほうが多くなってしまっているのです。日本でも自治体で便潜血検査を行っていますが、それでは大腸がんの予防や早期発見・早期治療を目指す上で十分とは言えません。そのことを踏まえて、ぜひ大腸内視鏡検査を受けることも考えてみてください。

とよしま内視鏡クリニックの基本情報

医院名 とよしま内視鏡クリニック
診療科目 内視鏡内科 消化器内科 胃腸内科 内科
診療内容

インフルエンザ予防接種 成人用肺炎球菌予防接種 健康診断 人間ドック 胃がん検診 胃がん検診(胃内視鏡検査) 大腸がん検診 大腸がん検診(便潜血検査) 大腸がん検診(大腸カメラ)

ネット受付
電話問合せ

0066-9801-0053001

電話問合せの注意事項 【必読】

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

住所
アクセス
  • 小田急小田原線成城学園前駅北口 徒歩3分 
  • 小田急小田原線祖師ヶ谷大蔵駅 徒歩16分 
  • 小田急小田原線喜多見駅 徒歩18分 
  • 京王線仙川駅 車10分 
  • 小田急小田原線和泉多摩川駅 車10分 
  • 小田急小田原線狛江駅 車11分 
  • 小田急小田原線千歳船橋駅 車12分 
  • 京王線千歳烏山駅 車13分 
  • 京王線つつじヶ丘駅 車16分 
診療時間・休診日

休診日

日曜・祝日

土曜診療

8:30~11:30
17:00~17:30

※木曜・土曜午後は内視鏡検査のみ
日曜は月に1~2回診療

・当日受付も可能ですので、お電話でお問い合わせください。また、状況によりご事前連絡外の診療をお受けできない場合もございます。ご来院の前にお電話にてご確認ください。
・担当医のご指定は事前にお問い合わせの方に限らせていただきます。
・急患対応や診察状況等により、受付時間が遅れる場合がございます。
・約束の時間での診察ができるよう努力いたしますが、予めご了承ください。

電話番号

03-5429-9555

特徴・設備

特徴
  • 院内感染対策
待合室
  • 空気清浄器 加湿器 使い捨てスリッパ アルコール除菌 無料マスク
設備
  • 駐輪場 手術設備
サービス
クレジットカード利用可

(ご利用に条件あり)

専門医
  • 日本消化器病学会認定 消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医
  • 日本内科学会認定 総合内科専門医
  • 日本外科学会認定 外科専門医
  • 日本大腸肛門病学会認定 大腸肛門病専門医
  • 日本肝臓学会認定 肝臓専門医
健康診断・検査
  • 内視鏡専門(胃または大腸)

掲載している情報についてのご注意

医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

 

お気に入りの登録上限に達しました。
登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ