専門医インタビュー

桜川よしえクリニックの専門医インタビュー(金子 良恵先生)

口コミ 30
写真 21
大阪府大阪市浪速区桜川2-2-31 ザクロコーポレーションビル1F (地図)
  • 土曜診療
ネット受付
0066-9809-0025408

電話問合せの注意事項【必読】

桜川駅(Osaka Metro)[大阪府]

桜川よしえクリニック

電話問合せ

0066-9809-0025408

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 
桜川よしえクリニック 桜川駅(Osaka Metro)_専門医インタビュー(金子 良恵先生)の写真 一人ひとりの不安に親身に寄り添い、専門知識を生かした治療を提供する医師
院長 金子 良恵
取材日:2021年11月18日

金子 良恵先生(日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医)にインタビュー

より近い距離で患者さまをサポートできることが、開業医であることの魅力

医師になることは、子どもの頃からの夢だったのでしょうか?
桜川よしえクリニック 桜川駅(Osaka Metro) 医師になることは、子どもの頃からの夢だったのでしょうか?の写真
はい。皮膚科の医師である父の姿を見て育ったため、小さな頃から医師になりたいと思っていました。ただ、医学部で学んでいた頃は内科の医師を目指しており、皮膚科に進もうと決めたのは卒業してからです。内科をローテーションで勤務させていただく中で、湿疹などの皮膚疾患を併発される患者さまが多くいらっしゃり、そういった症状に対し素早く適した検査・治療をされる皮膚科の先生方を見て、皮膚科に興味を持ちました。治療の結果、症状が良くなったかどうかが目で見て分かる点も、皮膚科の魅力だと感じています。
勤務医時代の経験で、今につながっていることはありますか?
桜川よしえクリニック 桜川駅(Osaka Metro) 勤務医時代の経験で、今につながっていることはありますか?の写真
皮膚科の医師が一人しかいない、という環境の中で試行錯誤しながら診療経験を積めたことが、今につながっていると思います。当時は今のような臨床研修医制度がなかったため、特に医師になりたての頃は分からないことが多くありました。そのため、一日診療をした後に大学に戻って先輩に相談したり、自分でいろいろと調べたりと、一生懸命工夫しながら診療したことが開業した現在に生かされています。

また私は、皮膚リンパ腫の研究や、皮膚外科の専門的な手術などに興味があったのですが、結婚・出産などを考え、大学院には進まないという選択をとりました。その分、一般臨床経験を積むことができたこと、女性の患者さまに対しライフステージに寄り添った診療ができることは学びになったと感じています。
開業の経緯や、先生が感じる勤務医時代との違いを教えてください。
桜川よしえクリニック 桜川駅(Osaka Metro) 開業の経緯や、先生が感じる勤務医時代との違いを教えてください。の写真
開業をしたのは、以前一緒に働いていた先輩医師の方から物件のご紹介をいただいたことがきっかけです。当クリニックから少し行った場所にある物件だったのですが、この地域の落ち着いた雰囲気が気に入り開業することに決めました。その後、今の場所に移転したのですが、2階から1階になったことで、ベビーカーや車いすをお使いの方にもお越しいただきやすくなりました。

勤務医時代との違いは、より近い距離で患者さまのサポートができることです。患者さまの数が多い総合病院では、薬を3カ月分処方することなどは珍しくないのですが、今は「調子が悪いから一週間ごとに通います」と言ってくれる患者さまがいらっしゃったり、重症化した蕁麻疹の点滴治療のために毎日の通院をご提案したりと、より近い距離で患者さまを見守れます。

また、違いというわけではありませんが、近くの連携病院と信頼関係を築けているのはありがたいことだと感じています。「何かあったらすぐ受け入れますよ」とおっしゃっていただける医師の方々がいることで、必要に応じて専門医療機関をご紹介する際も、不安なくお任せすることができています。

専門知識を生かして検査・治療を行うとともに日常生活のアドバイスにも注力

アトピー性皮膚炎の治療では、どのようなことを心がけていますか?
桜川よしえクリニック 桜川駅(Osaka Metro) アトピー性皮膚炎の治療では、どのようなことを心がけていますか?の写真
アトピー性皮膚炎は、早ければ乳児期から発症する慢性的な病気です。症状の出方は患者さまによってさまざまで、年齢を重ねることで症状が治まる方もいらっしゃれば、一度寛解したものの成人になって再度悪化する場合もあります。

当クリニックで大切にしているのは、患者さまのライフスタイルや治療に対するご希望などをお聞きし、その方に合った治療をご提供することです。アトピー性皮膚炎の悪化にはストレスの影響もあるため、急に悪化した方に対してはただお薬を処方するだけでなく、受験や就職といった生活の変化などをお聞きしています。

また、ステロイド薬に抵抗をお持ちの患者さまに対しては、ステロイド薬のご説明はもちろん、非ステロイド薬の処方も行います。日々のケアが大切なため、お薬の塗り方なども丁寧にお伝えしています。
俗に水虫やたむしとも呼ばれる白癬の治療は、どのように進めていきますか?
桜川よしえクリニック 桜川駅(Osaka Metro) 俗に水虫やたむしとも呼ばれる白癬の治療は、どのように進めていきますか?の写真
白癬の診療では、顕微鏡検査を欠かさないようにしています。白癬は、皮膚の表面であればどこにでも発症しうる病気であり、似た症状の別の病気も複数あるため、目で見ただけでは診断が難しい病気だからです。また、ご家庭での足ふきマットやスリッパからの感染のほか、犬や猫などから感染することもあります。患者さまからお話を聞くとともに、顕微鏡で白癬菌がいないかどうかを確認することで、正しく診断できるよう努めています。

治療に関しては、抗菌薬の処方のほか、生活におけるアドバイスにも力を入れています。「温泉やプールに行った後は、ご自宅でよく足を洗ってね」ということや、汗をかきやすい方には5本指ソックスで通気性をよくすることをご提案しています。また、スリッパは共用ではなく家族それぞれで分けるといったお話もするなど、症状改善だけでなく再発予防にもつながるご説明を心がけています。
マスク生活になり、ニキビでご来院なさる方は増えているのでしょうか?
桜川よしえクリニック 桜川駅(Osaka Metro) マスク生活になり、ニキビでご来院なさる方は増えているのでしょうか?の写真
そうですね。ニキビ(尋常性ざ瘡)は、毛穴のつまりと皮脂の分泌が多いことにより引き起こされる症状なのですが、マスクで覆われている部分にニキビができてお越しになる方が増えたという印象があります。当クリニックでは、9、10歳くらいのお子さまから、50代の方まで、幅広い年齢の方が治療にお越しくださっています。

治療の基本は、毛穴のつまりを改善する塗り薬と、アクネ菌の炎症に作用する抗生物質です。患者さま一人ひとりの症状の度合いや原因に合わせて処方しています。抗生物質を長く飲み続けることは、「耐性菌」と呼ばれる、薬が効かない菌の出現にもつながります。そのため、投与期間をできるだけ短くできるよう、食事や洗顔など日常生活においてのアドバイスも丁寧に行っています。また、毛穴にたまっている皮脂を押し出す「面皰圧出」という処置も行っています。ご自身でニキビをつぶしてしまうのは、炎症をひどくしてしまう恐れがありますので、ニキビが気になって触ってしまうという方はぜひご相談ください。

より良い治療をご提案できるよう、新しい治療法についての学びを深める

クリニックとして、今以上に力を入れていきたいことはありますか?
桜川よしえクリニック 桜川駅(Osaka Metro) クリニックとして、今以上に力を入れていきたいことはありますか?の写真
皮膚科の治療に関しては「桜川よしえクリニックに行けば大丈夫」と思っていただけるよう、幅広い治療に対応していきたいと思っています。一般的な皮膚科の診療以外にも、例えば紫外線療法や金属パッチテストにも対応していますので、肌のお悩みがある際はぜひお越しください。外科的な皮膚の小手術にも対応しています。

また、当クリニックでは診療の際は医療クラークの方に同席していただいています。医療クラークとは、医師の事務的作業をサポートするスタッフのことです。クラークさんに同席していただくことで、問診や施術内容をより詳細にカルテに記載できるようになり、お薬の処方も抜け漏れなく行えるようになります。そういった工夫をすることで、お越しになる方々の待ち時間短縮や治療の充実度アップにつなげていきたいと考えています。
皮膚科領域全体では、注目していることや注力していることはありますか?
桜川よしえクリニック 桜川駅(Osaka Metro) 皮膚科領域全体では、注目していることや注力していることはありますか?の写真
年々新しいお薬が出てきているので、そういった情報の習得を怠らず、良いものは率先して取り入れていきたいと思っています。例えば、最近ではアトピー性皮膚炎に対する生物学的製剤が出てきています。これまでの治療では思うような改善がなかった方にも作用が見込めるなど、メリットがある治療法です。コロナ禍でなかなか自由に出歩くことはできませんが、オンラインも活用するなどして、そういった新しい医療情報に関する研さんを積んでいきたいと考えています。
では最後に、皮膚科の医師として患者さまへメッセージをお願いします。
桜川よしえクリニック 桜川駅(Osaka Metro) では最後に、皮膚科の医師として患者さまへメッセージをお願いします。の写真
地域のかかりつけの皮膚科として、迅速な相談対応、処置、治療を心がけています。お肌や爪などにトラブルをお持ちの場合は遠慮なくご相談ください。

「日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医」として、皮膚に特化した、専門知識を生かした診療をご提供いたします。

桜川よしえクリニックの基本情報

医院名 桜川よしえクリニック
診療科目 皮膚科 アレルギー科 美容皮膚科
標榜科目 皮膚科 アレルギー科 美容皮膚科
診療内容

インフルエンザ予防接種

ネット受付
電話問合せ

0066-9809-0025408

電話問合せの注意事項 【必読】

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

住所
アクセス
  • 千日前線桜川駅(Osaka Metro)7番出口 徒歩1分 
  • 千日前線なんば駅(Osaka Metro) 徒歩5分 
  • 阪神なんば線桜川駅(阪神) 徒歩5分 
  • 南海汐見橋線汐見橋駅 徒歩5分 
  • 関西本線(大和路線)JR難波駅 徒歩6分 
診療時間・休診日

休診日

木曜・日曜・祝日

土曜診療

9:30~12:30
16:00~18:30
電話番号

06-4392-8388

特徴・設備

特徴
  • 院内感染対策
待合室
  • 空気清浄器 加湿器
待ち時間対策
  • 順番・受付番号発券機 順番・受付番号・待ち人数表示の院内モニター 携帯電話での順番待ちの状況確認サービス
設備
  • バリアフリー 駐輪場 手術設備
サービス
クレジットカード利用可

自由診療のみ対応可

専門医
  • 日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医

対応可能な症状・疾患など

症状・疾患
  • 巻き爪/陥入爪
  • 腋臭(わきが)・多汗症
  • アレルギー(大人)
  • ニキビ
  • 熱傷
  • 真菌症
  • 掌蹠膿疱症
  • ケロイド
治療
  • アトピー性皮膚炎
  • レーザー(あざ/ほくろ)

掲載している情報についてのご注意

医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

 

お気に入りの登録上限に達しました。
登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ