読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「価格が高い食品は、健康に良いと思い込む」米国の研究で報告

「価格が高い食品は、健康に良いと思い込む」米国の研究で報告

健康に良い商品は価格が高いと、裏付けがなくても、消費者は信じ込む傾向があるようです。

さらに、逆に価格が高ければ健康に良いとも判断しがちであるようです。

 

実験で、健康的=高価という思い込みを調査

米国オハイオ州立大学の研究グループが、ジャーナル・オブ・コンシューマー・リサーチ誌で、2017年1月12日に報告しました。

研究グループはいくつかの実験から価格と健康との関係について検証しています。

実験①では、新製品について健康度と想像される価格との関係を調べるものです。ここでは健康度がAクラスと教えられた人たちは、Cクラスだと教えられた人たちよりも高い値段を想像すると確認しています。

実験②では、価格から健康的かどうかを判断してもらうものです。調査対象者は、中身が全く同じでも、製品の値段が安い場合よりも高い場合に、より健康的であると考えました。

 

高いランチは健康的と判断する傾向

実験③では、健康的なものを購入するという場面でどんな価格帯の食品を買うかを検証しています。調査対象者は、職場の同僚にランチのお遣いを頼まれたという想定です。ランチを選択する際に、健康的なものを買ってきてくれと頼まれた人は、中身に関係なく値段の高い方を選ぶ傾向が強くあると分かりました。

実験④では、栄養成分と価格との関係について調べています。健康的な成分としてビタミンAまたはDHAを含む製品で、4つの異なる値段設定から1つを選んでもらいます。ビタミンAを選択の鍵と考えた人たちは、値段にかかわりなくビタミンAの入った製品を選びました。一方で、DHAの場合は、参加者に馴染みが少ないために、他の製品よりも値段の高い場合に、健康的な食品だと考えるようでした。

 

安いものは健康的と信じられない

実験⑤では、製品の価格と、商品の説明書きを読む傾向の関係を調べています。「地球上で最も健康に良いプロテイン・バー」という新製品を紹介され、その価格が99セント、日本円で110円程度と知らされた場合には、4ドル、日本円で450円程度と知らされた場合よりも、説明書きを読む傾向が強くなりました。

普通の値段の半分以下で、健康的な食品が手に入るということが、なかなか納得できなかったため、と見られました。

 

価格ばかりに影響を受ける

「健康に良い」という消費者の認識に影響を与えるのは価格だけだという実験の結果に、研究グループは懸念を示します。

「誤った方向に誘導されてはいけない」と言い、ラベルをきちんと読んで、本能よりも事実に基づいて商品を選択すべきだと、忠告しています。

根拠なく、高いものに知らず知らずのうちに手が伸びてしまう、とすれば問題なのでしょう。

(ヘルスキュア編集部)

 

参考文献

Healthy Diets Make Empty Wallets: The Healthy = Expensive Intuition | Journal of Consumer Research | Oxford Academic

 

The strange effects of thinking healthy food is costlier | The Ohio State University

 

板東 浩

監修:板東 浩 氏
医学博士 / 内科

免責事項はこちら

宇宙放射線に晒されると白血病発症リスクが高まる

宇宙放射線に晒されると白血病発症リスクが高まる

米国の研究グループが、人の幹細胞を移植したネズミを使って宇宙放射線の人体への影響について報告しました。

その報告では、宇宙放射線(宇宙空間を飛び交う高エネルギーの放射線)に晒されると、白血病のリスクが高くなる可能性があるそうです。

ウェイク・フォレスト再生医療研究所の研究グループが、リューケミア誌2017年3月号で報告しました。

 

人による火星探査は可能か

放射線に晒されるのは、火星探査にとっては、最も危険なものの一つです。研究グループは、「太陽エネルギー粒子」(SEP)と「銀河宇宙線」(GCR)が人の「造血管細胞」に及ぼす影響を目的として研究を行いました。

造血幹細胞が形成するのは骨髄の0.1%未満ですが、これはさまざまなタイプの血液細胞を造り、体内を循環し、酸素を供給、感染から体を守り、悪性細胞を除去してくれます。

 

宇宙飛行士の造血幹細胞について研究

研究グループは健康な30歳~55歳の宇宙飛行士から造血幹細胞を取り出し、火星探査のミッションに関連する宇宙飛行士が宇宙で晒される同じタイプの放射線のプロトンと鉄イオンにさらし調査しました。

その結果、この放射線量で、造血幹細胞に相当な影響を与えることが分かりました。

このレベルの放射線に晒すと、造血幹細胞の機能がかなり低下し、全てのタイプの血液細胞を作る能力が低下すると分かりました。中には60%から80%低下したものもあったと伝えています。つまり長期間のミッション中に免疫機能が低下し、貧血症に陥る可能性もあります。

これまでの研究から、X線など高用量の放射線に晒されると、造血幹細胞に影響がある事は分かっていました。しかし、今回の研究により宇宙探査による低用量の宇宙放射線に晒されても、その影響があることがわかりました。

 

宇宙放射線による影響

研究グループは、次の実験として、ネズミに銀河宇宙線に晒された人の造血幹細胞を埋め込みました。その結果、ネズミはT細胞急性リンパ性白血病を発症し、放射線に晒されることで、白血病の発症リスクが高くなることが示されました。

 

今後の研究でさまざまなリスクが抑えられれば宇宙旅行も可能かもしれません。

(ヘルスキュア編集部)

 

参考文献

Research Uncovers Potential Health Risks of Travel to Mars

 

板東 浩

監修:板東 浩 氏
医学博士 / 内科

免責事項はこちら

「扁桃摘出」は子供の喉の問題に有効?感染症では「短期的な効果」、一方で睡眠時無呼吸症には「良好」

「扁桃摘出」は子供の喉の問題に有効?感染症では「短期的な効果」、一方で睡眠時無呼吸症には「良好」

扁桃腺を切除する「扁桃摘出」は、喉の扁桃炎を繰り返したり、睡眠時無呼吸症があったりする場合に、子供でも行われることがあります。

その効果について、感染症については短期的にとどまる一方で、睡眠時無呼吸症には良好であるという分析結果が出ています。

米国ヴァンダービルト大学医療センターの研究グループが、ペディアトリクス誌オンライン版で2017年2月1日に発表しました。

 

扁桃摘出の効果とは?

研究グループは、過去1~3年の間に3回以上の感染症を起こした子供についての研究7つを分析しています。

まず、喉の痛みや感染症、生活の質について調べた研究からは、術後1年間の喉の感染症、感染症による学校の欠席、喉の痛みや感染症による医療施設の受診が減ると分かりました。

手術を受けた子供では、1年間のそうした問題は平均1.74回起きていたのに対して、手術を受けていなかった子供では2.93回となっていました。

しかし、その効果は年を経るとともに小さくなり、長期的な効果は限定的であることも分かりました。

生活の質については、手術を受けても受けなくても著しい違いはありませんでした。

 

閉塞性睡眠時無呼吸症には良好

閉塞性睡眠時無呼吸に関する研究からは、手術を受けた子供は受けない子供と比べて、良好な睡眠を得られるという結果が出ていました。

手術には出血をはじめリスクもあります。手術のメリットとデメリット、生活や学校の都合なども考慮し、医師と相談しながら個別に手術の判断をすると良いのでしょう。

(ヘルスキュア編集部)

 

参考文献

Research Looks at How Tonsillectomy Impacts Throat Infections and Sleep Apnea in Children

 

Tonsillectomy Versus Watchful Waiting for Recurrent Throat Infection: A Systematic Review | Review Articles | Pediatrics

 

板東 浩

監修:板東 浩 氏
医学博士 / 内科

免責事項はこちら

血糖値を下げる「インスリン」の効果を高める工夫を探る。コンピューターのシミュレーションで最適な方法を検討

血糖値を下げる「インスリン」の効果を高める工夫を探る。コンピューターのシミュレーションで最適な方法を検討

血糖値を下げるホルモンであるインスリンの前駆体(複合体)に工夫をすることで、インスリンの働きを高めることが可能です。このたびコンピューターによるシミュレーションで最適な改良を突き止められそうだと分かりました。

 

複数でまとまる形から分解されて効果発揮

スイス、米国、オーストラリアの研究者らとともにスイス・バーゼル大学の研究グループが、ジャーナル・オブ・バイオロジカル・ケミストリー誌で2016年11月14日に発表しました。

インスリンは、細胞に信号を渡すことによって血糖値を調節する小さなたんぱく質です。

体内では、インスリンは2つの形態で存在しています。貯蔵されて機能しない時は、複数でまとまった「複合体」として存在し、インスリンの前駆体という位置づけになります。

実際に機能するには、単一のインスリンに分かれる必要があります。

貯蔵された形態のときには、インスリンはヘキソマー(6量体)と呼ばれる6つの同一分子がまとまっており、亜鉛が結合した複合体として存在します。

そこから単一の分子、モノマー(1量体)に分かれると、血糖値の調節機能を示すようになります。

体が血糖値を調節するためにインスリンを必要とすると、ヘキソマーはモノマーに分解され、続いてこのインスリン分子は、細胞の表面上にあるインスリン受容体として知られる相手の分子に結合します。この結合がインスリンから細胞内へ信号を渡すことになります。

糖尿病は、インスリン産生が障害または体が正しくそれを使用できないときに発生する疾患です。

糖尿病の治療を改善するために、この分解過程をコントロールする方法に関する研究が長期間にわたり続けられてきました。

 

コンピューターでシミュレーション

今回、研究グループはコンピューターを使って、複合体から単一分子への分解に変化を起こし、効果を高めようと研究を進めました。

研究グループによると、さまざまな病気と闘う新しい方法が開発されていますが、その中にコンピューターを使用するたんぱく質工学があります。代表的な応用事例は、インフルエンザウイルスに対抗するための創薬です。これと同様に、研究グループは、生来のインスリン複合体の分子構造の一つ一つの原子を置き換えたさまざまなインスリン類縁化合物をコンピューターシミュレーションで作りました。その上で、薬の特性を調べています。

 

水素原子をヨウ素原子に置き換えることに意味

結果として、インスリン前駆体(複合体)の一つの水素原子をヨウ素原子に置き換えた類縁化合物は、利用可能な形態のインスリンへの分解と放出を加速させることができました。

研究グループによると、ヨウ素への置き換えのほかにも、フッ素、塩素、臭素、ヨウ素などハロゲンと呼ばれる仲間に入る原子への置き換えが有効である可能性があるようです。

 

今後、薬の機能を高める手法が、コンピューターを使った方法で広がっていくのかもしれません。

(ヘルスキュア編集部)

 

参考文献

Extending Halogen-Based Medicinal Chemistry to Proteins: Iodo-Insulin as a Case Study

 

Chemically Modified Insulin Is Available More Quickly | University of Basel

 

板東 浩

監修:板東 浩 氏
医学博士 / 内科

免責事項はこちら

生殖系に影響なしとされる化学療法は本当に影響なし?ホジキンリンパ腫の女性の治療で検討

生殖系に影響なしとされる化学療法は本当に影響なし?ホジキンリンパ腫の女性の治療で検討

生殖系に影響なしとされる化学療法による薬の併用で、卵巣にどのような影響が出てくるか検討がなされました。

未成熟卵の数が増えたり、卵胞の成長に一部影響が出てきたり、何からの影響が出てくる可能性が示されています。

英国のエディンバラ大学の研究グループが、ヒューマン・レプロダクション誌2016年12月号で報告しました。

 

生殖系に影響のないとされる「ABVD」を検討

研究グループは、女性ががんに対する化学療法を受けた後の生殖系への影響を予測するのは困難と説明しています。その女性の年齢・受けた化学療法の種類・投与量で異なるためです。

研究グループは、ホジキンリンパ腫を対象とした薬を併用する化学療法について検討しました。ホジキンリンパ腫は悪性リンパ腫と呼ばれるがんの一種です。検討した化学療法は「ABVD」というもので、ABVDは女性の生殖に影響がないとして知られています。

研究グループは治療を受けた患者の卵巣の中の卵胞について調べました。卵胞は卵巣内に存在し、未成熟卵を含みます。

 

ホジキンリンパ腫の人と、そうではない人を比べる

研究グループは13人のホジキンリンパ腫患者とホジキンリンパ腫でない患者1人から卵巣の組織を取って調べました。

ホジキンリンパ腫患者のうち2人と、ホジキンリンパ腫でない人は、バイオプシー前に治療は受けていません。その他の11人のホジキンリンパ腫患者は、1回から2回の化学療法を受け、その後にバイオプシーを行いました。

研究では、サンプルの組織を、同年齢の健常者と比較しました。

 

編集部註:バイオプシー

生体組織診断のこと。病変部位を採取し、顕微鏡で観察することで、病変の拡大の程度を調べる臨床検査の一つ。生検とも呼ばれる。

 

第2段階への成長で影響あり?

さらに、研究グループは、第2段階の研究(実験)として、さらに卵胞の成長について調べるため、6日間サンプルを培養しました。

その結果、ホジキンリンパ腫患者で、ABVDで治療を受けた患者8人の組織には、同年齢の健常者・別の化学療法を受けた患者より、未成熟卵胞がはるかに多く含まれていました。

また、ABVDで治療を受けたサンプルは、健康な状態にあると思われました。

一方で、培養されたサンプル内において、すべてのグループで卵胞は成長しましたが、第2段階への成長に進んだのは、ABVDで治療を受けた女性のサンプルでは、限られていました。また、治療を受けなかったホジキンリンパ腫患者のサンプルは、健常者のサンプルと同様に成長しました。

未成熟の卵胞を増やすような影響がある一方で、成長の上で影響が出てくる可能性があります。もっとも対象者が少ないため、より一層の研究で検証は必要のようです。

 

化学療法と生殖系との関係は密接なので、今後の研究にも注目は集まりそうです。

(ヘルスキュア編集部)

 

参考文献

Chemotherapy may cause women to grow new eggs | The University of Edinburgh

 

板東 浩

監修:板東 浩 氏
医学博士 / 内科

免責事項はこちら

社会的なネットワーク多いと50歳での認知機能が高い。17000人の追跡調査データを分析

社会的なネットワーク多いと50歳での認知機能が高い。17000人の追跡調査データを分析

英国の大規模コホート追跡研究の結果

市民グループに多く参加するような社会的なネットワークの多い人は、50歳時点での認知機能が高い傾向があるようです。

長期間にわたる追跡調査のデータを分析した結果から分かりました。

 

ストレスや孤独感を下げる効果などに注目

英国サウサンプトン大学を含む研究グループが、心理学分野のオープンアクセス誌BMCサイコロジー誌で2016年12月2日に報告しました。

過去の研究で、強い社会的ネットワークを持ち、他者と関わることで認知機能はより良くなると報告されていました。社会的な活動やレジャー活動やボランティア活動などは幸福度を上げ、ストレスや孤独感を下げることも示されています。

社会的な関わりに関して全般的に肯定的な結果が出ているものの、長期間にわたり追跡した研究は多くありません。

 

1958年からの追跡調査を分析

研究グループはこのたび、イングランド、スコットランド、ウェールズで特定の期間に生まれた人、1万7000人以上を追跡している大規模研究のデータを分析しています。成人後の社会的関与が50歳時点での認知機能に及ぼす影響を調べました。

研究参加者のデータは、生まれた時に始まって、その後の様々な時点で収集されています。

 

3分の1が50歳までに認知能力低下

データでは、33歳までに社会的な活動などを行う市民グループに参加していた人はわずか17%で、そのうち一つのグループに参加しているのは14%でした。50歳時点ではそれぞれ36%と25%と増えていました。

対象集団のうち約8130人が11歳時点(算数、読み書き、全般的能力)と50歳時点(スピード/集中力、記憶、視覚的注意力)で認知機能テストを受けました。

全体的に、3分の1が11~50歳の間に認知能力が低下しましたが、知能は44%で変わりませんでした。およそ4分の1が50歳時点で認知能力が改善していました。

 

多くのグループに関与していた人ほど認知能力高い

これらのデータを分析した結果、33~50歳の間に市民グループに関与していた人は認知能力テストのスコアが高く、多くの市民グループに関与していた人ほど高いと分かりました。

この関連性は中程度でしたが、健康や社会経済的状態、性別などの条件で調整しても関連ありと判定できました。

市民グループへの参加以外で50歳時点での認知能力を改善した要素は、頻繁な身体活動、高い教育レベル、女性であることなどでした。

 

多くのグループに関与していた人ほど認知能力高い

さらに、11歳時点での社会的、経済的状態が低いことと、成人後の自己報告による精神状態が良くないことは、50歳時点での認知機能低下に関連していました。

観察研究であるため因果関係は確立できませんが、大きな集団を長期間追跡したことにより、様々な条件も踏まえた信頼度の高い分析結果と研究グループは説明しています。

 

市民グループへの参加を奨励する新たな証拠になるようです。

(ヘルスキュア編集部)

 

参考文献

Parkinson's Disease Linked to Microbiome | Caltech

 

Is mid-life social participation associated with cognitive function at age 50? Results from the British National Child Development Study (NCDS). - PubMed - NCBI

 

Is mid-life social participation associated with cognitive function at age 50? Results from the British National Child Development Study (NCDS) | BMC Psychology | Full Text

 

板東 浩

監修:板東 浩 氏
医学博士 / 内科

免責事項はこちら

睡眠を測るウエアラブル・デバイスが睡眠障害を助長。正しく判定できないケースとは

睡眠を測るウエアラブル・デバイスが睡眠障害を助長。正しく判定できないケースとは

睡眠を測るウエアラブル・デバイスは、かえって睡眠障害を助長することもあり得るようです。

米国ラッシュ大学とノースウエスタン大学の研究グループが、ジャーナル・オブ・クリニカル・スリープ・メディシン誌で、2017年2月15日に報告しました。

 

むしろ不安につながる

今回の報告によると、フィットビット(Fitbit)、アップルウオッチ(Apple Watch)などのウエアラブルタイプの睡眠トラッキング装置が流行しています。米国人の成人の15%はフィットネスあるいは睡眠をモニターするためのウエアラブル・デバイスを持っており、50%が購入を検討中であるようです。

研究グループは、睡眠を測って睡眠を改善させようとして、かえって睡眠障害になるケースがあると説明しています。

例えば、39歳の男性のケースでは、数年前から、眠れないことに悩んでいて、恋人から睡眠トラッキング・デバイスをプレゼントされたそうです。

このケースでは、毎晩8時間以上眠るという目標を設定し、睡眠トラッカーでそれを判定しました。朝にはデバイスが8時間の睡眠時間を続けられるようにと気にしていましたが、かえって不安神経症につながり、健全な睡眠を邪魔されてしまうという結果になりました。

研究グループは、「オーソソムニア」(orthosomnia)という用語を使用しています。「正しい睡眠」という意味ですが、正しくしようと思うあまり強迫観念にとらわれて、睡眠障害につながってしまうようです。

 

不適切な用途での使用も

ウエアラブル・デバイスが不適切に使われるケースは多いようです。

今回の報告によると、27歳の女性のケースでは、フィットビットにより睡眠不足と判定されていました。しかし、睡眠ポリグラフの検査を受けると、深い眠りに入っていると判定されました。デバイスの判定に振り回されて、実際の睡眠の状態を自分自身でも分からなくなっていました。

睡眠モニター用のデバイスは、浅い眠りや深い眠りといった睡眠のレベルを正確に判定することはできないと、研究グループは説明しています。

一方で、69歳の男性のケースでは、睡眠時無呼吸の改善にトラッキング・デバイスを使っていましたが、睡眠時無呼吸症の診断には有効ではないと、研究グループは解説しています。

 

ウエアラブル・デバイスをどのように使うか、使う側も知識を得ていく必要はあるようです。

 

参考文献

JCSM - Orthosomnia: Are Some Patients Taking the Quantified Self Too Far?

 

Orthosomnia: Are Some Patients Taking the Quantified Self Too Far? - PubMed - NCBI

 

Sleep trackers can prompt sleep problems | EurekAlert! Science News

 

Sleep Trackers Can Prompt Sleep Problems - Featured News - Rush University Medical Center

 

板東 浩

監修:板東 浩 氏
医学博士 / 内科

免責事項はこちら