この記事の監修・執筆者
なごみクリニック 院長 武井智昭 先生
院長武井智昭先生の写真

2002年 慶應義塾大学医学部を卒業
2002年 慶應義塾大学病院 にて小児科研修
2004年 立川共済病院勤務
2005年 平塚共済病院小児科医長として勤務
2010年 北里大学北里研究所病原微生物分子疫学教室勤務
2012年 横浜市内のクリニックの副院長として勤務
2017年 「なごみクリニック」院長に就任

小児科専門医・指導医
日本小児感染症学会認定 インフェクションコントロールドクター(ICD)
臨床研修指導医(日本小児科学会)
抗菌化学療法認定医

全人的な医療を心がける。病気・障害と付き合い「地域に住む方が、健康面で安心して生活を続けるお手伝いをする、支える医療」を目指す。

目次

子どもが溶連菌に感染したときの潜伏期間から合併症まで

潜伏期間から発症

感染してから2~5日程度の潜伏期間があり、その後38~39℃程度の発熱と喉の痛みが現れます。

ただし、3歳未満の場合はあまり熱が上がらないこともあるようです。

症状について

発熱や喉の痛み以外に、身体や手足に赤い発疹が出ます。

また、舌にいちごのようなつぶつぶが出る「いちご舌」と呼ばれる症状が出ることもあります。

そのほかにも頭痛や腹痛、首筋のリンパ節の腫れが見られます。

発疹のあとは手足に皮むけが見られ、風邪と異なり咳や鼻水が出ないのも特徴です。

発症しやすい年齢

3~12歳くらいまでの子どもに多く見られます。

そのため、保育園や幼稚園、学校で集団発生することが多く「学校伝染病」に指定されています。

流行しやすい季節

秋の終わりころから春にかけての寒い時期に流行します。

しかし、都会では1年中発生すると言われています。

大人が感染することも

子どもが溶連菌に感染した場合、咳やくしゃみによって一緒に住んでいる大人も飛沫感染する可能性があります。

また、繰り返しかかることもあるので注意が必要です。

治療法と注意点

5~10日間は抗菌薬をしっかり飲んで治療をすることが大切です。

一般的には2~3日で症状が消えて、見かけ上は治ったようになります。

しかし、治療をしっかりと続けないと喉の溶連菌が増殖して保菌者になり、その結果、合併症を起こしたりほかの人に感染させたりする恐れがあります。

合併症について

急性腎炎やリウマチ熱を起こすことがあります。

腎炎は血尿や尿タンパク、高血圧、むくみといった症状が出て、多くは発症から2~3週間程度で併発します。

溶連菌感染症のリウマチ熱は珍しい病気ですが、心臓に炎症が起き、後遺症として心臓弁膜症を引き起こすことがある恐ろしい熱病です。

溶連菌感染症とは?

 A群溶血性連鎖球菌が原因

溶連菌は溶血性連鎖球菌と呼ばれる細菌で、α溶血とβ溶血の2種類があります。

β溶血で人に病原性を持つものがA・B・C・G群などになります。

そのなかでも咽頭炎や発熱の症状がある溶連菌感染症の90%以上がA群によるものです。

「A群溶血性連鎖球菌」という細菌よる感染症を一般的に溶連菌感染症といいます。

溶連菌が引き起こすリスクが高い病気

溶連菌は次にあげる病気を引き起こします。

喉の病気

溶連菌感染症は、喉に感染して「咽頭炎(いんとうえん)」や「扁桃炎(へんとうえん)」、「猩紅熱(しょうこうねつ)」などの病気を引き起こします。

皮膚を赤くする毒素が全身をまわり、小さな赤い発疹が主に身体に現れることが特徴です。

粘膜の病気

  • 中耳炎
  • 副鼻腔炎(ふくびくうえん)

皮膚や軟部組織の病気

  • 伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)・・・一般的にとびひと言われている
  • 蜂窩織炎(ほうかしきえん)・・・毛穴や傷口から細菌が侵入することで起こる進展性の化膿性炎症
  • 丹毒(たんどく)・・・連鎖球菌の感染による真皮(皮膚の浅いところ)の化膿性炎症

肺の病気や細菌による病気

  • 肺炎
  • 菌血症・・・本来なら無菌であるはずの血液中に細菌が認められる病気

そのほかの病気

  • トキシックショック症候群・・・重篤な病態を招く敗血症のひとつでTSSとも呼ばれている

子どもが溶連菌に感染したときの対処法

小児科を受診する

喉の痛みが強い、発熱や発疹などの症状があれば、溶連菌の可能性があるので小児科を受診するようにしましょう。

溶連菌は風邪のような症状のため、気づかずに1週間程度で自然に治癒することもあります。

登園・登校について

保育園や幼稚園、学校に登園、登校ができるのは、感染する可能性がなくなってからになります。

一般的には抗菌薬を内服後、24~48時間経過していれば感染力はなくなるとされています。

2~3日休めば登校できるでしょう。

ただし、治療の継続は必要になりますので医師の指示に従いましょう。
溶連菌は子どもに多く見られる感染症です。

冬場に流行し、喉が痛くなるほか、発疹や発熱等の症状が現れます。

また、合併症を伴うことがあるので注意が必要です。

この記事では、溶連菌感染症とはどのような病気なのか、症状や対処方法について紹介します。

まとめ

溶連菌は3~12歳の子どもに多く、喉の痛みや発熱が主な症状の感染症です。

風邪と似た症状のため、感染していることに気づかず、1週間程度で症状が改善することもあります。

しかし、溶連菌の場合、しっかりと治療しないと、感染拡大や合併症を起こす可能性があるので溶連菌を疑う症状があれば小児科を受診し、きちんと治療を行いましょう。

溶連菌に子どもが感染した時の対処法。症状や治療法、学校は?
ベビママほっと。
2019-02-28T14:26:49+00:00
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
ベビママほっと。はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

  • インフルエンザ予防接種が受けられる 全国の小児科をさがす