ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

頭が痛い症状から病気を調べる

頭が痛い

「頭が痛い」症状は、主に頭がズキズキする、ガンガンする、頭が締めつけられるように痛む、目の奥が痛い、ずんずんと響くように痛むなどといった痛みが、頭のさまざまな箇所で起こる状態を指します。また、おでこや、こめかみが痛い時も頭が痛いと表現することもあります。これらの頭に関する痛みで気分がすぐれないなどの状態にあたります。
疑われる病気は、片頭痛、緊張性頭痛、副鼻腔炎、くも膜下出血、風邪症候群などが考えられます。
主な受診科目は、内科、耳鼻咽喉科、脳神経内科です。
医院・クリニックでは頭が痛いと訴える場合には問診、CT検査、MRI検査など、片頭痛や緊張性頭痛が疑われる場合には、問診、CT検査、MRI検査など、副鼻腔炎が疑われる場合には、問診、鼻腔ファイバースコープ、画像検査(副鼻腔レントゲン、CT検査、MRI検査)など、くも膜下出血が疑われる場合には、問診、CT検査、MRI検査など、風邪症候群が疑われる場合には問診、聴診、触診、胸部レントゲン検査などを実施する可能性があります。
症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。
症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。

頭が痛い症状に関する記事