この記事の監修・執筆者
小田原銀座クリニック 長谷川佳子 先生
長谷川佳子先生の写真

2002年 福井県立藤島高等学校卒業
2002年 北里大学医学部医学科入学
2012年 北里大学医学部医学科卒業
2012年 横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医
2013年 横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医
2014年 横浜市立大学附属病院 形成外科 入職
2015年 藤沢湘南台病院 入職
2016年小田原銀座クリニック 美容皮膚科

形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。
小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。
女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。
執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。

目次

子どもに蕁麻疹が…原因は?

蕁麻疹とは?

・皮膚の赤みと腫れ

蕁麻疹は、急性の皮膚炎の一種です。個人差はありますが強烈なかゆみ、プツプツした赤みが現れます。赤みは通常の湿疹などと比べると、皮膚が盛り上がったような腫れがあります。
蚊にさされると皮膚がボコッと膨らみますが、そのようなイメージに近いといえます。
形は、円形や楕円形、線上に赤く、直径1~2cm程度 の腫れが体全体に出ます。

時間程度で症状はおさまる

乳児湿疹や風疹、麻しん、あせもなども、プツプツした赤みなど蕁麻疹と同じような症状が見られることがありますが、急性の蕁麻疹は1~2時間程度で症状が引き、最長でも24時間で消失します。

子どもの蕁麻疹…珍しくない?

子どもは皮膚が弱いため、ちょっとしたことで蕁麻疹が出ることがあります。また、蕁麻疹が出る理由もさまざまです。まずは原因を把握し、原因を排除することが大切です。
病院で原因を検査することもできますが、検査をしてもわからない場合もあります。
頻繁に蕁麻疹が出る場合は、免疫力が低下していることが考えられるため、規則正しい生活とバランスの良い食事をとるように心がけましょう。

子どもの蕁麻疹の原因と症状について

子どもの蕁麻疹の原因

子どもの蕁麻疹は、急性蕁麻疹・慢性蕁麻疹 があります。最初の症状が出始めてから1ヶ月以内の麻疹を急性蕁麻疹、それ以上続くものを、慢性蕁麻疹といいます。

これらは、さまざまな原因によって大きく2つに分けられます。

・アレルギー性蕁麻疹
・非アレルギー性蕁麻疹

※非アレルギー性蕁麻疹は、物理性蕁麻疹 、ストレス性蕁麻疹 など、寒暖な気候や環境、寝不足、疲れなど自身の状況といった身近なものによって起こります。

蕁麻疹の7割 は原因不明の特発性急性蕁麻疹または慢性蕁麻疹と言われています。ここでは、急性蕁麻疹と慢性蕁麻疹について詳しく見ていきましょう。

急性蕁麻疹

原因不明の場合が多いですが、通常は24時間以内には治まることがほとんどで、長くても症 状は1ヶ月以内に治まります。また、風邪や何かの病気、アレルギーなどをきっかけに蕁麻疹がでることがあります。

それは、細菌やウイルスが体内に侵入することによる、アレルギー反応としての蕁麻疹です。

そのためこの蕁麻疹の場合は、病気が治るまで頻繁に蕁麻疹が現れます。原因がある場合は、蕁麻疹の原因となる病気や細菌、ウイルスの治療を行っていきます。

慢性蕁麻疹

急性蕁麻疹と同様に原因不明の場合が多いですが、急性蕁麻疹が1ヶ月以内には治まるのに対し、1ヶ月以上症状が続く蕁麻疹のことを慢性蕁麻疹と言います。

原因がわからないため、治療はかゆみや腫れを抑える薬を使用し症状が収まるのを待ちます。

慢性蕁麻疹は、夜になると蕁麻疹が出る ことがあります。日中のストレスのある環境ではなく、家でリラックスをしている時に蕁麻疹が出るならば、ストレスが原因であるケース が考えられます。

湿疹と蕁麻疹の違いは?

湿疹も蕁麻疹も皮膚に現れる皮膚炎であり、発疹があるのが特徴です。では、湿疹と蕁麻疹はどのように見分ければいいのでしょうか。まずは湿疹から見ていきましょう。

湿疹と蕁麻疹の違い

湿疹

症状:赤いかゆみとブツブツが水泡となり、やがて破れる 症状 かゆみと共に皮膚の一部が盛り上がり、蚊に刺されたような状態
期間:数日から1週間以上
経過:症状が徐々に悪化
原因:金属アレルギーや化粧品、体の内側から起こる

蕁麻疹

症状:かゆみと共に皮膚の一部が盛り上がり、蚊に刺されたような状態
期間:数十分から数時間程度
経過:出たり消えたりを一日の中でも繰り返すことも
原因:食べものや添加物、抗生物質や感染症など

子どもに蕁麻疹が出た時の対処法について

子どもが蕁麻疹でかゆみがある場合、まずはかかりつけの小児科で見てもらうことが大切です。

蕁麻疹が出ると、急なことでびっくりするものですが、まずは子どもを落ち着かせましょう。緊張やストレスによっても、痒みが増す場合があります。もし痒みで皮膚をかきむしる場合は、以下のことを試してみましょう。

・赤ちゃんの場合はミトンをつける。
・蕁麻疹部分を冷たいタオルで冷やす、または水をかけて患部を麻痺させる(冬の寒さが原因の蕁麻疹 は逆効果であるため、温めます)
・爪は短く切りそろえる。

病院で受ける検査と治療

どのような状況で蕁麻疹が出るのかを把握する

自己判断で間違ったケアをしないためには、病院で検査を行い、治療することが早く治すコツです。病院では、蕁麻疹がどのような状況でどの部分に現れるのか、説明できるようにしましょう。

携帯電話のカメラ機能を使うと、時間と併せて記録することができるため、診察時分かりやすいといえます。

各種検査について

蕁麻疹の検査には、アレルギー検査を行う血液検査、皮膚スクラッチテスト、皮内反応テスト(抗原の液体を少量注射して反応を見る テスト)などの検査を行います。アレルギー以外が想定される場合は、温熱負荷検査、寒冷負荷検査、光過敏症検査、 運動負荷実験などが行われます。

薬はかゆみに効果のある抗ヒスタミン薬で治療します。内服薬だけでなく、軟膏タイプの外用薬もあります。症状が重い場合は注射や点滴を行う場合もあります。

治療中の注意点

蕁麻疹の原因がわかれば、その原因を取り除くようにします。

日常生活では規則正しい生活と十分な睡眠、栄養バランスのとれた食生活を送りましょう。また、治療で服薬している場合は、症状が治収まったからといって残っている薬をすぐにやめるのではなく、しばらく続けて医師の判断に従います。

夏の暑い季節は、プールに入ることもあると思いますが、患部を冷やす と蕁麻疹でかゆみがでることがあります。そのような場合はかかりつけ医に相談するなど様子を見た方が無難です。

まとめ

子どもが急に蕁麻疹が出た場合、まわりの大人が焦ってしまえば、お子さんもストレスとなり、症状を悪化させてしまうことがあります。

蕁麻疹自体は、すぐに治るものですが、頻発するようならどのような時にどのような蕁麻疹が出るのか確認した上で、一度かかりつけの小児科で診てもらうことで、正しい判断に近づきます。

また、蕁麻疹と思っていても、感染性の湿疹の場合もあり、他者への感染という意味でも早急な受診が望ましいといえます。

子どもの蕁麻疹は青魚やそばが原因!?湿疹とは異なる症状の解説も
ベビママほっと。
2019-02-28T14:09:02+00:00
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
ベビママほっと。はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

  • インフルエンザ予防接種が受けられる 全国の小児科をさがす