診療案内 | とみた内科循環器科

口コミ 1
写真 11
福岡県小郡市美鈴の杜1-1-1 FAMS美鈴の杜2階 (地図)
  • 土曜診療
ネット受付

電話受付・予約(自動応答) 注意事項

050-5213-5660

三国が丘駅[福岡県]

とみた内科循環器科

電話受付・予約(自動応答)

050-5213-5660

電話受付・予約(自動応答)についての注意事項【必読】

※公衆電話、非通知によるお電話では、サービスをご利用いただくことができません。

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

※受付済の内容の変更、キャンセルの場合も必ずお電話をお願いします。

※自動応答での受付方法について

 

電話受付・予約(自動応答)についての注意事項【必読】

※公衆電話、非通知によるお電話では、サービスをご利用いただくことができません。

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

※受付済の内容の変更、キャンセルの場合も必ずお電話をお願いします。

※自動応答での受付方法について

 

循環器内科

循環器専門医が診察します

院長は「日本循環器学会認定 循環器専門医」ですので、高血圧症、不整脈、心筋梗塞、心不全などの疾患に精通しています。心筋梗塞や心不全などの重篤な循環器疾患の多くは無症状の生活習慣病に起因することが多く、適切に生活習慣病を管理、治療することが大切です。

病気の治療法には多くの選択肢があり、どの治療法が皆様に適したものなのかは個別に考える必要があります。例えば、高血圧について、その原因が何なのか、生活習慣に起因したものなのか、遺伝や体質の関与が大きいのか、高血圧以外に罹患している病気があるのか、年齢がいくつなのかといった様々な要因によって、また、最初から薬での治療を行うか、薬はジェネリックをご希望になるのか、など皆様のご希望も伺いながら、一緒に考えていきます。

高血圧症

家族の中で父と私だけが高血圧症と診断されました。原因は遺伝ですか?

高血圧症の原因には遺伝的要因や環境要因など、さまざまな可能性が考えられます。

高血圧症は遺伝性の病気であるため、両親や兄弟など、ご家族に高血圧症の人がいる場合は発症するリスクが高くなります。他方で環境要因としては、飲酒、喫煙、ストレス、睡眠障害、塩分過剰摂取、肥満、運動不足などが挙げられます。

当院では、初診の患者さまの場合、血圧を測定したり、家族歴や既往歴、喫煙、飲酒、運動、食事などについて伺ったりしてから、その方に合った治療方針を見極めます。なお、メタボリック症候群をはじめ、糖尿病、慢性腎臓病、心臓病などの合併症がある場合には、早期から薬物治療を始めます。


高血圧気味ですが症状もないし、病院にいかなくても大丈夫でしょうか?

なるべく早めに受診してください。高血圧症は重篤な循環器疾患を引き起こす原因にもなります。

高血圧症にはあまり自覚症状がありませんが、治療せずにいると脳卒中や心筋梗塞といった病気の原因になります。「NIPPON DATA80」という疫学調査によれば「収縮期血圧が120 mmHg以下の方と比較して、140-159 mmHgでは3倍、180 mmHg以上では5倍以上も循環器疾患による死亡リスクが高くなる」と分かっています。そのため、高血圧気味の方は早めに医療機関へ受診して、血圧をコントロールするための治療を受けることが重要です。


胸痛・動悸

胸痛や動悸が気になる場合、どのような病気が考えられますか?

不整脈や狭心症、心筋梗塞などの疑いがあります。早めに受診していただければと思います。

胸痛や動悸などが見られる場合、不整脈や狭心症、心筋梗塞といった循環器疾患の可能性が考えられるので、当院では必要に応じた検査を行っていきます。そして、検査結果に応じて、経過観察や治療を行ったり、専門の医療機関を紹介したりします。

たとえば、不整脈には治療の必要がない場合もあれば、治療の必要な場合もあります。中には治療せずにいると重篤な病気と結びつくものもあるので、患者さまの病状に合わせてより専門的な医療機関を紹介する場合もあります。なお、紹介する医療機関については、なるべく患者さまのご希望なども考慮させていただきます。


心不全

最近、よく息切れするのですが、心不全ってどのような病気でしょうか?

心不全は病名ではなく「心臓が十分に血液を送り出せなくなった状態」のことです。

心不全とは、心臓が十分に働かなくなった結果として起こる身体の状態のことです。心不全の原因には、心筋梗塞や心臓弁膜症などの心臓病を発症した場合や、長年の高血圧症で心臓に負担がかかっている場合などが関係しています。なお、患者さまごとに自覚症状は異なりますが、たとえば、息切れや動悸、だるさ、むくみ、食後のおなかの張り、鈍痛などが見られます。"


どのような検査や治療が行われますか?

心電図検査、レントゲン検査、心エコー検査などを行い、原因にあった治療を行います。

心不全にはさまざまな原因が考えられるため、心電図検査やレントゲン検査、心エコー検査などを行います。心電図検査では心筋梗塞や不整脈などの有無、胸部X線検査では肺水や血液のうっ滞の有無などを調べることができます。さらに、心エコー検査では、心臓の形状から、心臓の壁の厚さ、弁やポンプ機能などを調べることが可能です。

心不全には、急性と慢性があります。急性心不全の場合は入院して酸素吸入を行ったり、一時的に心臓の働きを高める薬を投与したりする治療が必要です。また、慢性心不全の場合は、まず心臓の機能を低下させる原因となっている心臓病の治療を行います。"


睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とはどのような病気ですか?自覚症状はありますか?

睡眠中に無呼吸状態を繰り返し、身体に障害を及ぼす病気です。いびきや、日中の強い眠気が特徴です。

睡眠時無呼吸症候群とは、寝ている間に無呼吸状態を繰り返すことで、身体にさまざまな障害を及ぼす病気です。治療をせずにいると、高血圧症、糖尿病、高脂血症、動脈硬化などを進行させたり、不整脈、狭心症、心筋梗塞、脳卒中など、命にかかわる病気を引き起こしたりします。また、肥満者に多くみられることから、メタボリックシンドロームとの関連も指摘されています。日中にしつこい眠気を感じたり、睡眠中の異常ないびきを指摘されたりすることがある方は、一度受診することをおすすめします。


どのような検査を行いますか?

専用の検査機器を貸し出して、ご自宅で計測していただきます。

当院では、睡眠中の脳波、胸郭の運動、酸素飽和度、胸の呼吸の運動などを計測できる簡易機器を一日貸し出して、患者さまに自宅で計測していただいています。

1時間あたりの無呼吸と低呼吸を合わせた、無呼吸低呼吸指数(AHI)が5以上であり、日中の眠気や異常ないびきなどを伴う場合は、睡眠時無呼吸症候群と診断します。重症度は「AHI5~15を軽症」「15~30を中等症」「30以上を重症」となっています。AHIが20以上だと治療の対象になるので、20~40くらいの方には専門の医療機関を紹介しています。


内科

内科全般に精通した院長が、皆さまの健康管理をサポートします。

院長はホームドクターとして全人的医療に努めています。一番の専門は循環器内科ですが医学部を卒業し、医師として働き始めるときに、「専門しか診れない医師ではなく、幅広く内科全般を診察できるようになる」という初志を抱き、初期研修を行い、その後も、地域の中隔病院で内科医と循環器内科専門医の両輪で診療を行って参りました。その経験を生かし、脂質異常症や糖尿病などの生活習慣病から、気管支ぜんそくや慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器疾患まで、幅広い診療を行っています。また、禁煙治療も行っているので、禁煙を希望している方はご相談ください。患者さまの健康状態や長期的なリスクについて、資料を見せながら、分かりやすく説明することを心がけています。内科全般、循環器疾患、脳血管疾患、救急医療の診療に携わってきた院長が、柔軟な視点でホームドクターとして皆さまの健康状態を日ごろからサポートいたします。

脂質異常症

脂質異常症と言われたのですが、原因は生活習慣でしょうか?

生活習慣の乱れのほかに、遺伝子の異常も考えられます。

脂質異常症の原因には、過食、運動不足、喫煙などの生活習慣の乱れのほかに、体質や遺伝子異常なども考えられます。そのため、原因によって治療方法も変わってきます。また、「治療が必要かどうか」の判断は脂質の数値のみでなく、脂質異常を引き起こしている病気の有無によっても変わってきます。中には原因となっている病気を治療することで、脂質異常症の症状が改善される場合もあります。


治療せずにいると、どのようなリスクがありますか?

将来的に動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞など、命にかかわる病気を発症するリスクが高まります。

脂質異常症と診断されても、特に症状はないので受診しない方もいらっしゃいます。しかし、血管の中では徐々に動脈硬化が進行しているので注意が必要です。動脈硬化が続くと、次第に血管の内側が狭まって血流が悪くなり、心臓の血管が詰まれば急性心筋梗塞、脳の血管が詰まれば脳梗塞を引き起こします。

年齢、性別、喫煙、糖尿病、血圧、LDLコレステロール、HDLコレステロール、慢性腎臓病(CKD)の程度によって10年間の冠動脈疾患の発症確率を割り出せる、吹田スコアというものがあります。当院ではこのスコアで患者さま個人の将来的なリスクを判定し、ていねいに説明しています。


掲載している情報についてのご注意

医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

 

お気に入りの登録上限に達しました。
お気に入りに登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ