この記事の監修・執筆者
なごみクリニック 院長 武井智昭 先生
院長武井智昭先生の写真

2002年 慶應義塾大学医学部を卒業
2002年 慶應義塾大学病院 にて小児科研修
2004年 立川共済病院勤務
2005年 平塚共済病院小児科医長として勤務
2010年 北里大学北里研究所病原微生物分子疫学教室勤務
2012年 横浜市内のクリニックの副院長として勤務
2017年 「なごみクリニック」院長に就任

小児科専門医・指導医
日本小児感染症学会認定 インフェクションコントロールドクター(ICD)
臨床研修指導医(日本小児科学会)
抗菌化学療法認定医

全人的な医療を心がける。病気・障害と付き合い「地域に住む方が、健康面で安心して生活を続けるお手伝いをする、支える医療」を目指す。

目次

赤ちゃんの百日咳は重症化しやすい

百日咳は、年齢や性別に関係なく、抗体がなければ感染するおそれのある感染症で、赤ちゃんが感染すると重症化するおそれがあります。

最近では4種混合ワクチンの普及により、発症する可能性は減っています。

赤ちゃんの診療風景

赤ちゃんは呼吸を止めているような症状も出る

百日咳は、感染者の年齢が低いほど症状にばらつきがあり、一定ではありません。

乳幼児の場合は、咳ではなく呼吸を止めているような症状が出ることもあるため、注意が必要です。

咳の症状が出る場合は、徐々に咳の回数が増えていき、2~3週間のあいだに「短い咳が連続で起こる」「息を吸うときに笛のようなヒューっという音が出て顔を赤くする」という状態になります。

▼参照元
病気スコープ:百日咳

予防につながるワクチンの接種

厚生労働省によると、ワクチンを接種することで、百日咳にかかるリスクが80~85%減ることが公表されています。

各市町村が主体となって定期の予防接種をおこなっているので、お住まいの地域の予防接種担当課に相談してみてください。

予防接種の標準的なスケジュール

〈1期〉
初回接種:生後3ヶ月~12ヶ月のあいだに3回。20~56日までの間隔をおく。

追加接種:3回目の接種から、半年以上(標準として1年~1年6ヶ月)の間隔をおいて1回接種。

▼参照元
厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/whooping_cough/index.html

全国の小児科クリニック・病院情報

小児科をお探しの方は、こちらの情報をご覧ください。お近くの地域に絞って探せます。

日本のイラスト

◆北海道・東北の小児科一覧はこちら
北海道青森県秋田県岩手県山形県宮城県福島県

◆関東の小児科一覧はこちら
東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県

◆中部の小児科一覧はこちら
愛知県新潟県富山県石川県岐阜県静岡県福井県長野県山梨県

◆近畿の小児科一覧はこちら
大阪府京都府兵庫県奈良県滋賀県三重県和歌山県

◆中国・四国の小児科一覧はこちら
鳥取県島根県山口県広島県岡山県愛媛県香川県高知県徳島県

◆九州・沖縄の小児科一覧はこちら
福岡県佐賀県長崎県鹿児島県大分県宮崎県熊本県沖縄県

家族に感染の疑いがある場合は内科を受診

大人でも百日咳に感染する可能性があるため、気になる症状がある方は内科へ相談しましょう。

▼お近くの内科を探す

内科ボタン

まとめ

赤ちゃんが百日咳を発症すると重症化する可能性があります。呼吸に違和感がみられる場合や咳の症状が続いている場合は、医療機関へ相談してください。

百日咳に赤ちゃんが感染したら?乳幼児にみられる症状と予防法をご紹介
ベビママほっと。
2020-05-27T15:50:43+00:00
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
ベビママほっと。はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。