読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨーヨーダイエットはとても危険。短期間の減量とリバウンドで心臓病による死亡リスクが大幅増

ヨーヨーダイエットはとても危険。短期間の減量とリバウンドで心臓病による死亡リスクが大幅増

米国の研究グループの報告によると、閉経後の女性16万人近くを調査し、短期間で減量とリバウンドを繰り返すヨーヨーダイエットは、心臓病による死亡リスクを3.5倍も高くしてしまうと分かりました。

米国ロードアイランドのメモリアル病院の研究グループが、ニューオーリンズで2016年11月12日~15日に開催された米国心臓協会の科学セッション2016で報告しました。

 

ヨーヨーダイエットは心臓に悪影響

米国は人口の3分の1が肥満であると、いわれています。肥満は、「心臓病」「脳卒中」「糖尿病」「がん」のリスクを増加させます。

米国では、肥満の人たちは、普通の体重の人たちよりもダイエットが5倍以上多く行われているようです。

ダイエットをする人たちの中に、短期間で減量とリバウンドを繰り返す人たちがいます。       

これは、ウエイトサイクリングやヨーヨー現象と呼ばれています。

 

15万人の女性を11年調査

報告によると、たとえ太りすぎや肥満ではなくても、ヨーヨーダイエットは心臓に悪影響を及ぼす可能性があると伝えています。

研究グループはヨーヨーダイエットの危険性を調べるために、閉経後の女性15万8000人を11年間調査しました。調査方法は4つのグループに分け比較しました。

グループは安定した体重を保っている人、着実に体重が増加している人、減量して体重を維持している人、ウエイトサイクリングを起こしている人です。

 

ヨーヨーダイエットは心臓停止のリスクが増加

報告によると研究開始時点で正常な体重だった人で、ヨーヨー効果を経験した人は、安定して体重を維持していた人に比べて、突然の心臓停止で死亡する率が3.5倍も高いと分かりました。

研究開始時点で、太りすぎや肥満だと感じている人では、関連する心臓病による死亡率に増加は無かったと伝えています。体重増加があるが減少は無かった人、体重の減少はあるが元には戻らなかった人でも死亡率の変化はありませんでした。

 

ライフスタイルの改善

研究グループの報告によると因果関係やヨーヨーダイエットに関する勧告については、今後の研究を待たなければなりません

なお、心臓協会は、血圧を管理する、コレステロールを管理する、糖分の摂取を控える、活動的に過ごす、健康な食生活をする、正常体重を保つ、禁煙する、この7つを勧めています。

 

この7項目に留意しながら、過度なダイエットは体に悪影響なので気をつけた方がよさそうです。

(ヘルスキュア編集部)

 

参考文献

Yo-Yo dieting dangerous even if you’re not overweight | American Heart Association

 

板東 浩

監修:板東 浩 氏
医学博士 / 内科

免責事項はこちら