ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

月経不順・月経がこない症状から病気を調べる

「月経不順・月経がこない」症状は、主に生理周期は、健康な女性の場合、目安として25~38日が基準となっていますが、このペースとは異なった間隔で、生理が来る場合を指します。疾病が原因だけではなく、生理が始まったばかりの頃は、期間が乱れることも考えられます。また、閉経に体が、向かっていると周期や出血量に変化が表れやすくなる傾向があります。このように生理不順は、一定の間隔で、来るはずの生理の間隔が長くなる、もしくは、短くなるなどの状態にあたります。
疑われる病気は、子宮筋腫、子宮腫瘍、更年期障害、頻発月経、無月経などが考えられます。
主な受診科目は、婦人科、産婦人科です。
医院・クリニックでは生理不順が疑われる場合には問診、妊娠検査、触診、超音波診断などで診断することが多く、子宮筋腫、子宮腫瘍が疑われる場合には問診、妊娠診断、触診、超音波診断、画像診断(MRI)、腫瘍マーカーなど、更年期障害が疑われる場合には、問診、血液検査、超音波検査など、頻発月経が疑われる場合には問診、妊娠検査、触診、超音波診断、画像診断(MRI)など、無月経が疑われる場合には、問診、妊娠検査、触診、超音波検査、血液検査などを実施する可能性があります。
症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。
症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。

月経不順・月経がこない症状に関する記事