読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日1回の投薬で、HIV感染予防対策に効果

《医師監修》ヒトからヒトへのHIV感染の拡大を緩めるために、感染リスクが高い人に、1日1回の投薬を行うという有望な方法があります。 9つのポイントに注目して、感染予防を確実にするできそうです。 米国・ブラウン大学の研究グループが、エイズ誌2017年2月…

HIV飲み薬の用量を半減、ナノテクノロジーの利用により製造コストを削減

《医師監修》ナノテクノロジーを用いてHIVの飲み薬の用量を半減にできることが分かりました。 製造コストの削減につながり、資源不足の地域で有益と見られています。 英国リバプール大学を含む研究グループが、米国シアトルで開かれた2017年度「レトロウイル…

AIDSウイルスの元はチンパンジーだった!? チンパンジーのウイルスは人間に伝染することが確認される

《医師監修》米国ネブラスカ大学リンカーン校の研究グループの報告によると、エイズウイルスはアフリカの類人猿が元ではないかという説がこれまでも有力でしたが、それを裏付ける生体では初めての研究を行い、その結果を報告しました アフリカに生息するチン…

HIVに対抗する「広域中和抗体」を体内で作り出す人の特徴を解明。ワクチンに取り入れてHIV予防に活用

《医師監修》HIVに対抗する「広域中和抗体」を体内で作り出す人の特徴を解明。ワクチンに取り入れてHIV予防に活用 HIV(後天性免疫不全症候群)に感染している人の中には、複数のHIV株を抑制できる強力な「広域中和抗体」を自然に体内生成する人がいます。 …

HIVワクチン開発に向けて一歩前進。HIVの広域中和抗体に注目

《医師監修》HIVワクチン開発に向けて一歩前進。HIVの広域中和抗体に注目 HIVウイルスは、体の免疫作用から攻撃を受けるとウイルスの形を変え、免疫作用をうまく避けながら細胞内に感染するため、治療が困難な病気です。 HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染…

HIVウイルスの細胞内感染プロセスを解明。感染の進行抑制に一歩前進

《医師監修》HIVウイルスの細胞内感染プロセスを解明。感染の進行抑制に一歩前進 英国のケンブリッジ大学、ロンドン大学を含む医学研究審議会の研究グループは、「HIV」(ヒト免疫不全ウイルス)について重要な特徴を発見。HIVウイルスが細胞に入り込むのを…