この記事の監修・執筆者
なごみクリニック 院長 武井智昭 先生
院長武井智昭先生の写真

2002年 慶應義塾大学医学部を卒業
2002年 慶應義塾大学病院 にて小児科研修
2004年 立川共済病院勤務
2005年 平塚共済病院小児科医長として勤務
2010年 北里大学北里研究所病原微生物分子疫学教室勤務
2012年 横浜市内のクリニックの副院長として勤務
2017年 「なごみクリニック」院長に就任

小児科専門医・指導医
日本小児感染症学会認定 インフェクションコントロールドクター(ICD)
臨床研修指導医(日本小児科学会)
抗菌化学療法認定医

全人的な医療を心がける。病気・障害と付き合い「地域に住む方が、健康面で安心して生活を続けるお手伝いをする、支える医療」を目指す。

目次

子どものアデノウイルスについて

アデノウイルスには多数の型がある

「子どもの様子がいつもと違う」「発熱があり、喉も痛そう…」そんな症状があるなら、もしかするとアデノウイルス感染症かもしれません。

アデノウイルスには多数の型があり、感染した時に見られる症状も多くあります。

症状は?

発熱、扁桃炎、結膜炎、胃腸炎、肺炎、脳炎、出血性膀胱炎など、単体で出ることも、これらが同時に出ることもあります。

合併症を起こして重症化することも

ひどい場合は合併症を起こし、重症化することもあります。

その場合、肺炎や脳炎、心筋炎などを起こします。

乳幼児や免疫力の低下している高齢者が合併症を起こすと命の危険があり、放置しておくと大変危険です。

プール熱の原因はアデノウイルス

乳幼児の間で夏に流行する「プール熱」の原因もアデノウイルスです。

子供が幼稚園や保育園に通っている場合、感染が拡大しないように解熱してから2日を経過するまでお休みする必要があります。

感染経路と潜伏期間について

子どものアデノウイルスは感染力がとても強く、感染経路は飛沫感染、接触感染、糞口感染の3つあります。

飛沫感染

感染者の咳やくしゃみによって空気中に漂い、アデノウイルスが飛び散ります。

それを吸うことで感染します。

接触感染

感染者が触れた部分に付着したアデノウイルスを別の人が触れ、手を介して感染します。

例えば、アデノウイルスに感染した人が触ったドアノブを触り、手洗いしないうちに目の結膜や鼻、口の粘膜に触れることで感染します。

糞口感染

感染者の便や吐しゃ物に触れ、手を介して感染します。

例えば、子供のおむつ替えでアデノウイルスが手に付着し、手洗いが不十分なまま目の結膜や鼻、口の粘膜に触れることで感染します。

子どものアデノウイルスの潜伏期間

子どものアデノウイルスの潜伏期間は長く、5~7日程度です。

症状が現れると、3~5日程度で改善が見られます。

しかし2週間程度は症状が残り、その間も人に感染させる恐れがあります。

子供のアデノウイルスの検査と治療

何科にかかればいい?

子どものアデノウィルスは耳鼻いんこう科、小児科、内科等で診てもらえます。

アデノウイルスの検査について

検査キットで咽頭ぬぐい液※や、便などの検体で10分程度で感染しているかどうか判定できます。

しかし、アデノウイルスの中のどの型に感染しているかの判定は、感染時と回復後の血液を調べる方法や、遺伝子検査(実施している機関は少なく、自由診療)しかなく、型を調べることは難しいといえるでしょう。

※咽頭ぬぐい液・・・鼻の奥の粘膜に付いている液体。綿棒などでこすり、それを検査に出します。

アデノウイルスの治療について

基本的に服薬で症状を緩和させる対症療法になります。

アデノウイルスそのものを治療する抗ウイルス薬はありません。

発熱に対しては、解熱鎮痛薬、咳がひどければ、咳止め薬、目の症状がひどければ、抗菌薬入りの点眼薬というように、症状を改善するための薬が処方されます。

だいたい発症から3~5日程度で症状がピークに達し、治療と共に症状が緩和されます。

 家族間の感染を防ぐために

アデノウイルスは非常に感染力が強く、家族間で二次感染する恐れがあります。

予防ために気をつけるポイントは以下になります。

手洗い・うがいの徹底

洗っていない手で粘膜に触れない

一番の予防は手洗い・うがいを適切なタイミングで実施することです。

手に付着したアデノウイルスを目の結膜や鼻、口の粘膜に付着すると感染してしまいます。

そのため、手洗いやうがいを徹底し、洗っていない手で粘膜などに触れないようにします。

手洗い後はアルコール消毒

アルコール消毒も効果的です。

手洗い後はしっかり水気をふき取り、アルコール消毒を行いましょう。

タオルの共用は控える

タオルを共用するとアデノウイルスがタオルに付着し、そこから感染する恐れがあります。

タオルは分けて使用しましょう。

子供が触れた場所のこまめな清掃とアルコール消毒

子どもがアデノウイルスに感染し、おむつ替えの後の手洗いが不十分だと、感染する恐れがあります。

子供が触れた場所はこまめに清掃し、アルコール消毒をして清潔に保ちましょう。

免疫力をつける

免疫力が低下している時は、アデノウイルスを含め様々な病気のリスクが高まります。

日ごろから食事バランスに気をつけましょう。

またストレスをためないように過ごし、十分に睡眠をとるようにします。

お風呂の入り方に気をつける

アデノウイルス感染症の一つに、プール熱があります。

感染者と同じお風呂に入ることで、アデノウイルスに感染する恐れがあります。

感染した子供と一緒に入浴することは避け、感染者が湯船につかる場合は最後にするなど、感染が拡がらないように気をつけましょう。

洗濯について

アデノウイルスの感染力は、洗濯しただけでは死滅しません。

感染者とは洗濯物を分けることをおすすめします。

まとめ

アデノウイルスは非常に感染力が強く、二次感染のリスクも高い感染症の原因ウイルスです。

症状も多岐にわたり、重症化する恐れもあるため予防することが大切です。

子どもが幼稚園や保育園に通っているご家庭は、日ごろから園でアデノウイルスによる感染者が出ていないか確認するなど、早めに対処しましょう。

子供がアデノウイルスに。家族への感染を防ぐには?一緒のお風呂はダメ!
ベビママほっと。
2019-02-28T14:08:34+00:00
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
ベビママほっと。はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

  • インフルエンザ予防接種が受けられる 全国の小児科をさがす