ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

便秘・便が出にくい症状から病気を調べる

便秘・便が出にくい

「便秘、便が出にくい」症状は、主にお腹から便が出るような感覚があり、トイレに行くものの便が出ない、お腹が張る、食事量はいつもと変わらないのに何日も便意を感じない、便が出ても少量であることもあります。また、元々の食事量が少ない場合や常に緊張している、リラックスすることができない状態が続いていて便意を感じないなどの状態にあたります。
疑われる病気は、弛緩性便秘、過敏性腸症候群、大腸癌、うつ病、甲状腺機能低下症などが考えられます。
主な受診科目は、消化器内科、心療内科、内分泌内科などです。
医院・クリニックでは「便秘、便が出にくい」症状を訴えた場合、問診、腹部レントゲン検査、弛緩性便秘、過敏性腸症候群、大腸癌が疑われる場合には、問診、腹部レントゲン検査、血液検査、内視鏡検査、注腸レントゲン検査など、うつ病が疑われる場合には問診、カウンセリングなど、甲状腺機能低下症が疑われる場合には、甲状腺機能低下症が疑われる場合には、問診、血液検査、超音波検査、CT検査やPET検査などを実施する可能性があります。
症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。
症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。