ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

大谷和正 先生

大谷 和正先生

おおたにクリニック

和歌山県御坊市名田町野島1-7

医院HP(PC)

医院HP(SP)

メッセージ

開業して20年を越えました。
小児科だけなら、診ていた患者さんは立派な大人になっておられますが、開業当時60歳以上であった患者さんの多くは鬼籍に入られました。
先日も当初からなじみの患者さんのお一人がそんな話をされて、診察室を出ていかれました。
地域に生き、地域で診療することは、そんな感慨を反芻しながらの歩みだと思っています。
専門医として、てんかんや発達障害の患者さんの相談にのる時にもそのような気持ちを忘れず、しっかり治療することとその方の人生を見据えることをモットーにしていきたいと考えています。

専門科目

内科
心療内科
神経内科
小児科
リハビリテーション科

経歴

1977(昭和52)年大阪大学医学部卒業。
同大附属病院
小児科関連病院 第2薬理学
大阪府衛生部
国立療養所静岡東病院(現 国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター)小児科
府立母子保健総合医療センター(現 府立病院機構大阪母子医療センター)小児神経科を経て、1996年おおたにクリニック開設、現在に至る。

資格・所属学会など

日本小児科学会認定 小児科専門医
日本小児神経学会認定 小児神経専門医

執筆・監修記事

病気

  • 側頭葉てんかん

    側頭葉てんかんとは、大脳葉の側頭葉とよばれる場所に起因しておこるてんかんのことです。また、側頭葉てんかんは病変が側頭葉の内側か外側かよっても症状が異なります。側頭葉は、言語処理や記憶処理、聴覚処理、物事の判断、感情の制御などにかかわる機能を持つため、さまざまな症状がおこります。

    更新日: 公開日:

  • 点頭てんかん

    点頭てんかんはちょうど座れるくらいになった赤ちゃんに多く確認されるてんかんです。 点頭とは「うなずく」という意味があり、てんかんの症状がうなずいているように見えるため、点頭てんかんと呼称されています。原因は遺伝や胎児期に起因するもの、脳障害、原因不明のものがあります。後遺症として知的障害…

    更新日: 公開日: