診療案内 | くにひろ社ノ木クリニック

口コミ 3
写真 25
福岡県北九州市門司区社ノ木1丁目7-24 (地図)
  • 土曜診療
ネット受付

電話問合せ 注意事項

0066-98010-000149

門司駅[福岡県]

くにひろ社ノ木クリニック

電話問合せ

0066-98010-000149

電話問合せについての注意事項【必読】

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

電話問合せについての注意事項【必読】

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

内科

地域の医院として皆さまのサポートをできる限りいたします。

地域密着のかかりつけの医院だからこそできる、各人にあわせた健康サポート

かぜ、インフルエンザ、アレルギー疾患、喘息などに伴う発熱や腹痛、息苦しさといった体の不調は突然やってきます。そんな時、既往歴やアレルギー、使っている薬、生活習慣などを理解しているかかりつけの医院であれば、落ち着いて治療を受けていただけると考えています。

また、高血圧症、糖尿病、脂質異常症など、生活習慣病と言われる慢性疾患は、特に自覚症状がないので、健康診断などで異常を指摘されるまで気がつかない例も多くあります。検診で注意を受けても、忙しい方ほど放置してしまいがちです。進行して脳卒中や心筋梗塞につながるリスクを回避するためにも、治療をしないとどういうことになるのか、具体的にリスクをイメージできるようお話して、治療開始のきっかけにしていただき、生活改善からサポートできるよう努めています。

なお、当院は地域のかかりつけの医院として、患者さまの既往歴だけではなく家族構成まで把握し、どなたと情報共有をすべきかスピーディに判断できるようにしています。これにより、家族一丸となって治療に取り組むことができるというわけです。

生活習慣病

普段の生活を変えられるようにサポートいたします。

生活習慣病は、運動不足、偏食、喫煙、ストレスや緊張など、普段の生活習慣から発症・進行する病気です。主な生活習慣病には、高血圧症、糖尿病、脂質異常症などが挙げられます。これらは特に大きな症状がないことから、治療を受けていない方が多くいらっしゃいます。健康診断、人間ドックなどで毎年のように異常を指摘されても、同じことの繰り返しで具体的なリスクまでイメージできていない場合が多いのです。

しかし、放置しておくと合併症を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞などへ進展するおそれがあります。早期発見ときちんとした治療が必要です。

当院では、まず生活指導や食事療法など、日常生活の中で取り入れやすいことから行っていきます。そのうえで必要なお薬を服用するなど、経過を追いながら診療していきます。定期的に通院するだけでも、悪い生活習慣を見直す機会になり、無理なく改善する近道となります。

禁煙治療

禁煙治療では、肺年齢、肺活量の検査をしています。肺機能検査をもとに肺年齢を測定すると、実際の年齢は40歳でも、肺年齢はもう60歳です、といったことがわかります。
そういう検査をすることで、普段からかぜが長引くと思っていたことが、実はタバコの影響で症状が出ていたというようなことも分かってきます。

生活習慣病と同じで、日常生活的にはそう不自由がなく特に自覚はないけれど、実際の肺の働きはだいぶ落ちてきている方も多くいらっしゃいます。その状態を実際にご自身で見ることが、禁煙治療のきっかけになることもあります。

当院はかかりつけの医院を基本としていますので、普段から喫煙されているかどうかなども把握できるため、禁煙治療の目的で来院される方だけでなく、患者さまの症状にあわせて禁煙治療をおすすめする例もあります。

禁煙される方で、当院では1年後に禁煙が続く方は半分ぐらいです。ニコチン依存症の方は薬の処方で治療できますが、ストレス対策でタバコを吸っている方は、再喫煙してしまうと止めるのが難しくなってしまいます。
禁煙治療は大体3ヵ月の通院なのですが、その間にストレスにどう対処するかというアイディアをお伝えして、なるべく再喫煙しないように意識して治療を進めています。
禁煙は一度やめること、そして、再度吸わないことが大事ですので、治療期間の先まで見据えたサポートを意識しています。

訪問診療

火曜日・金曜日・土曜日の12時から15時まで、在宅療養をされている方や、寝たきりの方など、なかなか通院できず受診できない方のために、訪問診療を行っています。

人工呼吸器のように、自宅でもいろいろな医療機器を使っている方がいらっしゃいます。麻酔科医としてそういった機器にも経験があり、それを生かした訪問診療によって、地域で困っている方を診ていきたいと考えています。

入院でなければ対応が難しい機器を使っている方にも、家で落ち着いて過ごしていただけるよう、できる限りの対応を心がけています。総合病院との連携なども取り入れながら、なるべく家で多くの時間を過ごしたいという患者さまのお気持ちを大切に診療したいと考えています。ご本人が直接病院に来られない場合も、家族の方から訪問診療のご相談をくだされば対応いたします。

ペインクリニック内科

痛みは幅広いです、さまざまな痛みのご相談をしてください。

麻酔科での経験を生かし、生活の質を下げる痛みに対応

肩こり、五十肩、腰痛、変形性膝関節症、頭痛、帯状疱疹後の神経痛、外傷や手術後の痛みなど、さまざまな痛みの診断と治療を行っています。まず痛みの原因を追及し、原因にあわせて、硬膜外ブロックや星状神経節ブロックなどの治療や、西洋薬や漢方薬などの薬の処方を行います。マイクロ波や電気刺激によって痛みを軽減するリハビリテーションなどと組み合わせることもあります。

どういう時にペインクリニックにかかればよいか迷われる方も多いですが、例えば、骨には異常がないと言われるが痛みがある時や、痛みによって生活の質が落ちていると感じる時には受診されるとよいと思います。生活の質を下げてしまうようなさまざまな「痛みの症状」に幅広く対応いたします。

頭痛治療

待合室にはパンフレットなどがございます、お気軽にごらんください。

多くの人が悩んでいる頭痛ですが、病院に行かずに我慢し、市販の薬だけで対処している方も多くいらっしゃいます。軽く考えず、ひどい症状になる前に早めに診療を受け、治療を受けることが大切です。吐き気が強く動けなくなるような「片頭痛」や、ストレスなどから起こる「緊張性の頭痛」、頭痛の強い症状など、種類や症状もさまざまです。

当院では、患者さまの症状のタイプがどのようなものかをきちんと把握したうえで、日常生活に影響が出ないような対処の仕方を考えます。薬の処方だけでなく、生活指導などから不快感の原因を見つけ治療を行っています。我慢したまま悪化しないよう、例えば週に1回以上、または月に5回以上、薬を飲まないといけないような状況になっている場合は、治療を始めることをおすすめします。

腰痛

ひとことで「腰痛」といっても、その種類や原因、症状はさまざまです。例えば「ぎっくり腰」は、基本的には骨には問題がありません。高齢者の方であれば、骨粗しょう症で骨がもろくなって、圧迫骨折を起こしてしまう例もあります。骨粗しょう症があるから、骨がつぶれてしまって痛みがある場合もあります。治療についても、個々の症状にあわせた対処が必要です。腰の痛みに関しては、基本的には、神経ブロック、薬の内服、リハビリテーションの3つをメインに治療を行っていきます。

多くは、腰痛の程度で治療が変わってきます。腰に痛みがあると、骨に異常があるのではと考えられる方も多いですが、そうではないことも多く、いわゆる「生活習慣病」に近いものがあります。動きの癖や生活習慣で、腰に負担がかかっている場合には、そこから改善すれば痛みがやわらぐこともあります。
ご自身の腰の痛みがどういうものなのか、骨密度を測ったり、レントゲンを撮ったりして確認することも治療の大切な一歩だと考えています。

掲載している情報についてのご注意

医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

 

お気に入りの登録上限に達しました。
お気に入りに登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ