【EPARKクリニック・病院からのご案内】EPARK会員4000万人突破記念大抽選会のお知らせ
抽選会の詳細はコチラ

専門医インタビュー

末永産婦人科・麻酔科医院の専門医インタビュー(北村 知恵子先生)

口コミ 23
写真 14
福岡県北九州市門司区港町6-15 (地図)
  • 土曜診療
ネット受付
0066-98010-000294

電話問合せの注意事項【必読】

門司港駅[福岡県]

末永産婦人科・麻酔科医院

電話問合せ

0066-98010-000294

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 
末永産婦人科・麻酔科医院 門司港駅_専門医インタビュー(北村 知恵子先生)の写真 ハイリスク妊娠やがん治療に従事した経験を活かし地域での早期発見を目指す
副院長 北村 知恵子
取材日:2021年12月17日

北村 知恵子先生(日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医)にインタビュー

同じ女性として女性に寄り添った診療をしたいと考え産婦人科の医師に

産婦人科の医師を目指したきっかけがあれば教えていただけますか?
末永産婦人科・麻酔科医院 門司港駅 産婦人科の医師を目指したきっかけがあれば教えていただけますか?の写真
中学生の時、医療をモチーフにした映画を見て、「医療の現場で働きたい」と思ったのが医師を志したきっかけです。身近に医師はいなかったのですが、映画から受けた影響が強く、高校で進路を決める時に迷うことなく医学部を選択しました。万が一、医学部に入れなかったとしても、何らかの形で医療には携わっていきたいと考えていました。

産婦人科という診療科目を選んだのは、女性ということで患者さまの気持ちを理解し、寄り添えると思ったからです。産婦人科の患者さまは女性に限られますので、私自身の性別を活かすことができますから。また、赤ちゃんが産まれる瞬間を見て、感動したということも大きかったですね。
産婦人科の診療をしていく中で、どんなところにやりがいを感じますか?
末永産婦人科・麻酔科医院 門司港駅 産婦人科の診療をしていく中で、どんなところにやりがいを感じますか?の写真
「日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医」としてやりがいを感じるのは、やはり分娩(※)という幸せな瞬間に立ち会うことができるということですね。

また、勤務医時代には、分娩だけではなく、手術にも携わってきました。現在は、開業医ですので薬を使った治療が中心にはなるのですが、長くお付き合いをしていく中で、薬が作用し、初めてお会いした時よりも症状が改善して快適に過ごしている患者さまを見ると、やはりやりがいを感じますね。

(※)費用については、料金表をご確認ください。
勤務医時代の経験が現在の診療に活かされていると感じることはありますか?
末永産婦人科・麻酔科医院 門司港駅 勤務医時代の経験が現在の診療に活かされていると感じることはありますか?の写真
当院の副院長に就任する前に勤務していた病院は、三次救急医療機関で、ハイリスク妊娠やハイリスク新生児を受け入れていました。また、がん拠点病院でもあったので、重症のがん患者さまの診療にも従事してきました。

お産は、本来、幸せな瞬間のはずなのですが、母子共に助かるかどうかわからない厳しい状態で搬送されて来たところに立ち会うことが多かったのです。その時の経験はすべて現在の診療に役立っていると感じます。

がんも、進行した状態で紹介されて来る患者さまが多く、「もっと早くに見つけられていれば」という思いを抱くことが多かったですね。がんは、最初の一歩のところで、どう判断し基幹病院に紹介するかどうかという点が予後に大きく影響します。最後の砦となる病院ではなく、初期の段階で発見して患者さまをフォローしていければと思い、開業医の道に進みました。早期のがんを発見、診断する上で、気を付けるべきポイントも勤務医時代に身に付けることができましたので、今後は地域の患者さまのために活かしていきたいと思います。

問診を大切にし、それぞれの症状や人生設計に応じた治療法を提案する

子宮内膜症の治療を進めるにあたって大切にしていることは何でしょうか?
末永産婦人科・麻酔科医院 門司港駅 子宮内膜症の治療を進めるにあたって大切にしていることは何でしょうか?の写真
子宮内膜症のおもな症状は、痛みと不妊です。月経痛は我慢するのが当たり前だから鎮痛剤を服用したり婦人科を受診したりする必要もないと、以前は考えられてきました。しかし、受診していただくことで、子宮内膜症のような隠れた疾患を発見することができますし、症状を改善する治療も提案することができます。単に月経が重いだけなのか、病気が原因で痛みが生じているのかは、受診していただかないとわからないので、痛みを我慢せずにご相談いただきたいですね。

子宮内膜症は不妊症の原因となりますので、患者さまの将来的な人生設計を伺い、結婚や出産のご希望に合わせて治療方法を決めていきます。治療方法は、鎮痛剤やLEP製剤などの薬による治療と手術による治療があり、患者さまのご希望に合わせて選択します。また、妊娠を早めに希望されている場合は不妊治療をすぐに選択する場合もあります。選択肢はたくさんありますし、一人として同じ人はいないので、お話をよく伺った上で、人生設計に合わせた治療法をご提案することが大事だと思います。
更年期障害も月経痛と同様につらい症状を我慢している方も多いようですね。
末永産婦人科・麻酔科医院 門司港駅 更年期障害も月経痛と同様につらい症状を我慢している方も多いようですね。の写真
更年期障害では、ほてり、頭痛、気分の落ち込みなど多彩な症状が現れますが、その症状やつらさには個人差があり、仕事も家事もできないほどの不調で悩む方もいらっしゃいます。何かの病気なのではないかと悩み、いろいろな診療科を受診するものの特に原因となる疾患が見つからず、年齢のせいということで済まされて苦しんでいる方もいらっしゃるのです。

更年期だからと変化を受け止め向き合い方を変えても症状を改善することはできないので、まずつらい症状について話せる場を設けることが大事です。その上で、このつらい期間を乗り越えられるように、症状を軽減するための治療方法を選択して提案していきたいと思います。

どのような症状で苦しんでいるのかをしっかり伺った上で、症状に合わせてホルモン補充療法や漢方薬などの薬を処方します。ホルモン補充療法は、できるだけ副作用や合併症が少ないものをご提案するように努めています。更年期障害か、ただの体調不良かご自身でわからない方もいらっしゃると思いますが、まずはご相談いただければ幸いです。
子宮内膜ポリープの子宮鏡手術にも対応していらっしゃるのでしょうか?
末永産婦人科・麻酔科医院 門司港駅 子宮内膜ポリープの子宮鏡手術にも対応していらっしゃるのでしょうか?の写真
子宮内膜ポリープは、子宮内膜の細胞が増殖してできるポリープで、過多月経や月経不順、月経痛などの月経異常、不正性器出血、不妊を引き起こす原因ともなります。当院では、一泊入院で子宮鏡による切除手術に対応しています。子宮内膜ポリープは、閉経前の方に多く見られますが、閉経後も乳がんの治療薬を服用している場合に副作用としてできやすいポリープです。

超音波検査で子宮内膜ポリープが確認された場合、1cm以上であれば子宮鏡手術をご提案しています。不妊治療をおこなっているクリニックでは、1cm以下でも治療の一環として切除しているところが多いようです。子宮内膜ポリープは良性腫瘍ですが、がんかどうかを鑑別するためには生検をおこなう必要があります。月経のつらさを軽減し、不妊症の改善につながるメリットがあるほか、次第に大きくなる場合にはがんとの精査をするためにも手術をご提案しています。

もちろん、それ以外にも治療の選択肢はあり、ご希望を踏まえて治療方法を決めていきますので、まずはご相談いただければと思います。

若い女性も受診しやすい産婦人科を目指し、検診で病気の早期発見につなげる

今後、力を入れていきたいと考えていることがあれば教えてください。
末永産婦人科・麻酔科医院 門司港駅 今後、力を入れていきたいと考えていることがあれば教えてください。の写真
今後も、地域に根差した医療を提供していきたいと考えています。コロナ禍で受診を控えている方も多いようですが、どんな年代の方もご来院していただけるような、受診のハードルが低い産婦人科にしていければと思っています。現在は、30代から50代前半までの方の受診が多いのですが、もっと若い方もためらわずにご来院いただきたいですね。

若い方とお話しすると「親から愛されていると感じられない」とおっしゃる方も多いので、出産の喜びについて若い女性の方に伝えていく機会を今後は作っていきたいと思います。地域の若い方々に向けた啓蒙活動も、将来的にはおこなっていきたいですね。
地域にお住まいの皆さまに向けてメッセージがあればお願いします。
末永産婦人科・麻酔科医院 門司港駅 地域にお住まいの皆さまに向けてメッセージがあればお願いします。の写真
産婦人科を受診するということに対して、ハードルの高さを感じないでご来院いただきたいと考えています。産婦人科というと、「妊娠したら行くところ」というイメージをお持ちの方も多くいらっしゃるかと思いますが、女性であればいつでも受診していただける診療科目です。

当院では、北九州市子宮頸がん検診(※)や婦人科疾患の診療もおこなっていますし、女性の医師が診療しているということで、気兼ねなくご相談いただきたいと考えています。産婦人科を、「行きづらいがために病気が進行してから見つかる」という診療科目にしたくないと思っています。欧米と比べ子宮頸がん検診を受ける方が日本ではまだ少ないと言われているのですが、地域の皆さまが相談しやすい医院を目指し、早期発見につなげていきたいですね。

(※)は、お住まいの市区町村によっては補助制度を利用できます。自由診療となる場合もありますので、料金表をご確認ください。

末永産婦人科・麻酔科医院の基本情報

医院名 末永産婦人科・麻酔科医院
診療科目 婦人科 産婦人科 麻酔科 産科
標榜科目 産婦人科・麻酔科(末永 俊郎 医師/末永 五郎 医師)
ネット受付
電話問合せ

0066-98010-000294

電話問合せの注意事項 【必読】

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

住所
アクセス
  • 鹿児島本線門司港駅 徒歩2分 
  • 門司港レトロ観光線九州鉄道記念館駅 徒歩3分 
  • 門司港レトロ観光線出光美術館駅 徒歩4分 
  • 門司港レトロ観光線ノーフォーク広場駅 徒歩15分 
  • 門司港レトロ観光線関門海峡めかり駅 車6分 

駐車場(9台)

当院専用の駐車場が9台あります。台数が少ない為、ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解及びご協力いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。駐車場のコインは、受付または2階のナースステーションにてお渡しします。

診療時間・休診日

休診日

日曜・祝日

土曜診療

9:00~13:00
15:00~18:00

*受付時間は12:30、17:30までとなっております。
木曜日:午後帝王切開日
休診日:木曜午後・土曜午後・日曜・祝日
※但し急患は常時受けつけます。

電話番号

093-321-2453

特徴・設備

特徴
  • 女性医師による診療 母乳相談
設備
  • バリアフリー 個室 キッズスペース 授乳スペース 駐車場
駐車場

駐車場(9台)

当院専用の駐車場が9台あります。台数が少ない為、ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解及びご協力いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。駐車場のコインは、受付または2階のナースステーションにてお渡しします。

専門医
  • 日本麻酔科学会認定 麻酔科専門医
  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医

対応可能な症状・疾患など

症状・疾患
  • 更年期障害 子宮内膜症
治療
  • 漢方

関連リンク

掲載している情報についてのご注意

医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

 

お気に入りの登録上限に達しました。
登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ