ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

体重減少症状から病気を調べる

意図しない「体重減少」症状は、主に食事の量を減らしたり運動量を増やしたりしたわけでもないのに体重が減る、周囲から痩せたと言われる、食欲不振が続き体重が減る、急激に体重が落ちるなどの状態にあたります。
疑われる病気は、甲状腺機能亢進症、糖尿病、悪性腫瘍、肺結核などが考えられます。
主な受診科目は、内科、内分泌内科、糖尿病内科、消化器内科、呼吸器内科です。
医院・クリニックでは甲状腺機能亢進症が疑われる場合には問診、血液検査、心電図、超音波検査など、糖尿病が疑われる場合には問診、血液検査、悪性腫瘍では血液検査、上部消化管内視鏡検査、上部消化管造影検査、超音波内視鏡検査、画像検査など、肺結核が疑われる場合には問診、血液検査、細菌検査、画像検査などを実施する可能性があります。
症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。
症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。

体重減少症状に関する記事