赤坂インターナショナルクリニックの診療案内

口コミ 27
写真 6
東京都港区赤坂5-5-10 赤坂大高ビル2階 (地図)
  • 土曜診療
ネット受付
0066-9809-0034442

電話問合せの注意事項【必読】

赤坂駅(東京都)[東京都]

赤坂インターナショナルクリニック

電話問合せ

0066-9809-0034442

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

内科

かぜ、ぜんそく、腹痛、片頭痛などから生活習慣病まで幅広く診察

内科では、かぜやインフルエンザなどの感染症をはじめ、ぜんそくや花粉症などのアレルギー疾患、腹痛や下痢・嘔吐(おうと)などの消化器疾患、片頭痛、めまいのほか、膀胱(ぼうこう)炎や尿管結石などを含む急性期の疾患から、高血圧症、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症といった慢性期の生活習慣病まで幅広く診察を行っています。

治療では、患者さまの生活スタイルをよく伺い、お一人おひとりのご事情に合わせたお薬の処方とともに、食事や運動を含めた生活改善のアドバイスを行うよう心がけています。健診で要検査になり、あらゆる診療科を受診したが数値が改善されない、高齢で認知症が心配であるなど、さまざまなご相談に応じています。

パーキンソン病やてんかん、悪性腫瘍(がん)といった専門性の高い医療や入院が必要となる病気が見つかった方には、連携している病院を紹介させていただきます。

心療内科

初診には1時間以上。密接に関連する心と体の健康をサポートします

「病は気から」という言葉があるように、心の不調は体に影響します。動悸(どうき)がする、手がふるえる、頭が痛い、胃が痛い、めまいがする、といった症状で診察・検査をしてみても、特にどこにも異常はなし。このような経験をお持ちの方は少なくないと思います。

心と体は密接に関係しています。患者さまが痛い、苦しいという訴える際、それは実際に体の痛みの感覚ですが、その原因は体の器質的な異常ではなく、ストレスや不安、プレッシャーなどに対する反応として現れる痛みの時があります。

まずは、内科的な疾患が隠れていないかを丁寧に問診、診察した上で、心理的なストレスに関する質問用紙を用いた簡単な心理検査を行います。その上で、心の不調が認められる方には、カウンセリング、精神療法、認知行動療法などを行いながら、ご事情に合わせてお薬の処方をしていきます。お薬をいったん始めるとやめられないのではないか、依存してしまうのではないかとご不安な方には、漢方薬や心理療法を用いることも可能ですのでご相談ください。

ほかにも、会社や学校に行く気にならない、ゆっくり寝た気がしない、疲れやすくいつもだるい、体が重くてつらい、気分が落ち込む、人に会いたくない、電車や人混みが苦手、ひどい緊張のため人前で話せない、誰かに見られていると思うと手がふるえる、何度鍵を閉めても確認しないと不安、耳鳴りが続いている、のどに何かが詰まった感じがとれない、このような症状が続いている方は、ぜひとも一度、できるだけお早めに心療内科をご受診ください。

当クリニックは、お子さまの発達障害も、大人の発達障害の診断も行っています。初診の際は1時間以上ゆっくり質問させていただく必要がございますので、お時間にゆとりをもってご予約をお願いいたします。

予防医療

病気を未然に防ぐ1次予防と早期発見を目指す2次予防をご提供します

多くの皆さまが予防医療と聞いてまず思い浮かべることは、予防接種や、食生活の改善、禁煙、禁酒といったイメージではないでしょうか。実は、予防医療には1次予防から3次予防まであります。

1次予防とは、生活習慣の改善、適度な運動などによる健康維持、予防接種などで病気を未然に防ぐことです。2次予防は、定期検診や検査を受け早期のうちに病気を発見し、治療に早い段階から取り組むことを言います(健診、人間ドックなど)。また3次予防は、病気にかかっても増悪防止の治療に努め、リハビリテーションによって改善や再発防止をはかることを言います。

当クリニックでは特に1次予防と2次予防に力を入れており、患者さまの生活習慣の改善や予防接種(※)を行うと同時に、たとえ病気になっても早期に発見・治療して重症化を防ぐことを目指しています。

また、食生活全般や発酵食品、薬膳などに関して学んだアドバイザーなどが食習慣についてレクチャーする講座を随時開催しております。糖尿病や脂質異常症の予備軍の方には、お薬を飲むことになる前に、なるべく早い段階で、黄色信号のうちに、食事改善のアドバイスを受けていただくことが大変重要です。

予防接種(※)につきましては、インフルエンザ予防接種、肺炎球菌ワクチン、風しんワクチン、お子さまのMRワクチン、おたふくかぜワクチン、子宮頸(けい)がんワクチンなど任意接種のものも取り扱っています。ほかに、ビタミン注射(※)なども用意しております。ご予約の上、ご来院ください。

(※)は、お住まいの市区町村によっては補助制度を利用できます。自由診療となる場合もありますので、料金表をご確認ください。

女性内科

婦人科の診療経験を持つ女性院長が女性のお悩みを診療します

当クリニックの院長は女性であり、内科の医師ですが、婦人科での生理周期に随伴する体調不良や更年期の不調などの診療経験があり、さまざまな女性の悩みに対して多角的な診療を行っています。また、妊娠・授乳中のお薬に関しても知見を備えているほか、漢方薬による治療も行っています。お気軽にご相談ください。

さらには、月経不順や肌トラブルでお困りの方に対して、血液検査を行った上で低用量ピルの処方もしています。そのほか、ホルモン補充療法などさまざまな女性のお悩みにお応えしておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

新型コロナウイルス抗体検査

当院では新型コロナウイルスの抗体検査を実施しています

保険適用外ですので自由診療になります。

【新型コロナウイルス抗体検査】
・費用:4,500円(税込)
・受付日時:平日10:00~19:00 土曜10:00~18:00
・予約:予約推奨
・結果通知:結果が出次第、メールか電話、ご希望の方法でお伝え。または、後日来院して頂き、医師から直接お伝えしています。
・通院回数:1回
・所用時間:30分
・支払い方法:現金、クレジット、カード決済

抗体検査は過去に感染していたかを調べるものであり、現在感染しているかどうかは判定できませんのでご注意ください。

赤坂インターナショナルクリニックの基本情報

診療科目 内科 心療内科
標榜科目 予防内科、女性内科
診療内容

インフルエンザ予防接種

住所
アクセス
  • 千代田線赤坂駅(東京都)7番出口 徒歩2分 
  • 銀座線赤坂見附駅10番出口 徒歩10分 
  • 東京メトロ南北線溜池山王駅6番出口 徒歩10分 
  • 東京メトロ南北線六本木一丁目駅 徒歩9分 
  • 銀座線溜池山王駅 徒歩9分 
  • 千代田線乃木坂駅 徒歩11分 
  • 日比谷線六本木駅 徒歩11分 
  • 銀座線青山一丁目駅 徒歩12分 
  • 半蔵門線永田町駅 徒歩13分 
診療時間・休診日

休診日

月曜・日曜・祝日

土曜診療

10:00~12:30
13:30~17:30

休診日は月・日・祝
火は10:00~12:30の午前診療のみ
水・木・金・土は10:00~12:30 13:30~17:30
・初診は診察終了30分前、再診は診察終了15分前までの受付
・木曜午前は初診のみ受付・再診は不可

電話番号

03-6277-6337

特徴・設備

特徴
  • 院内感染対策 院外待機が可能
サービス
  • クレジットカード利用可 Wi-Fi可能

掲載している情報についてのご注意

医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

 

お気に入りの登録上限に達しました。
登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ