【EPARKクリニック・病院からのご案内】EPARK会員4000万人突破記念大抽選会のお知らせ
抽選会の詳細はコチラ

専門医インタビュー

しもむら内科クリニックの専門医インタビュー(下村 裕章先生)

口コミ 7
写真 18
大阪府高槻市藤の里町9-5 (地図)
  • 土曜診療
0066-9801-0002860

電話問合せの注意事項【必読】

高槻駅[大阪府]

しもむら内科クリニック

電話問合せ

0066-9801-0002860

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 
しもむら内科クリニック 高槻駅_専門医インタビュー(下村 裕章先生)の写真 患者さまを自分の家族と思い、親身に寄り添った医療の提供を大切にする医師
院長 下村 裕章
取材日:2021年9月7日

下村 裕章先生(日本内科学会認定 総合内科専門医)にインタビュー

「患者さまが自分の母親だったら」という思いを大切に、日々の診療にあたる

医師を志したきっかけについて教えていただけますでしょうか?
しもむら内科クリニック 高槻駅 医師を志したきっかけについて教えていただけますでしょうか?の写真
もともとは、航空工学に興味があり工学部に進みたいと考えていたのですが、ある時、テレビで人工臓器を見てとても興味を覚えました。人の役に立てる仕事だし、航空工学ではなく医療工学の道に進みたいと思うようになりました。

しかし、よくよく考えてみると工学を専攻した場合は、人工臓器を作ったらそこで終わりなんですよね。せっかくなら、人工臓器を作るだけではなく使う側になりたいと考えたんです。そうなると、医師になるしかありません。そこで、工学部ではなく、医学部を目指すことにしたのです。途中で進路を変更したので、受験勉強は大変でしたね。

医師になってからは、循環器内科を専攻しました。これは、臨床研修での経験がきっかけでした。実習で心臓カテーテル検査を行っていた時、患者さまの心臓が止まってしまったのです。その時、実習を指導してくださっていた先生方の救命救急の手腕を見て感銘を受け、自分も循環器内科の道に進みたいと思ったのです。
「日本内科学会認定 総合内科専門医」を取得したきっかけは何ですか?
しもむら内科クリニック 高槻駅 「日本内科学会認定 総合内科専門医」を取得したきっかけは何ですか?の写真
その後は、アメリカ合衆国にあるテキサス州立大学の客員研究員として渡米し、心臓病の病理学の研究に従事していました。病理学とは、病気の原因や発症するメカニズムを明らかにする学問です。

帰国後は、臨床の現場に戻り、患者さまの診療にあたっていたのですが、ある時、患者さまから「先生の専門は何ですか?」と質問されました。「病理学です」とお答えしても、一般の患者さまには何のことかわかりません。「心臓カテーテル検査です」「不整脈です」といったような、誰にでもわかりやすい専門分野を答えられればよかったのですが、私の専門は病理学ですので、強いて言うなら循環器全般になります。私には、他の先生のようなスペシャリティがないということに気付きました。

その頃、ちょうど「日本内科学会認定 総合内科専門医」の資格を取ろうと試験の準備を進めていたので、そのまま内科を専門にしようと考えたのです。その後、勤務先の大学病院で総合的に内科を診療する科目を立ち上げることになり、そこで診療を担当することになりました。
診療を行う際に大切にしているモットーがあれば教えてください。
しもむら内科クリニック 高槻駅 診療を行う際に大切にしているモットーがあれば教えてください。の写真
診療を行うにあたって大切にしている考え方は、「If this patient is your mother?(もし、患者さまが自分の母親だったら、どのように診療をするのか)」ということです。

これは、研修医時代に恩師から教わったことです。患者さまを自らの家族のように思い、親身に寄り添って診療することが大切だと、若い頃から叩き込まれたのです。今でも座右の銘として忘れず、実践するようにしています。親身になって患者さまのお話を伺うと同時に、患者さまが相談しやすいような雰囲気づくりを心がけていますね。
「日本内科学会認定 総合内科専門医」は、内科全般にわたって診療を行います。大学病院では、どの診療科目を受診してよいかわからないという方の受け入れ窓口となって診療をすることもありました。開業医となると、さらにその役割は大きくなると思います。さまざまなお悩みを抱えた患者さまのプライマリ・ケア(初期治療)を担っていますので、まずは何でも相談していただける雰囲気をつくることが大切だと思います。

脳梗塞や心筋梗塞、腎不全を起こさないため早期発見・早期治療に取り組む

高血圧症の治療を進めるにあたって気を付けていることは何ですか?
しもむら内科クリニック 高槻駅 高血圧症の治療を進めるにあたって気を付けていることは何ですか?の写真
高血圧症の原因はさまざまで、遺伝的因子のほか、食塩の過剰摂取のような環境因子も原因となります。また、加齢とも関係があり、男性の場合は40~50代から、女性の場合は60代頃から血圧が上昇する方が多いようです。女性の場合は、女性ホルモンであるエストロゲンが血管の老化を予防するため、男性よりも高血圧が現れる年齢が遅いのです。

高血圧症は自覚症状がないため、健診で指摘されても治療せずにいる方や、途中で治療をやめてしまう方がいらっしゃいます。しかし、高血圧症を治療せずに放置していると、動脈硬化が進行し、将来、脳梗塞や心筋梗塞など発症するリスクが高まります。

自覚症状がないことで、「治療しなければいけない」と自発的に思われる方はあまり多くありません。そのため、治療を始める際には、動脈硬化や脳梗塞・心筋梗塞などのリスク、治療しないでいるとどうなる恐れがあるのかといったことを丁寧に説明することで、治療を継続していただくように心がけています。病態に応じた薬を選択し、治療についてご理解していただけるよう説明をしています。
糖尿病の治療を行う上で大切にしていることがあれば教えてください。
しもむら内科クリニック 高槻駅 糖尿病の治療を行う上で大切にしていることがあれば教えてください。の写真
糖尿病も、高血圧症と同じように初期の段階では自覚症状があまりありません。治療せずにいると動脈硬化が進み、脳梗塞や心筋梗塞を起こすリスクが高くなるほか、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害などの合併症を引き起こす恐れがあります。これらの合併症を起こさないためには、早期発見・早期治療を行って、コントロールしていくことが大切です。

当クリニックでは、血糖値とHbA1cの数値は、受診当日にお伝しています。検査から1カ月経ったデータを使ってコントロールするのでは遅いのです。検査結果をその日のうちに把握して、薬の種類や量を調整する必要があれば、検査当日に変更します。検査結果を速やかに出すことで、きめ細やかなコントロールにつなげているのです。

また、患者さまの生活習慣を細かく伺い、生活習慣の改善が必要であれば、アドバイスを行っています。ただし、最初からハードルの高い目標を設定してしまうと、途中で治療をやめてしまう恐れがありますので、患者さまの負担にならない目標を設定するように気を付けています。
慢性腎臓病も自覚症状があってから受診したのでは遅いのでしょうか?
しもむら内科クリニック 高槻駅 慢性腎臓病も自覚症状があってから受診したのでは遅いのでしょうか?の写真
慢性腎臓病は、高血圧症や糖尿病などの発症と深く関係している病気です。慢性腎臓病も、初期にはほとんど自覚症状がなく、症状からは気付きにくい疾患です。夜間尿、むくみ、倦怠感、貧血といった自覚症状が現れた時には、既に病気が進行した状態です。さらに病気が進行し腎機能が低下してしまうと、人工透析や腎臓移植などを行わなければなりません。

以前、勤めていた病院は人工透析も行っていたので、人工透析を導入する前の患者さまの血圧コントロールも担当していました。そのため、腎臓疾患の怖さについては、実感を持って理解していると思います。人工透析が必要な状態まで病気が進行してしまわないようにするためには、やはり早期発見、早期介入が大切です。

腎臓のはたらきを調べるには、推算糸球体濾過量(eGFR)という指標を使用します。これは、血液検査で確認できる血清クレアチニン値と、年齢、性別などを用いて計算する値です。健診結果を見ても、一般の方にはわかりにくいかと思いますので、心配な方はご相談いただければと思います。

患者さまにメリットのある医療を提供するためにアップデートを続ける医師

今後、力を入れていきたいことについて教えていただけますか?
しもむら内科クリニック 高槻駅 今後、力を入れていきたいことについて教えていただけますか?の写真
今後も、これまでと変わらぬ医療を患者さまに提供していきたいと考えています。今行っていることをこれからも継続し、患者さまにとってメリットのある医療を提供していくためには、自分自身の知識もアップデートし続けていかなければなりません。それは、我々医師にとって義務でもあると考えています。

医師の仕事は、経験則が必要になることもありますが、医学は日々進歩し続けていますので、我々も知識をアップデートしていくことが大切なのです。今後も、患者さまのために、たゆまぬ努力を続けていきたいと思っています。
知識をアップデートしつつ、診療モットーはかわらずに、ということですね。
しもむら内科クリニック 高槻駅 知識をアップデートしつつ、診療モットーはかわらずに、ということですね。の写真
そうですね。「If this patient is your mother?(もし、患者さまが自分の母親だったら、どのように診療をするのか)」は、もちろん、今後も私にとって大切な診療のモットーです。ここは譲れないところですね。恩師から受け継いだ、DNAのようなものです。今後も、この精神を忘れず、患者さまのことを家族のように思って、診療にあたっていきたいと思います。
最後に患者さまに向けてメッセージをお願いできますでしょうか?
しもむら内科クリニック 高槻駅 最後に患者さまに向けてメッセージをお願いできますでしょうか?の写真
患者さまの立場を尊重し、できるかぎりの治療を提供していきたいと考えています。生活習慣病は、進行しないと自覚症状が現れないことが多いのですが、自覚症状のない早期の段階で治療を始めることが大切です。

健診で異常を指摘されたら、まずはご相談していただきたいと思います。もしかしたら、治療の必要がないレベルの異常値かもしれません。実際、治療をしなくてよいケースも多いのですが、それは医師ではないと判断できませんので、自己判断せずにまずはご相談いただきたいと思います。

しもむら内科クリニックの基本情報

医院名 しもむら内科クリニック
診療科目 内科 循環器内科
診療内容

健康診断 胃がん検診 大腸がん検診

電話問合せ

0066-9801-0002860

電話問合せの注意事項 【必読】

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

住所
アクセス
  • 東海道本線(JR京都線)高槻駅 バス7分  高槻市営バス 藤の里停留所下車 徒歩1分
  • 京阪本線枚方市駅 バス15分  (1・1A系統)JR『高槻』行き、または(2系統)阪急高槻行き乗車、学校前停留所下車 徒歩4~6分
  • 阪急京都本線高槻市駅 徒歩16分 
  • 京阪本線御殿山駅 車18分 

駐車場有り(6台)

※6台分の駐車場がありますが、隣接の歯科医院と共有のため、
いっぱいになることがあります。

診療時間・休診日

休診日

木曜・日曜・祝日

土曜診療

9:00~12:30
13:30~15:30
17:00~19:00

※13:30~15:30は予約検査です。
休診日:木曜・日曜・祝日
木曜日は、大阪医科大学病院で診療のため、休診させていただきます。

電話番号

072-668-3152

特徴・設備

特徴
  • 院内感染対策
設備
  • バリアフリー 個室 駐輪場 駐車場
駐車場

駐車場有り(6台)

※6台分の駐車場がありますが、隣接の歯科医院と共有のため、
いっぱいになることがあります。

専門医
  • 日本内科学会認定 総合内科専門医
  • 日本循環器学会認定 循環器専門医
  • 日本東洋医学会認定 漢方専門医

対応可能な症状・疾患など

症状・疾患
  • 糖尿病
治療
  • 漢方 高血圧

関連リンク

掲載している情報についてのご注意

医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

 

お気に入りの登録上限に達しました。
登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ