ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

吐血・血を吐く症状から病気を調べる

「吐血、血を吐く」症状は、主に胃や食道などの消化器官で出血した血液を口から吐いてしまいます。咳をした際に痰に血が混ざっている程度の量であれば吐血とは呼びません。内臓疾患の場合、吐血の他にも腹痛が続いている、貧血症状が現れることもあります。また、心痛やストレスにより胃や食道に負担がかかり、胃に穴が空いたなどの状態にあたります。
疑われる病気は、胃、十二指腸潰瘍、マロリーワイス症候群、食道炎、食道静脈瘤破裂、食道がん、胃がんなどが考えられます。
主な受診科目は、消化器内科です。
医院・クリニックでは胸やけ、吐血、血を吐く場合には問診、内視鏡検査など、胃、十二指腸潰瘍、食道炎が疑われる場合には、問診、内視鏡検査、バリウム検査など、マロリーワイス症候群では問診、内視鏡検査、食道静脈瘤の破裂が疑われる場合には、問診、内視鏡検査など、食道がん、胃がんが疑われる場合には、問診、バリウム検査、内視鏡検査、CT検査、PET検査などを実施する可能性があります。
症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。
症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。

吐血・血を吐く症状の病気

吐血・血を吐く症状に関する記事