この記事の監修・執筆者
フェリシティークリニック名古屋 院長 河合隆志 先生
院長河合隆志先生の写真

医学博士
日本整形外科学会専門医
1997年 慶應義塾大学理工学部卒業
1999年 同大学院修士課程修了
2006年 東京医科大学医学部卒業
2006年 三楽病院臨床研修医
2008年 三楽病院整形外科他勤務
2012年 東京医科歯科大学大学院博士課程修了
2013年 愛知医科大学学際的痛みセンター勤務
2015年 米国ペインマネジメント&アンチエイジングセンター(インディアナ)他研修
2016年 フェリシティークリニック名古屋 開設

「患者さんのしあわせをお手伝いする」
“感動を刻むクリニック”を院是とする。
FELICITY(フェリシティー)は「幸福、至福」を意味し、診療では全身状態を細かくチェックしながら、全力でサポート。
患者さんの幸せ、人類社会の進歩発展のために情報発信を行い、貢献していく。

目次

意外と多い坐骨神経痛に悩む妊婦さん

妊婦さんが坐骨神経痛になる原因3つ

大きくなったお腹

お腹が大きくなると無意識に腰を反り、身体のバランスをとろうとします。

その行為は椎間板や脊柱管を圧迫することになり、それが坐骨神経へとつながっている神経を圧迫することで痛みを生じます。

女性ホルモン「リラキシン」の影響

出産に向けて骨盤を広げる働きのある「リラキシン」という女性ホルモンの働きによって、骨盤の靱帯や恥骨の結合を緩ませ、骨盤が開きます。その他にも、普段はあまり動かすことのない仙腸関節も緩ませます。

こういった非日常的な状態によって、骨盤や背骨などを支える筋肉が過剰に緊張し、神経を圧迫したり刺激したりしてしまうことで痛みを生じます。

梨状筋(りじょうきん)の緊張

坐骨神経のすぐ側を通る「梨状筋」というお尻にある筋肉が緊張することで、坐骨神経を圧迫したり引っ張ったりすることになり、痛みを生じます。

症状について

初期

お尻の両側、もしくは片側だけに痛みを生じます。

症状が進行すると

お尻からつま先に向かって痛みの範囲が広がっていきます。

症状が深刻化すると

しびれを感じるようになります。

妊娠中よりも産後の方が痛みやすい理由

どちらかというと、妊娠中よりも産後に痛みを感じる人の方が多いようです。産後の痛みやすい原因は次のようなことが考えられます。

インナーマッスルの衰え

妊娠中に伸びたインナーマッスルが産後に弛んだまま担ってしまうことが原因です。しかし、トレーニングをして鍛えれば回復します。

血行不良や貧血

血行が悪いと冷えや浮腫、痛みの原因となります。運動等で血流を良くすれば改善します。

関節の緩み

出産後しばらくは関節が緩んでいるため発症の原因になります。伸びた靱帯が戻るのには3ヶ月程かかります。

また、高齢出産や出産後の日頃の姿勢によっては、半年間以上も元に戻らないことがあります。

姿勢や動作

妊娠中

妊娠中は妊娠前よりも10kg前後体重が増えます。また、お腹が大きくなることで姿勢や動作に変化が出ます。

出産後

出産後も10ヶ月近い妊娠期間で身についた不自然な姿勢や動作が癖となり、元に戻らないこともあります。

子育て中

育児で前かがみの姿勢でいることが増えたり、座っている時間がながくなったり、子どもを抱き上げるといった動作も原因となります。

睡眠不足・ストレス・うつ・不安など

心身の疲労が蓄積すると、脳の鎮静機能が低下してしまいます。

妊婦さんが坐骨神経痛になったときの対処法

薬について

妊娠週数や体質、合併する疾病、デメリットより効果の方が上回るかなどを医師が考慮した上で、飲んでも大丈夫な薬もあれば、そうではないものもあります。
自己判断はせず、妊娠中の薬の服用は医師に相談してください。

湿布について

湿布についても、医師に確認をしましょう。

一部の湿布には、非ステロイド性消炎鎮痛薬が含まれているものもあり、それを使用することで、胎児に血液を送っている動脈管の血管が閉じてしまう可能性もあります。

そのため、第一類医薬品の湿布薬と第二類医薬品の湿布薬の一部は、妊娠中に使用してはいけないと厚生労働省が2014年に発表しています。

マッサージを受けても大丈夫?

お腹を圧迫しますので、うつ伏せになるようなマッサージは避けましょう。マタニティ向けのマッサージを受けられるところを選ぶようにしてください。

自分でできる対処法

対処法には次のようなものがあります。

寝るときの姿勢に気を付ける

お腹を圧迫しないよう、横向きで寝るのが良いでしょう。その際には、痛みを感じる方を上にするようにします。痛みがある方を下にしてしまうと、神経が圧迫される可能性があります。

また、筋肉が硬くなり、血行が悪くなることで症状が悪化することもありますので、長時間同じ体制で寝ないようにしましょう。

身体を温める

妊婦さんは、お腹周りの脂肪が増えているため冷えやすくなっています。血行をよくするため、入浴や蒸しタオルなどで身体を温めましょう。

ただし、温めることで痛みが生じる場合には、炎症が起きていることもあります。その際には、温めることを中止してください。

歩く

歩くことで身体が温まり、運動不足解消にもなります。関節が緩んでいるため、運動不足により筋肉が衰えると余計にグラグラしてしまいます。

正しい姿勢を心がける

姿勢が悪いと、骨盤や背骨に負担をかけます。正しい姿勢を心がけるようにしましょう。

病院は何科を受診する?

整形外科を受診してください。お尻に痛みなどの違和感が出はじめたら、早い段階で受診すれば悪化を防げる可能性が高くなります。

坐骨神経痛を整形外科で相談

全国の整形外科をお探しの方は、こちらの情報をご覧ください。

◆北海道・東北の整形外科一覧はこちら
北海道青森県秋田県岩手県山形県宮城県福島県

◆関東の整形外科一覧はこちら
東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県

◆中部の整形外科一覧はこちら
愛知県新潟県富山県石川県岐阜県静岡県福井県長野県山梨県

◆近畿の整形外科一覧はこちら
大阪府京都府兵庫県奈良県滋賀県三重県和歌山県

◆中国・四国の整形外科一覧はこちら
鳥取県島根県山口県広島県岡山県愛媛県香川県高知県徳島県

◆九州・沖縄の整形外科一覧はこちら
福岡県佐賀県長崎県鹿児島県大分県宮崎県熊本県沖縄県

まとめ

お腹が大きくなると動くのも大変になるため、病院にも行きにくくなります。

自分で症状を改善しようとすると、場合によってはお腹を圧迫し血流を悪くしてしまい、赤ちゃんに悪影響を及ぼすこともあります。

また、関節が緩んだ状態での自己流ストレッチは症状を悪化させる恐れがあるので注意しましょう。

坐骨神経痛に悩む妊婦さんは多い?原因や対処法ついて。湿布がNGな理由
ベビママほっと。
2020-03-23T12:38:22+00:00
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
ベビママほっと。はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。