この記事の監修・執筆者
健康検定協会 理事長 管理栄養士(栄養学) 望月理恵子 先生
管理栄養士(栄養学)望月理恵子先生の写真

1999年 東京家政学院短期大学 生活科学科 食物栄養学科 卒業 準学士
1999年 調剤薬局にて栄養カウンセリング
2001年 管理栄養士 取得
2005年 健康食品・化粧品の会社にて学術担当
2012年 株式会社 Luce 代表取締役

山野美容芸術短期大学や服部栄養専門学校にて栄養学の講師を勤める。また、小田原銀座クリニックの栄養顧問など、栄養学・美容学の分野で活動。
その他、テレビや雑誌などを通して日常生活に密着した健康知識・栄養情報を発信中。

目次

1歳~対象!納豆を使った離乳食レシピをご紹介

はじめに

こんにちは、管理栄養士の望月理恵子です。

離乳食連載第4弾は、健康食材の代表でもある「納豆」がメインです。

今回は大好きなお子さんも多いハンバーグに納豆を加えた、たった10分でできる「納豆ハンバーグ」の作り方をご紹介していますので、ぜひ試してみてください。

納豆はいつから食べていいの?

納豆_素材1

納豆は大人でも苦手な方が多いくらい、独特な粘りと匂いがあります。
離乳食初期でも食べても問題はありませんが、お子さんが食べるにはハードルが高くなります。そのため納豆は離乳中期頃から使うと良いですね。

納豆は多くの方が認識しているよう、老若男女の健康維持に大変役立つ食材です。
体の主要構成成分となるたんぱく質や、丈夫な骨や血液を作るのに必要なカルシウム・ビタミンK・鉄分、お腹の調子を整える納豆菌や乳酸菌など、お子さんの成長に必要な栄養素が凝縮されていますので、日々の食事に活用していきましょう。

下ごしらえで気を付けること

納豆_素材2

納豆に少し水を入れレンジで温める、または湯通しをすると、ネバネバがなくなり柔らかさが増しますので、初めて食べるときは加熱してから与えましょう。

大豆の大きさそのままだと、飲み込んでむせてしまうことがあります。離乳食に使う場合は刻んであげ、離乳の完了した1歳以降はそのままの形で様子をみながらあげましょう。ひきわり納豆であれば、細かくする手間も省けます。

納豆についているタレは、お子さんにとってはしょっぱかったり、甘かったりするので、使わずそのまま大豆の部分だけあげる、または使うならば少量にしましょう。

素材の風味を活かした“納豆ハンバーグ”

納豆ハンバーグ_完成

そのままでも美味しい納豆。今回は納豆を使った“納豆ハンバーグ”をご紹介します。成長に必要なたんぱく質、カルシウムなどが豊富に取れ、健康な体づくりをサポートできます。

<材料/1人分>

納豆ハンバーグ_食材

・ひきわり納豆・・・・・・・・・・20g
・鶏ひき肉・・・・・・・・・・・・40g
・かつおぶし・・・・・ひとつまみ(1g)
・しらす・・・・・・・ひとつまみ(2g)
・片栗粉 ・・・・・・・・・・大さじ1
・卵  ・・・・・・・・・・・・・1/4個

作り方

1.しらすは湯通しをして塩抜きをする。

2.材料を全て混ぜ、食べやすい大きさに形成する。

3.フライパンで両面を焼いて出来上がり。

まとめ

今回使用した鶏ひき肉を豚や牛などに変えてもおいしくできあがります。また、玉ねぎやにんじん、インゲンなど野菜を加えると、野菜の甘みが増します。
球状や俵状で1口サイズに形成すると、手づかみで食べることができます。

出来上がったハンバーグをラップに包んでジップ付きの袋に入れれば冷凍保存も可能です。
まとめて作って冷凍し、食べるときにレンジで温めることで、忙しいときや、おかずに困った時に手軽に活用できます。
冷凍した場合でも、2週間ほどで食べるようにしましょう。

【管理栄養士監修】離乳食後期!納豆ハンバーグのレシピをご紹介
ベビママほっと。
2020-03-27T17:47:14+00:00
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
ベビママほっと。はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

  • 連休特集