ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

鼻水が出る症状から病気を調べる

鼻水が出る

「鼻水が出る」症状は、主に鼻の穴から鼻水と言われる液体が出ることです。異物侵入、ウイルス感染や風邪の初期症状には、サラサラとした水のような鼻水、風邪の治りかけには、黄色や緑色といったネバつきのある鼻水が出ることがあります。また、花粉症やアレルギー体質により鼻水が止まらないなどの状態にあたります。
疑われる病気は、慢性副鼻腔炎、花粉症、アレルギー性鼻炎、蓄膿症、感冒(風邪症候群、風邪)などが考えられます。

主な受診科目は、耳鼻咽喉科、内科です。
医院・クリニックでは鼻水が出るが疑われる場合には問診、触診、画像検査など、慢性副鼻腔炎、蓄膿症が疑われる場合には、問診、鼻腔ファイバースコープ、画像検査(副鼻腔レントゲン、CT検査、MRI検査)など、花粉症、アレルギー性鼻炎が疑われる場合には、問診、鼻腔ファイバースコープ、画像検査(副鼻腔レントゲン、CT検査、MRI検査)、血液検査など、感冒(風邪症状)が疑われる場合には、問診、聴診、触診、胸部レントゲン検査などを実施する可能性があります。
症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。
症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。

鼻水が出る症状に関する記事