目次

RSウイルス感染症とは?

ウイルスの写真

RSウイルス感染症とは、秋から春に流行し、なかでも冬にピークを迎えることが多い感染症です。

呼吸器に感染する疾患で、せきや鼻水、発熱など、風邪の諸症状と同様の症状があらわれます。

感染経路と予防

RSウイルス感染症の感染経路として、感染者に直接触れることや、感染者のせきなどでウイルスが飛散することがあげられます。

家族みんなでRSウイルス感染症にかからないように3つの心がけをしましょう。

1.帰宅後には手洗い・うがいをしましょう
2.せきなどの症状がある場合は、マスクをつけましょう
3.赤ちゃんが触ってしまうものや、おもちゃにはアルコール消毒をしましょう

▼もっと詳しく読む

RSウイルスに感染したらどんな症状?検査や治療法についても解説

感染しやすいのは何歳まで?

2歳までの乳幼児がかかりやすい

1歳になるまでに半分以上の乳幼児が感染し、2歳になるまでにはほぼ全員が感染すると言われています。

▼もっと詳しく読む

赤ちゃんは重症化することも!RSウイルス感染症の潜伏期間や後遺症は?

大人はかかるの?

大人でも感染する可能性があります

ほとんどの人はRSウイルス感染症にかかった経験があるので免疫があります。しかし、大人でも感染する可能性はあります。

また、RSウイルス感染症は何度でも感染することのある病気の一つで、体力が落ちていたり病み上がりで免疫力が低下しているときなどは、1シーズンで2回かかる可能性もあります。

▼もっと詳しく読む

RSウイルスの大人の症状は?病院へ行くべき?妊産婦・高齢者は注意

RSウイルス感染症の潜伏期間や後遺症は?

赤ちゃんの熱を測っている写真

赤ちゃんが罹患した場合の潜伏期間や後遺症

潜伏期間について

RSウイルス感染症の潜伏期間は一般的に2日~5日と言われています。

後遺症について

RSウイルス感染症では後遺症がほとんどありません。

ですが、重症化してしまったあとに「喘息」の症状が起こりやすくなる場合があります。

▼もっと詳しく読む

赤ちゃんは重症化することも!RSウイルス感染症の潜伏期間や後遺症は?

RSウイルス感染症の治療法や自宅での看病について

赤ちゃんが寝ている写真

RSウイルス感染症の症状は風邪と似ているため、気づかずに放置してしまう場合も少なくありません。ですが、治療が遅れてしまうと重症化してしまう可能性があります。

RSウイルス感染症の対処法

検査について

RSウイルスに感染しているかどうかを検査するには、30分程度で結果がわかる簡易検査を実施します。

症状が重くなっている場合はレントゲンなどを用いて検査することもあります。

治療について

RSウイルス感染症では、症状に応じた治療をすすめていきます。

高熱の場合⇒解熱鎮痛剤の投薬治療

せきやたんが出る場合⇒気管支拡張剤(きかんしかくちょうざい:気管支を広げる作用のある薬)や、たんを切る薬(病原体をたんや鼻水によって排出させる作用のある薬)での投薬治療など

脱水症状や呼吸困難などの合併症が起こっている場合には、入院が必要となる場合もあります。

自宅での看病について

RSウイルス感染症に家族やご自身がかかってしまった場合は、5つの心がけをしましょう。

1.水分をよくとって安静にしましょう
2.よく寝て栄養をたくさんとりましょう
3.部屋の温度を26度~28度に、湿度を40%以上に保ちましょう
4.掃除と換気をおこないましょう
5.たばこの煙がかからないようにしましょう

▼もっと詳しく読む

RSウイルスに感染したらどんな症状?検査や治療法についても解説

RSウイルス感染症は小児科で相談!

日本のイラスト

RSウイルス感染症を相談できるクリニック・病院をおさがしの方は、こちらの情報をご覧ください。

◆北海道・東北の小児科一覧はこちら
北海道青森県秋田県岩手県山形県宮城県福島県

◆関東の小児科一覧はこちら
東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県

◆中部の小児科一覧はこちら
愛知県新潟県富山県石川県岐阜県静岡県福井県長野県山梨県

◆近畿の小児科一覧はこちら
大阪府京都府兵庫県奈良県滋賀県三重県和歌山県

◆中国・四国の小児科一覧はこちら
鳥取県島根県山口県広島県岡山県愛媛県香川県高知県徳島県

◆九州・沖縄の小児科一覧はこちら
福岡県佐賀県 北海道青森県秋田県岩手県山形県宮城県福島県

◆関東の小児科一覧はこちら
東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県

◆中部の小児科一覧はこちら
愛知県新潟県富山県石川県岐阜県静岡県福井県長野県山梨県

◆近畿の小児科一覧はこちら
大阪府京都府兵庫県奈良県滋賀県三重県和歌山県

◆中国・四国の小児科一覧はこちら
鳥取県島根県山口県広島県岡山県愛媛県香川県高知県徳島県

◆九州・沖縄の小児科一覧はこちら
福岡県佐賀県長崎県鹿児島県大分県宮崎県熊本県沖縄県

まとめ

RSウイルス感染症は2歳までの乳幼児が一般的にかかりやすいですが、大人でもかかる可能性のある疾患です。

「風邪かも…?」と感じたときには、ご自身で判断するのではなくRSウイルス感染症の可能性も踏まえて医療機関で診てもらうようにしましょう。

RSウイルス感染症とは?感染経路は?全国の小児科情報も掲載
ベビママほっと。
2019-11-22T17:25:24+00:00
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
ベビママほっと。はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

  • インフルエンザ予防接種が受けられる 全国の小児科をさがす