この記事の監修・執筆者
なごみクリニック 院長 武井智昭 先生
院長武井智昭先生の写真

2002年 慶應義塾大学医学部を卒業
2002年 慶應義塾大学病院 にて小児科研修
2004年 立川共済病院勤務
2005年 平塚共済病院小児科医長として勤務
2010年 北里大学北里研究所病原微生物分子疫学教室勤務
2012年 横浜市内のクリニックの副院長として勤務
2017年 「なごみクリニック」院長に就任

小児科専門医・指導医
日本小児感染症学会認定 インフェクションコントロールドクター(ICD)
臨床研修指導医(日本小児科学会)
抗菌化学療法認定医

全人的な医療を心がける。病気・障害と付き合い「地域に住む方が、健康面で安心して生活を続けるお手伝いをする、支える医療」を目指す。

目次

手足口病とは?

手足口病について

手足口病は口・手・足などに水疱性の発疹が出現する疾病で、夏に流行するエンテロウイルスの感染が原因の病気で、ヘルパンギーナやプール熱と並び子どもの3大夏かぜの一つです。

患者さんに多い年齢層と原因

夏に流行する場合が多い病気ですが、ほとんどが4歳以下の子どもに発症します。

手足口病を発症するエンテロウイルス感染症は、何度もかかることがあります。これは、エンテロウイルス属には、コクサッキーウイルスやエンテロウイルスなどたくさんの種類があるためです。

原因となるウイルスが多数存在し、中には大人が感染するウイルスもあります。

大人でも以下のような症状がある場合は手足口病の可能性がありますので、注意が必要です。

・口の中に口内炎ができている
・手や足にも発疹のようなものが出ている
・口の中が痛い
・発熱・だるい・筋肉痛のような感覚がある

子どもから家庭内感染で感染することもありますので、注意するようにしてください。

症状や病院での治療

症状について

口の中や手、足に米粒大の水疱のような発疹ができる特徴的な疾病です。

発疹は、初めは水疱状ですが、破れて潰瘍になると痛痒くなります。この発疹は、お尻や膝などにもできる場合があります。

また、発熱・吐き気・嘔吐・下痢などを伴う場合もあります。発熱は、高熱になることは稀ですが38度台の熱が数日続く場合もあります。発熱しても通常であれば、1〜3日程度で引きます。

嘔吐、頭痛といった症状が続いている場合には、稀ですが、心筋炎や髄膜炎を合併している場合もあるため注意が必要です。

何科を受診?

子どもの場合は、かかりつけの小児科を受診しましょう。大人がかかった場合は、内科を受診してください。

治療内容

手足口病自体を治療する薬はありません。比較的軽い疾病のため、自然治癒を待つようになります。

しかし、発熱や口の中の痛みが強い場合には、解熱剤などの対症療法により症状を緩和させます。口の中の水疱にしみて痛むため、飲んだり、食べたりできない子どももいます。

この場合、注意していないと脱水症状を起こしやすいので、水分補給をこまめにさせるようにしてください。

手足口病について相談できる病院をさがす

手足口病を相談できるクリニック・病院をおさがしの方は、こちらの情報をご覧ください。

◆北海道・東北の小児科一覧はこちら
北海道青森県秋田県岩手県山形県宮城県福島県

◆関東の小児科一覧はこちら
東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県

◆中部の小児科一覧はこちら
愛知県新潟県富山県石川県岐阜県静岡県福井県長野県山梨県

◆近畿の小児科一覧はこちら
大阪府京都府兵庫県奈良県滋賀県三重県和歌山県

◆中国・四国の小児科一覧はこちら
鳥取県島根県山口県広島県岡山県愛媛県香川県高知県徳島県

◆九州・沖縄の小児科一覧はこちら
福岡県佐賀県長崎県鹿児島県大分県宮崎県熊本県沖縄県

かかったときの対処法

食事や入浴は大丈夫?

喉や口の中が痛い時は、しみないように刺激のないものが良いでしょう。熱い・しょっぱい・酸っぱい・辛いといったものは避けましょう。食欲がない時は、脱水症状にならないように水分補給をこまめに行ってください。

入浴は、熱が出ていなく、本人が元気であれば可能ですが、具合が悪い時は、無理しないようにしましょう。

保育園はどれくらい休ませる?登園許可証は必要?

手足口病は、発疹がなくなり、全身症状が良くなっていてもウイルスは便から長期間(2〜4週間)出ています。

そのため、一定期間休みを取っても感染を防ぐことは困難です。そのため、熱が下がり24時間経過して、辛い症状がなく、元気なようであれば発疹があっても登園、通学可能です。登園許可証も基本的に必要ありません。

厚生労働省より発表されている「保育所における感染症対策ガイドライン」には、解熱後1日以上経過することとの記載があるので、発熱した場合は、下がった後、念のため1日は様子をみると良いでしょう。

感染経路や予防策

感染経路について

エンテロウイルスやコクサッキーウイルスなどへの感染が主な原因です。

唾液、くしゃみからの飛沫感染や接触感染で感染します。または、糞口感染といい、便の中に排泄されたウイルスが、口に入り感染するパターンもあります。

特に集団生活を行っている、保育園・幼稚園では子どもの接触が多いので、ときに集団感染する場合があります。

手足口病を発症させるエンテロウイルス感染は、回復後も2〜4週間にわたって便からウイルスが検出されます。

潜伏期間

手足口病は、感染後、2〜6日程度の潜伏期間があります。その後症状が現れます。

予防と注意点

予防

手洗い、うがいが推奨されています。夏でも流行るこのような疾病を避けるためには、丁寧に手洗い、うがいを行ってください。

また、子どもの世話をしている大人もオムツ替えの後や子どもの鼻をかむ手助けをした後や鼻をかんだティッシュに触った際などには、手洗いをしましょう。感染している家族がいる場合は、食器やタオルの共有は避けましょう。

注意点

頭痛・嘔吐…髄膜炎
胸痛・呼吸困難…急性心筋炎
ふらつき・意識障害…脳炎

主にこれらの疾病を合併することが稀にありますので、注意深い体調の観察は必要となります。

まとめ

子どもがかかりやすい、手足口病についてご紹介しました。手足口病は、一度かかっても繰り返しかかりますから、できるだけ予防したいものですね。

夏場に流行しやすいので、手洗いやうがいを行うのはもちろんですが、夏は、外気とエアコンの効いた室内の温度差で体調を崩しがちです。

室内温度の調整を行い、外気との温度差をできるだけ少なくして、夏の体への負担を軽減させましょう。

 

【参考資料】
学校、幼稚園、保育所において予防すべき感染症の解説 - 日本小児科学会
https://www.jpeds.or.jp/uploads/files/saisin_1101181.pdf

子どもの病気治療の本当のこと“Dr.365”のこどもの病気相談室 小児科専門医白岡亮平著
https://www.shogakukan.co.jp/books/09311410

保育所における感染症対策ガイドライン
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000201596.pdf

子どもが手足口病に感染したらどうする?対処法や予防策を紹介
ベビママほっと。
2019-05-27T18:18:38+00:00
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
ベビママほっと。はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

  • インフルエンザ予防接種が受けられる 全国の小児科をさがす