ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

鼻がつまる症状から病気を調べる

鼻がつまる

「鼻がつまる」症状は、主に鼻に鼻水がつまり、鼻につまった鼻水を出すために鼻をかんでも、なかなかスッキリ出し切れません。鼻呼吸をすることが辛くなり、呼吸を行うのに口呼吸を必要とします。横になって眠っても鼻つまりで、息をするのが辛く、深い眠りをとることができません。また、さらに鼻つまりは、匂いを感じにくくなり、食事をしても味がわからないなどの状態にあたります。
疑われる病気は、急性鼻炎、慢性鼻炎、蓄膿症、感冒(風邪症候群、風邪)、流行性感冒(インフルエンザ)などが考えられます。
主な受診科目は、耳鼻咽喉科、内科です。
医院・クリニックでは鼻がつまるが疑われる場合には問診、触診、画像検査など、慢性鼻炎、急性鼻炎が疑われる場合には、問診、鼻腔ファイバースコープ、画像検査(副鼻腔レントゲン、CT検査、MRI検査)、血液検査、皮膚テストなど、蓄膿症が疑われる場合には、問診、鼻腔ファイバースコープ、画像検査(副鼻腔レントゲン、CT検査、MRI検査)など、感冒(風邪症状)が疑われる場合には、問診、聴診、触診、胸部レントゲン検査など、流行性感冒(インフルエンザ)が疑われる場合には、問診、インフルエンザ迅速検査、血液検査などを実施する可能性があります。
症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。
症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。

鼻がつまる症状に関する記事