この記事の監修・執筆者
医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック 理事長 岡村信良 先生
理事長岡村信良先生の写真

2006年 北里大学大学院卒
2008年 平塚共済病院内科医長を経て小田原銀座クリニックに入職、その後院長に就任
2013年 12月には当院久野銀座クリニックを開業

早期発見、早期治療を心がけ、健康で心豊かな人生を歩んでいただくことを願っており、内科・消化器内科を中心に幅広い情報の発信に努める。

目次

RSウイルスとは?

RSウイルスとは、乳幼児が感染する呼吸器感染症のことです。

呼吸器感染症の原因となるウイルスは数百種類あり、RSウイルスはそのひとつです。

RSウイルスは冬に流行する特徴がありますが、基本的には7、8月以外はどの時期でも感染の可能性があります。

症状

発熱することもありますが、多くの場合は風邪のような症状が出ます。
これらの症状は1週間程度で治まるとされています。

危険な病気なの?

一度RSウイルスに感染すると、一生再感染の可能性を抱えて生きていくことになります。

しかしほぼ100%の乳幼児が感染するにも関わらず、それほど知られている病気ではないため、発見や治療が遅れやすいというのが現状です。

場合によっては、細気管支炎や肺炎などが重症化することが考えられます。また、誰かに感染させる恐れもあります。

RSウイルスの潜伏期間と感染力について

感染から発症までどのくらい?

個人差はありますがウイルスが身体に入ってから、4~6日の潜伏期間を経て発症するとされています。

感染力はいつまで持つ?

RSウイルスは潜伏期間、発症、回復過程すべてに感染力を持ちます。期間で言うと感染してから約1ヵ月間は、人にうつす可能性があると考えてください。

しかし、潜伏期間は目に見えないものですので、周りにRSウイルスを発症している人がいたり、自分が発症していたりした場合、その前後は人にうつると考えて注意が必要です。

保育園などでRSウイルスに感染している子どもがいたり、お子さんが発症していたりする場合は注意しましょう。

保育園に行っても良い?休ませるべき?

RSウイルスは、インフルエンザのような出席停止を指示される病気ではありません。そのため、医師の判断に従って、体調を見て登園することになります。

風邪の症状と似ているので気づかず登園する子どもも多いので、注意が必要です。

またRSウイルスに感染しても子どもは比較的元気ですが、咳が出ていたり食欲がなかったりする場合は、無理をさせず休ませることが大切です。

RSウイルスの予防について

RSウイルスは前述の通り、2歳までにほとんどの乳幼児が感染する、それだけ感染力の強いウイルスです。ですので、感染を防ぐというよりは、感染した時に重症化しないように十分に注意してあげることが大切です。

早産や疾患があり、RSウイルスの重症化が考えられる場合には、事前に医師と相談して予防薬を注射しておくようにしましょう。

体調不良がみられたら病院へ

乳幼児の場合は、風邪でも危機にさらされる可能性があるため油断はできません。少しでも体調が優れない様子があれば、小児科を受診してください。

大人が感染することも!

子どもだけでなく大人も感染することがあるので、お子さんを看病する際は注意が必要です。しかし、ほとんどの方が2歳までに感染しているはずなので免疫を持っています。

そのため大人になって発症しても、軽い風邪のような症状が出る程度で、重症化することはほとんどありません。まれに、肺炎や気管支炎など重症化することもあります。

まとめ

RSウイルスは風邪と似たような症状が1週間ほど続く程度で、重症化することはほとんどありません。

それでも、子どもは身体が小さく免疫力もないので、大人の支えが必要です。特にRSウイルスは感染力を持つ期間が長いので、風邪のような症状がみられたら早めに小児科を受診しましょう。

RSウイルス感染症の潜伏期間は?うつる時期や保育園の登園について
ベビママほっと。
2019-08-29T11:33:08+00:00
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
ベビママほっと。はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

  • インフルエンザ予防接種が受けられる 全国の小児科をさがす