瀬底皮膚科クリニックの科目・疾患

口コミ 6
写真 12
東京都品川区旗の台5丁目7-6 旗の台秀和レジデンス108号 (地図)
  • 土曜診療
ネット受付
0066-9809-0001942

電話問合せの注意事項【必読】

旗の台駅[東京都]

瀬底皮膚科クリニック

電話問合せ

0066-9809-0001942

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

科目・疾患

エピソード
薬に頼らずに症状を大きく緩和させた生活改善のアドバイス
(80代/男性/皮脂欠乏性湿疹)


70代の男性が入浴するとお湯がしみ、体が痒くなるという悩みで来院されました。どのような症状であるかを詳しく問診することで、皮脂欠乏性湿疹と診断できました。

皮脂欠乏性湿疹は肌が、乾燥すると発症する湿疹です。乾燥肌の方やご高齢の方がなりやすい病気で、体や足がカサカサして痒くなります。秋から冬の寒い時期に多くみられます。

肌は20歳代半ばをピークに潤いを失っていき、乾燥しがちな状態になります。これに加えて入浴時の体をゴシゴシと強く洗う習慣が重なると、乾燥が限度を超えてしまい発症するようです。

この男性も長年にわたり入浴時に体を強く洗う習慣があったようですので、それをやめるようにアドバイスしました。お薬も処方しましたが、それと一緒に入浴剤のサンプルも渡しました。

当院では肌の乾燥によるトラブルには入浴剤をおすすめすることがよくあります。白く濁るタイプの入浴剤を使うと保湿クリームを塗ったような効果が得られて、この症状には良い効果があります。

この男性の場合は入浴剤が劇的に効果があったようで、入浴剤をお風呂に入れるようになってから肌にお湯がしみることもなくなり、痒みもかなり治まったと感激していました。冬の乾燥による肌の痒みなどは、生活指導だけでも大きく改善される場合があるのです。

※記載内容につきましては事例の一つであり、近しい症状であっても医師の判断により、治療法が異なることも ございます。

対応可能な症状

 

頭・顔
頭がかゆい/毛が抜ける/顔の肌が荒れる/顔に吹き出物・にきびができる/顔がかゆい/あごがかゆい

 

首・口
首がかゆい

 

肩・胸・胃・腹・背中・腰
肩がかゆい/胸部がかゆい/乳首がかゆい/背中がかゆい/腰がかゆい

 

手・足
手・腕がかゆい/手が荒れる/指の爪の色・形がいつもと違う/足のひび割れ・あかぎれ・しもやけ/足・脚がかゆい

 

皮膚科系
皮膚の良性腫瘍/メラノーマ/丹毒/帯状疱疹/アトピー性皮膚炎/蕁麻疹/結節性紅斑/薬疹/にきび/とびひ/あせも/日焼け/アレルギー性皮膚炎/金属アレルギー/やけど/掌蹠膿疱症/脱毛症/白癬/皮膚がかゆい/皮膚が腫れる・ただれる/発疹・湿疹がある/皮膚に斑点ができる/肌があれる/しみができる/爪の色・爪の形がおかしい/足の指がかゆい・水虫

 

掲載している情報についてのご注意

医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

 

お気に入りの登録上限に達しました。
登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ