受付予約可

診療案内 | ありがクリニック

口コミ 50
写真 14
〒225-0014 神奈川県横浜市青葉区荏田西5丁目7-11 (地図)
  • 土曜診療
ネット受付

電話受付・予約(自動応答) 注意事項

050-5306-0705

市が尾駅[神奈川県]

ありがクリニック

電話受付・予約(自動応答)

050-5306-0705

電話受付・予約(自動応答)についての注意事項【必読】

※公衆電話、非通知によるお電話では、サービスをご利用いただくことができません。

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

※受付済の内容の変更、キャンセルの場合も必ずお電話をお願いします。

※自動応答での受付方法について

 

電話受付・予約(自動応答)についての注意事項【必読】

※公衆電話、非通知によるお電話では、サービスをご利用いただくことができません。

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

※受付済の内容の変更、キャンセルの場合も必ずお電話をお願いします。

※自動応答での受付方法について

 

消化器内科

お気軽にご相談ください

迅速な診断と治療をご提供しております

腹痛や下痢といった腹部の症状の診断は、触診によって行われることが多いです。しかし、当クリニックでは痛みの原因を迅速に判断するため、超音波検査、レントゲン検査、血液検査などを用いた検査をいたします。検査で胆石症や虫垂炎などの病気が発見された場合は、速やかに提携している医療機関をご紹介させていただきます。

当クリニックは、西洋医学だけでなく、患者様の症状に合うものがあれば東洋医学も率先して取り入れています。両方の良い面を合わせた治療を行い、できるだけ早い症状の改善を目指します。一般的にウイルス性腸炎は整腸剤などの西洋薬が主ですが、当クリニックでは漢方薬もあわせて処方しており、双方からのアプローチで対処しております。

内科

総合病院に勤務していた経験もございます。

一般的な内科の症状から生活習慣病まで幅広く対応いたします

当クリニックでは、一般的な風邪やインフルエンザから高血圧や脂質異常症、糖尿病といった生活習慣病などの一般的な内科の診療も行っております。軽い症状でもかまいませんので、ご心配の場合は小さなことでもご相談ください。血液検査など簡単な検査は当クリニックで行い、専門的な検査が必要な場合は、症状に合った医療機関をご紹介させていただきます。

また、病気の原因は一つではなく、さまざまな要因が絡み合って引き起こされている場合があります。そのため、当クリニックでは、総合病院での経験をもとに、患者さまを全身治療の観点から診察させていただいております。治療だけではなく予防接種(※)も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

(※) は 自由診療の可能性があります。料金は料金表をご確認ください。市町村によっては公費負担があります。

西洋医学と東洋医学の両面から薬を処方いたします

当クリニックでは西洋薬だけでなく漢方薬も処方しております。当クリニックを開業してから漢方薬など東洋医学の勉強を始め、今でも勉強を続けています。

良いものと判断した薬は治療に取り入れ、西洋薬と漢方薬を併用しながら少しでも早く症状が改善されるように工夫しております。

特に、感染性腸炎などの症状に対しては西洋薬と漢方薬を併用することをおすすめしています。

外科

長年、外科で手術などを行っていましたので、多少のケガであれば治療可能です。

当クリニックでは局所麻酔を使った簡単な手術も行うことが可能です

院長はこれまで胃がんや胆石など消化器の手術や、乳がんやヘルニアといった外科の手術にたずさわってきた経験がありますので、局所麻酔を用いた手術にも対応することができます。

皮膚のしこりの切除や巻き爪の除去など表面的な症状に限られますが、お悩みの方はお気軽にご相談ください。
当クリニックで対応が難しいような細かな検査が必要となる場合は、対応可能な医療機関をご紹介させていただきます。

外科手術の経験から巻き爪治療など、局所麻酔を用いた簡単な手術にも対応可能

外科手術の経験から、局所麻酔を用いた簡単な手術にも対応することができます。
例えば、「巻き爪で足の指が痛い」という患者さまに対しては、指の根元に局所麻酔を注射し、足に埋まっている爪を切除いたします。さらに爪の切除後、同じ場所に巻き爪ができてしまうことを防ぐために、切除箇所の縫合手術も行います。

そうすることで、爪が皮膚の内側に生えてこなくなり、同じ部分に爪が再び食い込むことを防ぐことができます。術後3日毎に通っていただくなど、定期的にご来院いただくことで傷が塞がるまでのケアもしっかり行っています。

そのほか、さまざまな怪我や外傷の手術にも対応しておりますので、気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

消化器外科

術後の合併症にも詳しいです。まずは、ご相談ください。

消化器の術後の合併症もおまかせください。

消化器外科の検査の結果、手術が必要となった場合は、すみやかに症状に合わせた医療機関をご紹介させていただくことも可能です。

手術後は、合併症を引き起こしやすくなります。たとえば、胃を切除したら逆流性食道炎が起こりやすくなったり、開腹手術後は、腸同士や腸壁との癒着が原因で腸閉塞のリスクが高くなってしまいます。これらは普通の内科では分からないことも多いため、外科で診療を行っています。このような術後特有の合併症対策に詳しいことも当クリニックの特徴です。

また、当クリニックでは院内処方も行っておりますが、院外処方のご対応もさせていただきますので、希望の薬などがある際にはお申し付けください。

CTやMRIが用意されている施設と連携をとった診察を行っています

患者さまの症状によっては、当クリニックで用意している超音波やレントゲンといった設備では判断しきれないものもあります。そのような場合には、近隣にある検査専門の施設へとご案内しております。

当クリニックは施設と連携を図っておりますので、施設で用意されているCTやMRIといった設備を利用して患者さまの状態を精密検査した後、検査結果のデータを当クリニックへ送り、診察いたします。

乳腺外科

少しでも気になることがあればご相談ください。

触診と超音波検査を組み合わせ、胸のしこりを診断します

乳腺外科では主に、婦人科系の疾患として乳房周辺のしこりの検査を行っております。
検査は手で触って診断する「触診」と、超音波を体に当て、そこから返ってくる反射波(エコー)をコンピューターで画像化して診断する「超音波検査(エコー検査)」の2種類からお選びいただけます。乳房やその周辺に痛みやしこり、あるいは何らか異常を感じられた場合は、お気軽にご相談ください。

検査後、大きな病気が見つかることは少ないですが、ごく稀に乳がんなどの病気が見つかることもございます。
また、がんは触っただけでは分からないこともあり、超音波検査などの検査機器による検査が不可欠です。当クリニックでは婦人科検診の一環として、定期的な乳腺超音波検査(※)を受診することを推奨しております。

(※) は 自由診療の可能性があります。料金は料金表をご確認ください。市町村によっては公費負担があります。

肛門外科

さまざまな症状に対応しておりますのでまずはご来院ください。

プライバシーに配慮した取り組みを行っています

肛門外科には、痔でお悩みの患者さまが多く来院されております。一般的には「いぼ痔」として知られている肛門クッションが腫れて起こる「痔核(じかく)」や、肛門の出口付近の皮膚が切れる「切れ痔」などの症状でご来院される患者さまが多いです。数は少ないですが、細菌による感染が原因で炎症が起き、膿を出そうとするろう管ができる「痔ろう」で来られる患者さまもいらっしゃいます。

当クリニックでは投薬などを中心とした保存的治療で主に対処しております。完全予約制かつ個室で診療しているため、全体的にプライバシーにも配慮しております。何かお悩みのことがありましたらご相談ください。

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

ありがクリニック周辺のクリニック・病院

    スマートフォンで見る

    QRコード

    現在のページをスマートフォンで見る場合、QRコードを読み込んでください。

     

    お気に入りの登録上限に達しました。
    お気に入りに登録できるのは最大30件です。

    お気に入り一覧へ