受付予約可

診療案内 | 保土ヶ谷あだちクリニック

口コミ 1
写真 13
〒240-0013 神奈川県横浜市保土ケ谷区帷子町1-17YGY2F・203 (地図)
  • 土曜診療
ネット受付

電話受付・予約(自動応答) 注意事項

050-5213-6161

保土ヶ谷駅[神奈川県]

保土ヶ谷あだちクリニック

電話受付・予約(自動応答)

050-5213-6161

電話受付・予約(自動応答)についての注意事項【必読】

※公衆電話、非通知によるお電話では、サービスをご利用いただくことができません。

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

※受付済の内容の変更、キャンセルの場合も必ずお電話をお願いします。

※自動応答での受付方法について

 

電話受付・予約(自動応答)についての注意事項【必読】

※公衆電話、非通知によるお電話では、サービスをご利用いただくことができません。

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

※受付済の内容の変更、キャンセルの場合も必ずお電話をお願いします。

※自動応答での受付方法について

 

消化器内科

「苦痛の少ない内視鏡検査」に努めています

消化器内科では、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、急性胆のう炎、脂肪肝、過敏性腸症候群など消化器疾患全般の検査・治療をしています。

また、内視鏡検査に力を入れており、胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査は患者さまの苦痛をできるだけ和らげられるような工夫をしています。なお、胃内視鏡検査については当日検査が可能な場合もあります。

そのほか、ピロリ菌の検査や除菌にも対応しています。

胃の痛み、吐き気、食欲不振、下痢、血便、検診で異常を指摘されたなど、何か気になることがあれば一度来院ください。

Q.検査をする際に工夫されていることはありますか?

内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)

A.患者さまに合わせた内視鏡を使用したり、鎮静剤を使用しています。


当クリニックの胃内視鏡検査は、口からカメラを挿入する「経口内視鏡」と、鼻からカメラを挿入する「経鼻内視鏡」どちらにも対応しています。基本は経口内視鏡で検査をおこないますが、患者さまの体質やご希望に合わせてカメラを変更することもできますので、ご要望があればお気軽におっしゃってください。

また、苦痛を緩和したい方には、鎮静剤を使用しますので、お申し付けください。

Q.ピロリ菌の検査や除菌はしてもらえますか?

A.はい。ピロリ菌の検査や除菌にも対応しています。


ピロリ菌とは胃に生息する細菌で、胃炎や胃潰瘍をはじめさまざまな胃の病気に関わっています。

当クリニックでは、専用の薬を飲んだあと、吐いた息を検査する「尿素呼気検査」でピロリ菌の検査をしています。ピロリ菌に感染していることがわかった場合は、飲み薬での除菌も可能です。

Q.どういった症状があれば大腸内視鏡検査を受けた方がいいですか?

A.健康診断で便潜血を指摘されたり、下痢が長引いたりしているようであれば検査をおすすめします。


職場や学校、市町村の健康診断で便潜血(便に血が混じっている)を指摘されたり、下痢が長引いたりしている方は大腸内視鏡検査をご検討ください。

大腸内視鏡検査は事前に下剤を飲んでいただく必要があるため、検査を希望される場合は一度診察を受けていただくことになります。

Q.大腸内視鏡検査をする際に工夫されていることはありますか?

A.患者さまの体質に合わせて下剤の種類を変えたり、ご希望により鎮静剤を使用したりしています。


大腸内視鏡検査は事前にご自宅で下剤を飲んでいただく必要がありますが、当クリニックでは患者さまの体質に合わせて2種類の下剤をご用意しています。

例えば、便が出やすい方については500cc飲むだけで良いタイプの下剤を使用しています。

また、苦痛を軽減するために、ご希望により鎮静剤を用います。

Q.ポリープの切除後何かあった場合、すぐに対応してもらえますか?

A.はい。何かあったときのために緊急の連絡先をお伝えしています。


大腸内視鏡の検査中にポリープが見つかった場合は、基本的に切除しています。また、当クリニックではその後何かあったときにすぐ対応できるよう、緊急の連絡先もお伝えしています

なお、ポリープの切除を希望されない場合はそのままにしておくことも可能です。切除を希望されない場合は事前にご相談ください。

内科

急性疾患から慢性疾患まで幅広く診療しています

内科では、かぜやインフルエンザなどの急性疾患から、高血圧症や脂質異常症、糖尿病などの慢性疾患まで、内科疾患全般を幅広く診療しています。また、ノロウイルスの簡易検査や、血管のABI検査(動脈硬化の進行度合いを測定する検査)、がんなどの異物に対して遺伝子測定できる血液検査などにも対応しています。

発熱、せき、頭痛などの症状がある方以外にも、「健康診断で異常を指摘された」といった方はお気軽に来院ください。

Q.どのような症状があれば受診した方がいいですか?

風邪などの一般的な症状

A.のどの痛み、せき、鼻水など、何か気になる症状があれば受診ください。


のどの痛み、せき、鼻水、発熱、頭痛、めまい、動悸など何か気になる症状が少しでもあればお気軽に受診ください。

また、「ただのかぜ」と思ってそのまま放っておくと、気管支炎や肺炎に進行する恐れもあります。症状が落ち着いたらからといって無理はせず、改善するまではしっかり診察を受けるようにしてください。

Q.生活習慣病を放っておくとどのようなリスクがありますか?

生活習慣病

A.脳卒中や心筋梗塞といった重篤な病気につながる恐れがあります。


高血圧症、脂質異常症、糖尿病などに代表される生活習慣病は、初期段階だと自覚症状がほとんどありません。しかし、そのまま放っておくと脳卒中や心筋梗塞、腎炎などさまざまな病気につながる恐れがあります。

自覚症状がなくても、健康診断で数値の異常を指摘された方は一度診察を受けるようにしてください。

Q.生活習慣病に対してどのような検査や治療をしていますか?

A.心電図検査やABI検査などをおこない、生活指導や薬物療法で治療をしています。


生活習慣病に対しては、血液検査や尿検査以外にも、心電図検査やABI検査(動脈硬化の進行度合いを測定する検査) などで血管への影響もしっかり調べるようにしています。

治療は薬物療法を基本とし、食事や運動といった生活習慣の改善をアドバイスしています。わからないことがあればお気軽にご質問ください。患者さま一人ひとりのライフスタイルに合わせた治療法をご提案させていただきます。

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

保土ヶ谷あだちクリニック周辺のクリニック・病院

    スマートフォンで見る

    QRコード

    現在のページをスマートフォンで見る場合、QRコードを読み込んでください。

     

    お気に入りの登録上限に達しました。
    お気に入りに登録できるのは最大30件です。

    お気に入り一覧へ