ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

皮膚の発疹・かゆみ症状から病気を調べる

皮膚の発疹・かゆみ

「皮膚の発疹、かゆみ」症状は、主に皮膚に赤み、プツプツしたできものができ、かゆみを伴います。顔やデコルテなどの見える部分に出ることもありますが、肘関節や膝の裏など柔らかい部分に症状が現れることもあります。

発疹は、赤や白などの色があることもあり、痒くて掻くことで皮膚より出血、発疹と共に発熱するなどの状態にあたります。

疑われる病気は、乾燥性湿疹、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、手足口病などが考えられます。
主な受診科目は、皮膚科、内科です。

医院・クリニックでは皮膚の発疹、かゆみがある場合には問診、視診、触診など、乾燥性湿疹、じんましん(蕁麻疹)、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎が疑われる場合には、問診、触診、視診、血液検査など、手足口病が疑われる場合には、問診、視診、触診、迅速検査などを実施する可能性があります。

症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。

皮膚の発疹・かゆみ症状に関する記事