この記事の監修・執筆者
なごみクリニック 院長 武井智昭 先生
院長武井智昭先生の写真

2002年 慶應義塾大学医学部を卒業
2002年 慶應義塾大学病院 にて小児科研修
2004年 立川共済病院勤務
2005年 平塚共済病院小児科医長として勤務
2010年 北里大学北里研究所病原微生物分子疫学教室勤務
2012年 横浜市内のクリニックの副院長として勤務
2017年 「なごみクリニック」院長に就任

小児科専門医・指導医
日本小児感染症学会認定 インフェクションコントロールドクター(ICD)
臨床研修指導医(日本小児科学会)
抗菌化学療法認定医

全人的な医療を心がける。病気・障害と付き合い「地域に住む方が、健康面で安心して生活を続けるお手伝いをする、支える医療」を目指す。

目次

四種混合後の発熱について

四種混合の接種後、発熱するのはなぜ?

四種混合の予防接種後に、まれに発熱することがあります。四種混合は、「ジフテリア」「百日咳」「破傷風」「ポリオ」の4種類を予防するワクチンです。これらは不活化ワクチン です。

不活化ワクチンとは、病原菌の毒素をなくし、感染する能力を失わせたものを材料として作ったワクチンのことです。

不活化ワクチンの副反応

不活化ワクチンは、副反応である発熱が見られるまで24時間以内といわれています。ワクチンの中には、病気の原因となる菌やウイルスそのものは含まれていませんが、その成分が注射により体に入ります。
接種後、何も症状が出ないこともあります。

体の免疫反応で発熱する

予防接種を受けると、体の中に免疫がなく、一時的に菌やウイルスに感染した状態となります。そのため、体の免疫反応が働き、発熱やその他の副反応の症状が現れることがあります。その他の副反応については、この後説明します。

四種混合接種後は発熱しやすい?

四種混合の予防接種を受けて副反応として発熱する人は、全体の1%程度です。

副反応は免疫をつける以外の症状

予防接種では、ワクチンを体に入れて免疫をつけることが目的です。
四種混合に限らず予防接種後は、副反応がみられることがあります。副反応とは、免疫がつくこと以外に体に現れる症状のことです。

乳幼児期に接種する不活化ワクチン

四種混合の予防接種以外に乳児期に接種する不活化ワクチンは、B型肝炎、ヒブ、小児用肺炎球菌などです。

発熱するのはいつ?

個人差はありますが、四種混合の予防接種を受けて30分程度から1週間程度の期間、副反応が現れる可能性があります。
副反応のうちの1つが発熱ですが、その症状が現れるのは予防接種を受けた当日から翌日までで、その後1日程度で熱は下がります。

発熱以外の四種混合の副反応について

四種混合の予防接種後には、発熱以外にも副反応が見られます。発熱以外の症状は下記のような症状です。

<注射部位>
● あかみ
● しこり
● 腫れ

<注射部位以外>
● 下痢
● 鼻水
● 咳
● 食欲減退

四種混合で発熱したら…!対処法

子どもが発熱したら病院へ行くべき?

子どもは平熱が37.0℃前後です。大人に比べると少し高めの平熱のため、38.0℃以上になることも珍しくありません。

37.5度℃以上が発熱の目安

発熱の目安は37.5℃以上といわれています。予防接種後に37.5℃以上あれば、発熱していると考えてよいでしょう。
しかし、発熱したからといって必ずしもすぐに病院に行く必要はありません。発熱していても、いつもと変わらず元気で遊んでおり、授乳ができていれば特に心配はいりません。

発熱で病院へ行くべき症状

発熱してぐったりし、食欲もなく水分もあまりとれていないと、脱水症状になる可能性もあるため注意が必要です。脱水症状にならないための対処法は、次の項目で説明します。
意識がない、朦朧(もうろう)としている、咳や鼻水、嘔吐、下痢などを伴う、24時間以上熱が続く場合は病院を受診しましょう。

熱はどれくらいで下がる?

通常、予防接種による発熱は接種後の当日から翌日にかけての期間がピークです。1~2日くらいで熱は下がります。
それ以上発熱が続く場合は、合併症の可能性もありますので、病院を受診しましょう。

発熱しているときに注意すること

発熱時に注意することを挙げます。

脱水症状の対策

第一に、脱水症状にならないように気をつけることです。
発熱で身体の水分が奪われるため、こまめに水分補給をするようにしましょう。もし、水分を取ることを嫌がってもなるべく飲ませるようにします。

お風呂はお休み

毎日入っているお風呂について気になる方も多いのではないでしょうか。発熱時はお風呂に入ってはいけないと病院でいわれることがあると思います。お風呂も体力をかなり消耗します。
まずは、体内のウイルスと戦うための体力を残すため、お風呂はお休みしたほうがよいでしょう。

免疫力を高めるために食事と安静を

免疫力を高めるために、食事を摂り、安静に過ごすように心がけましょう。

まとめ

予防接種は、病気にならないため、または病気に感染しても症状が軽くすむために受けます。しかし、予防接種を受けることで副反応の影響を受ける場合があります。

予防接種を受けるまえに、副反応について医師からの説明を受け、納得した上で受けるようにします。発熱はしっかりと体が反応している証拠です。体調の変化をよく観察しながら、いつもと様子がおかしい場合は病院で処置をうけましょう。

四種混合の予防接種後に発熱した! 慌てないために知っておきたい副反応
ベビママほっと。
2019-02-28T14:10:06+00:00
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
ベビママほっと。はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

  • インフルエンザ予防接種が受けられる 全国の小児科をさがす