この記事の監修・執筆者
医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック 理事長 岡村信良 先生
理事長岡村信良先生の写真

2006年 北里大学大学院卒
2008年 平塚共済病院内科医長を経て小田原銀座クリニックに入職、その後院長に就任
2013年 12月には当院久野銀座クリニックを開業

早期発見、早期治療を心がけ、健康で心豊かな人生を歩んでいただくことを願っており、内科・消化器内科を中心に幅広い情報の発信に努める。

目次

RSウイルスに大人がかかったときの症状は?

大人もRSウイルスに感染する可能性がある

夫婦と赤ちゃん

RSウイルスは、2歳までにほとんどの乳幼児が感染する感染症です。感染力が強く、ほとんどの人に感染経験があるため、すでに免疫がありますが、大人でも感染する可能性があります。

また、それは一度に限らず、何度でも感染する可能性のある病気の一つです。高齢の方や赤ちゃんなど、体力がない場合や、免疫が落ちている場合は1シーズンのうちに2回以上かかることもあります。

大人が感染したときの症状

大人は軽度の風邪程度で終わることが多い

マスクをする女性

もともと、RSウイルスは乳幼児が発症しても、重症化することが稀だと言われています。もちろん身体に持病があるなどの症状があれば、発症の度合いは変わりますが、大人は免疫がすでにある分、発症しても鼻水や咳、微熱といった軽度の風邪程度の症状に終わることが多いと言われています。

持病がある場合には重症化することも

健康な大人であれば、RSウイルスに感染したことにすら気づかないことも少なくありません。

しかし、免疫力が弱まっている時や、次に解説するような持病がある場合には大人であっても重症化することもあるので、油断して良いわけではありません。

要注意!大人で重症化しやすい人

大人が重症化しやすいケースとは

お母さんのお腹に耳を当てる子ども

・高齢者や喘息の持病がある
・妊産婦

基本的に、お腹の赤ちゃんに感染することはありません

・他の病気を持っている

例えば神経や筋疾患など、免疫不全の基礎疾患など

上記にあてはまる人が、RSウイルスを発症すると重症化しやすいと考えられています。

RSウイルスは子どもが発症しやすい病気ですので、小さい子どもと一緒に暮らしている家族でこれに該当する人は十分に注意が必要です。

特に高齢者の感染には注意して

ご飯を食べる夫婦

高齢者は、病院や介護施設などで団体行動をする機会が増えており、その中で集団感染してしまうことがあります。

また、高齢者がRSウイルスに感染した場合、ケースとしては少ないものの死亡してしまう可能性もあります。

その確率は、子どもの約5倍となっています。小さいころに発症していても免疫力が弱まっていたり、さまざまな器官の機能が低下していたりすることが原因で、肺炎や呼吸困難を起こす危険もあります。

高齢者の方は特に、体調がすぐれず、RSウイルスの疑いがある場合は、できるだけ早く病院を受診するようにしてください。

大人がRSウイルスに感染した時の対処法

大人がRSウイルスに感染した場合の対処法や治療法、家族への感染を予防するために気をつけることについて、解説します。

病院へ行くべき?

RSウイルスの感染が疑われれば病院へ

聴診器と家

発熱や鼻水、咳や痰などの風邪の症状に併せて、RSウイルスをすでに発症している、あるいはRSウイルスにかかっている可能性のある人が身近にいる場合には、RSウイルスを疑いましょう。

RSの疑いがある場合は、他の人への感染を防ぐためにも病院へ行くようにしてください。

軽度の風邪症状のみの場合

薬と水

軽度の風邪症状のみで、周囲にRSウイルスにかかっている人や、かかっている可能性のある人がいない場合は、市販の解熱剤などを使うのも良いです。

RSウイルスに直接作用する薬はないので、市販のもので症状を和らげる解熱鎮痛剤や、咳をしずめたり痰を出しやすくしたりする鎮咳去痰薬などを使いましょう。

病院で受ける治療

風邪のような軽い症状ですみ、入院なども必要がなければ、症状に合わせた薬を処方してもらい、安静にして良くなるのを待つしかありません。

集団生活をしている場合は、隔離が必要なことも

しかし、高齢者など合併症の恐れがある場合や、もともと入院生活、介護施設での生活を送っている人については、他の人への感染を防ぐために、まずは隔離が必要になります。

RSウイルスは肺への影響が考えられるので、肺炎や呼吸困難を起こす場合にはそれに応じた治療が必要になります。

他の人への感染を予防するために、気をつけること

手洗い

家族や身近な人への感染を防ぐため、家庭では次のことに気をつけましょう。

  1. 手洗い・うがいの徹底
  2. 栄養のある食事を三食きちんととる
  3. しっかりと睡眠をとり、免疫力を落とさないようにする
  4. 消毒液やうがい薬を活用して、殺菌を心がける
  5. RSウイルスにかかっている、あるいは疑われる人が身近にいる場合はマスク着用を徹底する

 

高齢者でなくても、RSウイルスに感染する可能性は十分にあります。身の回りで流行の兆しがあれば、いつも以上に手洗いうがいをして、疲れをためない生活を心がけましょう。

まとめ

RSウイルスは、2歳までの子どもがほとんど100%の確率で発症する感染症の一つですが、大人も感染する可能性があります。

特に持病がある人や高齢者は注意が必要です。適切な対処をして感染を防ぎ、もし感染をしてしまったら少しでも早く治るようにつとめましょう。

RSウイルスの大人の症状は?病院へ行くべき?妊産婦・高齢者は注意
ベビママほっと。
2019-08-29T11:28:01+00:00
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
ベビママほっと。はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

  • インフルエンザ予防接種が受けられる 全国の小児科をさがす