ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

下腹部が痛い症状から病気を調べる

下腹部が痛い(通常時)

「下腹部が痛い」症状は、主に生理による生理痛ではなく、生理以外の期間に下腹部に断続的に腹痛を感じる、急に下腹部に痛みを感じ、その痛みが治まらない、腹部に少しの痛みを感じていたのが徐々にきつい痛みに変わってきた、下腹部痛により嘔吐や下痢などの症状がある、腹部にチクチクとした痛みを感じるなどの状態にあたります。
疑われる病気は、子宮筋腫、子宮頸がん、性行為感染症(クラミジア、淋菌など)、子宮外妊娠、便秘などが考えられます。
主な受診科目は、婦人科、内科です。
医院・クリニックでは下腹部が痛い(通常時)と訴える場合には問診、妊娠検査、触診、超音波診断などで診断することが多く、子宮筋腫、子宮頸がんが疑われる場合には問診、妊娠診断、触診、超音波診断、画像診断(MRI)、腫瘍マーカーなど、性行為感染症が疑われる場合には問診、血液検査、膣分泌物検査など、子宮外妊娠が疑われる場合には問診、妊娠検査、触診、超音波診断など、便秘が疑われる場合には、問診、腹部触診、X線検査などを実施する可能性があります。
症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。
症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。