若葉台眼科の科目・疾患

口コミ 4
写真 13
東京都稲城市若葉台2丁目4-4 (地図)
  • 土曜診療

若葉台駅[神奈川県]

若葉台眼科

電話問合せ

042-350-8077

 
 

科目・疾患

白内障に対して、多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術が可能。
(60代/女性/白内障)

60代の女性は目のかすみや視力の低下、日常生活で今まで以上にまぶしさを
感じるようになったという症状で当クリニックへご来院されました。

検査の結果、こちらの患者様は白内障ということが分かりました。

当クリニックは多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術を行うことができます。

こちらの患者様は手術が必要でしたので、後日改めてご来院いただきました。

白内障の手術では、目に専用のレンズを入れることが一般的です。
レンズには単焦点レンズと多焦点レンズの2種類があり、当クリニックでは患者様に
レンズの特性をご説明したうえでどちらのレンズを入れるか選択していただきます。

単焦点レンズは遠くか近くのどちらか一方を重視して見えやすくなり
多焦点レンズは遠近どちらにも焦点が合うため見える範囲が広くなります。

こちらの患者様は多焦点レンズを選択されました。

レンズの種類にかかわらず手術は日帰りで行うことができます。
手術の翌日には再検査をして、視力や眼圧などを確認致しました。
その後も経過観察のため、こちらの患者様にはしばらく通院いただきました。

※記載内容につきましては事例の一つであり、似た症状であっても
医師の判断により治療法が異なることもございます。





患者様の症状について、治療方針などを丁寧に説明致します。
(40代/男性/緑内障)

40代の男性は視野が全体的に狭くなる、視野が欠けるといった自覚症状を訴えて
当クリニックにご来院されました。

当クリニックではこのような患者様に対して、まず視野の検査を行い
同時に眼底カメラで患者様の目の状態を確認していきます。

各種検査の結果、こちらの患者様は緑内障であると診断致しました。

緑内障は治ることを目指す病気ではありません。
病気とうまく付き合いながら生活を送ることを目的に治療することを
患者様にご説明致します。

そのうえで、こちらの患者様には点眼薬を処方致しました。
こちらの点眼薬は眼圧を下げるためのもので、緑内障の進行を止める効果があります。


なお、緑内障治療を開始した後に患者様が忙しいなどの理由で治療が中断してしまうことが
ありますが、目に関する事なので治療を中断しないようにお願い致しました。

緑内障は継続的な治療が必要な病気のため、こちらの患者様には月1回を目安に
通院していただいております。

ご来院いただく度に検査を行い、点眼薬を処方しております。

※記載内容につきましては事例の一つであり、似た症状であっても
医師の判断により治療法が異なることもございます。

掲載している情報についてのご注意

医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

 

お気に入りの登録上限に達しました。
登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ