読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どものメタボ対策には短時間の激しい運動が効果的?

子どものメタボ対策には短時間の激しい運動が効果的?

胴回りと血中インスリン濃度を下げて心臓、代謝関連のリスクを減らす

国際的なデータを分析した研究の結果、胴回りが太めで血中インスリン濃度が高い子どもでは、軽い運動より短時間の激しい運動のほうが、心臓・代謝関連のリスクを減らす可能性があるようです。

米国ウェイク・フォレスト大学医学大学院を含む研究グループが、米国スポーツ医学会の機関誌メディシン・アンド・サイエンス・イン・スポーツ・アンド・エクササイズ誌で2017年3月8日に報告しました。

 

加速度計の装着による研究データを使用

運動が若者の心臓、代謝などに恩恵をもたらすことは知られていますが、激しい運動に限定した効果は分かっていませんでした。

研究グループは、加速度計を使用して子どもの運動を評価した各国の研究に基づくデータベース(ICAD)から、米国、ブラジル、欧州の11研究(4~18歳の合計約1万1600人)のデータを解析しました。

そして、心臓、代謝関連の測定バイオマーカー(胴回り、収縮/拡張期血圧、血中のHDL/LDLコレステロール、中性脂肪、ブドウ糖、インスリンなどの測定値)と激しい運動との関連性を調べました。

 

他のバイオマーカーとの関連性は一貫せず

その結果、各バイオマーカーと激しい運動の関係のうち、統計的に確実な関連性が見られたのは32組で、全て胴回りと血中インスリン濃度の低下に関連するものでした。

得られたデータから、長時間の軽い運動の代わりに短時間の激しい運動を行うと、中程度の運動や座っている時間の低減よりも、心臓、代謝関連の恩恵がある可能性があります。

しかし、激しい運動は2つのバイオマーカーとしか関連していなかったため、通常の運動と比べて、本当に意味のある恩恵は限定的になりそうです。

 

今後、食事や遺伝子データなどを加えてさらなる研究を行うことで、運動の強度と心臓、代謝との関連性が明らかになるかもしれません。

(ヘルスキュア編集部)

 

参考文献

A Little Vigorous Exercise May Help Boost Kids’ Cardiometabolic Health

 

Associations of Vigorous-intensity Physical Activity with Biomarkers in Youth. - PubMed - NCBI

 

Associations of Vigorous-intensity Physical Activity with Bi... : Medicine & Science in Sports & Exercise

 

板東 浩

監修:板東 浩 氏
医学博士 / 内科

免責事項はこちら