この記事の監修・執筆者
なごみクリニック 院長 武井智昭 先生
院長武井智昭先生の写真

2002年 慶應義塾大学医学部を卒業
2002年 慶應義塾大学病院 にて小児科研修
2004年 立川共済病院勤務
2005年 平塚共済病院小児科医長として勤務
2010年 北里大学北里研究所病原微生物分子疫学教室勤務
2012年 横浜市内のクリニックの副院長として勤務
2017年 「なごみクリニック」院長に就任

小児科専門医・指導医
日本小児感染症学会認定 インフェクションコントロールドクター(ICD)
臨床研修指導医(日本小児科学会)
抗菌化学療法認定医

全人的な医療を心がける。病気・障害と付き合い「地域に住む方が、健康面で安心して生活を続けるお手伝いをする、支える医療」を目指す。

目次

水疱瘡の感染について

水疱瘡は非常に強い感染力を持ち、様々な経路で感染します。
・空気感染:空気中にあるウイルスを吸い込む
・飛沫感染:くしゃみや咳のしぶきで飛び散ったウイルスを吸い込む
・接触感染:手についたウイルスが体内に入る

中でも空気感染は最も感染力が強く、感染者とすれ違っただけでも10人に1人はうつるといわれています。

赤ちゃんは感染しやすい

水疱瘡に一度でもかかったことがあると免疫ができますが、免疫を持っていないと5割以上の高確率で感染します。赤ちゃんは水疱瘡の免疫を持っていないので、感染しやすいと言えます。家族に感染者がいる場合は、乳幼児と同じ部屋で過ごすと感染させてしまう可能性があり危険です。

赤ちゃんが水疱瘡にかかるとこんな症状が出る!

初期症状

水疱瘡にかかると、初期症状として37度程度の発熱が3~4日ほど続き、だるさや食欲不振、頭痛などの症状がみられます。

発熱とほぼ同時に、顔・頭・首周り・胴体にかけて赤みを帯びた小さな発疹が多数出てきます。

発疹はかゆみを伴う

発疹は初めに腹部や顔にあらわれ、3日を過ぎた頃には発赤や水疱、かさぶたがみられるようになります。

発疹が身体のあらゆるところに広がり、さらに強いかゆみが出てきます。水疱瘡はあせもや虫刺されと似ていますが、発疹が少しずつ膨らんで水疱へと変化する特徴があり、判別するのは難しくありません。

1週間ほどでかさぶたになる

水疱は約1週間から10日ほどですべてかさぶたになり、はがれ落ちていきます。すべてのかさぶたがはがれ落ちるまでは、約3週間かかります。すべてのかさぶたがはがれ落ちる頃には感染力が失われています。

赤ちゃんが水疱瘡に感染する危険性

赤ちゃんの水疱瘡は命にかかわる

生まれたばかりの新生児が水疱瘡にかかった場合、早急な治療を行わないと死亡する可能性があると言われています。水疱瘡そのものよりも、水疱瘡が次のような合併症を引き起こすことが危険とされています。

・肺炎
・気管支炎
・熱性けいれん
・細菌感染症
・髄膜炎
・脳炎

軽傷で済む場合もある

生後4ヵ月以下の赤ちゃんは、胎児の間にお母さんから水疱瘡の免疫をもらっている場合もあります。つまりお母さんが水疱瘡にかかったことがあれば、赤ちゃんが感染しても重症化せず、軽傷で済む傾向があります。

免疫は徐々に消えてしまう

ただしお母さんの免疫を引き継いでもそれは一時的なもので、少しずつ消えていってしまいます。そのためお母さんが免疫を持っていても、生後7ヵ月以上の赤ちゃんは水疱瘡にかかると重症化しやすいと言えます。

水疱瘡の予防接種は1歳(1歳の誕生日の前日) になるまで受けられないので、1歳未満の赤ちゃんは特に注意が必要です。

赤ちゃんが水疱瘡に感染したときの対処法

すぐに病院で治療を!

赤ちゃんに水疱瘡の症状があらわれたら、すぐに小児科へ連れて行く必要があります。病院を訪れる周りの人へ感染させないためにも、あらかじめ病院へ電話して水疱瘡の疑いがあることを伝えておくと良いでしょう。


⇒ 近くの病院・クリニックをまとめ記事からさがす


 

投薬について

発疹が出始めてから2日以内であれば、抗ウイルス薬の投与が効果的です。発疹や水ぶくれの数を減らしたり、かさぶたになるまでの時間を短くしたりできます。他にもかゆみ止めの軟膏や、粉薬などが処方されます。

粉薬を服用するときは水を数滴たらしてペースト状にし、赤ちゃんのほほの内側や上あごに塗って、湯冷ましや麦茶を飲ませるようにするとよいでしょう。

お風呂に入れても大丈夫?

水疱瘡にかかると肌はとてもデリケートな状態になるので、刺激を与えやすいお風呂は避けたほうが好ましいです。家族内に感染者がいる場合も、発疹がかさぶたになるまで同じお湯に入浴するのは避けてください。

赤ちゃんをお風呂に入れるときはシャワーでやさしく流すようにし、石鹸やシャンプーは使用しません。お風呂上りは肌を傷つけないよう、水気をやさしくふきましょう。入浴に関しては慎重な判断と医師の指示に従うことが大切です。

かきむしらない

水疱瘡はかゆみを伴うため、乳幼児にはつらい状態が続きます。我慢できずにかきむしってしまうと患部に雑菌が侵入したり、跡が残ってしまったりする場合もあります。また水ぶくれの液体にも、水疱瘡の原因となるウイルスが含まれているので、患部をかきむしるとウイルスをまき散らす可能性もあります。

乳幼児が水ぶくれをひっかいてかきつぶさないよう、保護者の方はお子さんの爪を短く切っておきましょう。赤ちゃん用の手袋やガーゼで手をカバーする方法も有効です。

出席停止期間は安静に

水疱瘡にかかると、幼稚園や保育園、学校などは出席停止となります。水ぶくれ周囲の赤みと黒いかさぶたが消えるまで、お子さんは登園・登校ができません。出席停止期間は安静にし、医師の指示に従ってしっかりと治療を続けましょう。

まとめ

水疱瘡は、非常に感染力の強い病気です。予防接種のワクチンは1歳になるまで受けられないので、1歳未満の赤ちゃんは特に注意が必要です。赤ちゃんが水疱瘡に感染すると重大な病気を引き起こし、命にかかわる危険性もあります。疑わしい症状があれば速やかに小児科を受診し、適切な治療を受けましょう。

赤ちゃんが水疱瘡に感染するリスクは大きい!初期症状を見逃さないで
ベビママほっと。
2020-03-23T12:11:31+00:00
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
ベビママほっと。はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。