ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

性欲が低下している症状から病気を調べる

「性欲が低下している」症状は、主に今までは人並みに通常通り性欲を感じていたものが急に性欲を感じなくなった、性欲が上がるような気分にならない、性に対する話がストレスに感じる、異性やパートナーを見たり触ったりしても気分が高揚せず何も感じない、健康や体、精神の状態に不安があり性欲がわかなくなったなどの状態にあたります。
疑われる病気は、仮面性うつ病、内因性うつ病、外因性うつ病、双極性うつ病、単極性うつ病、生活習慣病などが考えられます。
主な受診科目は、心療内科、精神科、泌尿器科、内科です。
医院・クリニックでは「性欲が低下している」症状を訴えた場合、問診、血液検査などを実施する可能性があります。
症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。
症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。