なかむらそうクリニック

写真 17
東京都港区麻布十番1-7-1 MGB麻布十番5F (地図)
  • 土曜診療
ネット受付
0066-9801-0424283

電話問合せの注意事項【必読】

麻布十番駅(都営)[東京都]

なかむらそうクリニック

電話問合せ

0066-9801-0424283

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

麻布十番駅より徒歩約2分。アットホームな雰囲気で、専門的な診療を提供します

おすすめポイント

  • 駅に近く近隣の方や仕事帰りでも通いやすい立地
    麻布十番駅から徒歩約2分、地元の方だけでなく仕事帰りの方にも通いやすい立地です。駅周辺にはオフィスが多く、仕事の合間に通院される方もいらっしゃいます。
  • 電話予約時に症状などから事前準備をご案内
    予約の電話のタイミングで簡単に症状の確認があり、来院前に必要な準備について説明されます。患者さまごとに合わせた検査をスムーズに受けられるよう配慮されています。
  • 院内の衛生管理・感染症対策を徹底しています
    アルコール除菌の設置やアクリル板の設置、ガイドライン規定の換気をしているほか、密集の回避、スタッフのマスク着用などの感染予防対策がなされています。
特徴 1
泌尿器科

男性・女性問わず、尿トラブルをはじめとする泌尿器疾患に幅広く対応

診療案内【泌尿器科】をもっと見る
特徴 2
医師・スタッフの専門性

日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医が、患者さまに適した医療を提供

こだわり【医師・スタッフの専門性】をもっと見る
特徴 3
十分な説明

セカンドオピニオンに対応。結果説明では模型や図解によりわかりやすく伝えます

こだわり【十分な説明】をもっと見る
特徴 4
プライバシーへの配慮

クリニック全体で患者さまのプライバシーに配慮しています

こだわり【プライバシーへの配慮】をもっと見る

診療時間・休診日

休診日

水曜・日曜・祝日

土曜診療

10:00~13:00
15:00~18:30
10:00~14:00

休診日:水曜日・日曜日・祝日

【受付時間】9:45~12:30(土9:45~13:30)/14:45~18:00
受付は、診療開始時刻の15分前より行います。
また診療終了時刻の30分前までにお越しくださるようお願いいたします。

交通案内

アクセス

都営大江戸線麻布十番駅(都営) 7番出口徒歩2分
東京メトロ南北線麻布十番駅(東京メトロ) 5a出口徒歩3分

医院写真

  • 外観

  • 出入口

  • 受付

  • 待合室

  • 院内

  • 診察室

  • 検査室

  • 顕微鏡

特徴

特徴 1

泌尿器科

男性・女性問わず、尿トラブルをはじめとする泌尿器疾患に幅広く対応

膀胱炎、尿道炎、腎盂腎炎(じんうじんえん)、前立腺炎、精巣上体炎、前立腺肥大症、腎結石・尿管結石・膀胱結石(ぼうこうけっせき)などの尿路結石、陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)、クラミジア感染症・淋菌感染症(りんきんかんせんしょう)・尖圭コンジローマ(せんけいコンジローマ)といった性感染症など、泌尿器に関係する疾患を幅広く診療しています。ご相談の多い症状としては、尿が出にくい・出ない、頻尿、血尿、排尿時痛、残尿感などがあります。

当クリニックは、病診連携に力を入れているのが特徴の一つです。院内には、超音波診断装置や尿流量測定装置などを備えており、CT検査やMRI検査が必要な場合には、近隣の画像診断を専門とする医療機関と速やかに連携して検査を受けていただけます。また、腎細胞がん、膀胱がん、前立腺がんの診療にも対応し、総合病院などの医療機関と連携しながら、がんの診断と継続した治療を行います。

男性だけでなく、女性の疾患にも対応しており、子宮脱や尿失禁の手術を行ってきた医師が診療にあたります。泌尿器の疾患に限らず、他の診療科の疾患が疑われる場合は、患者さまの病状やご希望に合った医療機関へのご紹介もさせていただきます。

特徴 2

医師・スタッフの専門性

日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医が、患者さまに適した医療を提供

当クリニックでは、日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医の院長が診療にあたります。地域の医療機関との連携を大切にしており、専門的な検査や治療が必要な場合は、大学病院や総合病院をはじめとする医療機関をご紹介いたします。特に院長が泌尿器科の医師として勤めていた東京都済生会中央病院はじめ港区内の総合病院などとは、密な連携を行っての治療が可能です。

泌尿器科の医師は、内科的な側面と外科的な側面の両方の知見を持ちます。例えば、がんの疑いが発見された場合、手術からその後のフォローアップまでのすべてを担当します。婦人科や内科との連携もはかっており、泌尿器科の疾患のみならず、患者さまの体をトータルでサポートしております。

特徴 3

十分な説明

セカンドオピニオンに対応。結果説明では模型や図解によりわかりやすく伝えます

検査結果や治療内容、病気についてお伝えする際はわかりやすくご説明するように心がけ、必要に応じて模型や資料、紙に描いた図をお見せしながら説明します。診察では時間の許す限りお話ししていただき、お悩みをしっかりと伺います。そのうえで、患者さまのニーズに合わせた医療をご提供させていただきます。

なお、CTやMRIなどの画像検査が必要な場合は、当クリニックの提携する画像検査センターへ迅速に予約を入れ、当日にご案内が可能な場合もあります。患者さまのご希望の病院で画像検査を受け、結果を当クリニックでご説明することも可能ですので、ご希望があればおっしゃってください。

また、他の病院で検査や治療を受けた患者さまへのサポートとして、セカンドオピニオン(※)にも対応しています。深く聞けなかったことや、疑問が残ったことがありましたら、遠慮なくご質問ください。

(※)は自由診療です。料金は料金表をご確認ください。

特徴 4

プライバシーへの配慮

クリニック全体で患者さまのプライバシーに配慮しています

当クリニックでは、患者さまのプライバシーに配慮するためにさまざまな取り組みを行っています。人は静かな場所にいると、聞こえてくる声につい聞き耳を立ててしまうものです。そのため、待合室のテレビをつけて一定の音量を出したり、随所に空気清浄機を置いて稼働音を出したりすることにより、診察や検査など病気の内容がわからないようにしています。

また、予約の電話受付の際には、患者さまの生年月日や住所等の個人情報を確認する場合もあるため、待合室に声が届かない場所で応対するようにしています。そのほか、待合室では患者さまは名字のみでお呼びし、診察室に入ってからフルネームを確認する、病名は口頭ではなくメモした紙をお見せするなど、医師およびスタッフ全体で徹底してプライバシーに配慮しています。

インタビュー

今まで診てきた患者さまの中で心に残っているエピソードはありますか?

印象に残っているのは、20年以上前に片側の腎臓にがんが見つかった患者さまです。当時の治療は、腎臓そのものを摘除する考え方でした。摘除術後に再発がないか経過を定期的に診ていたところ、もう片方の腎臓にもがんが見つかりました。しかし、残っている腎臓を摘除してしまうと透析をしなければなりません。透析は、食生活やお仕事にも影響して生活の質が下がってしまうので、摘除はなるべく避けたいと考えました。幸いにもがんは小さい段階でしたのでがんの部分だけ取るべく手術に臨みましたが、どこにあるかなかなか見つけられず、超音波検査を併用するなど大変苦労したことを覚えています。その患者さまは現在も透析の必要がなく元気で過ごされており、当クリニックに通われています。

初めて来院された患者さまに対して心がけていることがあれば教えてください。

何よりも、お話をしっかりと聞くことを心がけています。患者さまはお困りごとがあっていらしているので、その悩みをどのように表現されるのかを確認するほか、ライフスタイルについてもお聞かせいただきます。同じ病気に対する治療であっても、いつでも通院できる方、通院は少なくしたい方など患者さまによって事情はさまざまですので、可能な限りご希望にそえるように対応したいと考えています。

女性の患者さまへ配慮していることはありますか?

当クリニックでは男女の性差に着目し、泌尿器科と婦人科にまたがる悩みに対してご相談いただける環境を整えています。男性は泌尿器科、女性は婦人科に行った方がいいと思われている方もいらっしゃいますが、もし婦人科で原因がわからなかった場合などは、泌尿器科にてご相談ください。婦人科にかかる時と同じように質問をしていただく方が改善の近道だと考えています。

今後力を入れていきたいと考えている治療について理由と共に教えてください。

患者さまのライフスタイル、ライフステージに合わせた診療に力を入れていきたいと考えています。開業してから時間が経ってくると、何年も通っている患者さんも多くいらっしゃいます。その都度の病気だけではなく、患者さまが歳を重ねていく過程で、体がどう変わっていくかなども見えてきますので、その方のライフステージに応じた健康維持に関わっていきたいです。

例えば、病状によってはすぐに手術の必要がない場合がありますので、患者さまのお仕事の忙しさや昇進がかかったタイミングを考え、引退までは頑張りたいといった要望を受け取るなど、患者さまとの関わりを深めることで手術の時期を判断することが可能となります。

院内のデザインや空間でこだわったところがあれば教えてください。

リラックスしていただけるような空間づくりです。泌尿器科に行くのは緊張する方もいると思うのですが、どちらかと言うと敷居の低いクリニックでありたいです。麻布十番には下町の良さと、インターナショナル感の両方があるので、どのような方がいらしても緊張しないでいられる空間を意識しています。雰囲気づくりに絵を飾っているほか、待ち時間に自由に見ることができるテレビの設置や、最新号の雑誌を発売日に購入して準備するなどしております。

貴院のスタッフの自慢できる点を教えてください。

リラックスできるクリニックづくりにしっかり取り組んでくれているところです。接遇面が非常に重要となりますが、スタッフには常に患者さまを見ることとクリニック内の清潔感を保つことをお願いしており、皆しっかりと意識してくれています。よく「ホテルライク」という表現が使われますが、当クリニックは「旅館ライク」という感じで、患者さまにあわせて個別対応をしています。清潔感については、特にお手洗いを綺麗に保つようにしています。スタッフ同士がコミュニケーションを重ねながらうまく取り組んでくれている結果なので、スタッフにはとても感謝しています。

地域の医療貢献のために取り組んでいることがあれば教えてください。

地域の商店街と一緒にさまざまなことに取り組んでいます。当クリニックは麻布十番振興組合に加入していますが、例えば新型コロナウイルスのワクチン接種では、商店街としての職域接種をできるようにしたいという声が上がりました。どう進めたらいいのかなど当クリニックに相談をいただいたため、関係各所との連携をはかり推進をサポートしました。

休日の過ごし方を教えてください。

休みが取れる時には音楽を聴いていまして、特に民族音楽が好きです。また、高校時代は美術部に所属していたこともあってアート作品を見ることも好きです。最近では、スペイン大使館の中にオープンしているギャラリーがあったので、見に行きました。あとは、散歩したり、美味しいものを食べたりして過ごしています。

医師・スタッフ

全掲載スタッフ(掲載中1人)

なかむらそうクリニックの基本情報

医院名 なかむらそうクリニック
診療科目 泌尿器科 内科
標榜科目 泌尿器科・女性泌尿器科・内科
ネット受付
電話問合せ

0066-9801-0424283

電話問合せの注意事項 【必読】

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

住所
アクセス
  • 都営大江戸線麻布十番駅(都営)7番出口 徒歩2分 
  • 東京メトロ南北線麻布十番駅(東京メトロ)5a出口 徒歩3分 

公共駐車場をご利用ください。

機械式347台 30分200円(一日上限2,200円)

診療時間・休診日

休診日

水曜・日曜・祝日

土曜診療

10:00~13:00
15:00~18:30
10:00~14:00

休診日:水曜日・日曜日・祝日

【受付時間】9:45~12:30(土9:45~13:30)/14:45~18:00
受付は、診療開始時刻の15分前より行います。
また診療終了時刻の30分前までにお越しくださるようお願いいたします。

医師・スタッフ数

2021年9月6日時点

常勤医師
男性1名
電話番号

03-6434-7828

特徴・設備

待合室
  • 空気清浄器 加湿器 アルコール除菌 無料マスク
設備
  • バリアフリー カウンセリングルーム
駐車場

公共駐車場をご利用ください。

機械式347台 30分200円(一日上限2,200円)

サービス
  • 多言語対応 ( 英語 ) ドイツ語

専門医
  • 日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医

掲載している情報についてのご注意

医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

 

お気に入りの登録上限に達しました。
登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ