読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「抗炎症作用」のある食事、骨粗しょう症の予防につながる。1万人の女性のデータを分析 

《医師監修》「抗炎症作用」の高い食事をしている人は、骨密度の減少が少なく、骨粗しょう症の予防につながることが分かりました。

腰痛は「うつ病」や「精神疾患」などの心の病に関連する、途上国43カ国19万人以上のデータ分析結果

《医師監修》途上国43カ国19万人以上のデータを分析した研究の結果、腰痛は、うつ病や精神疾患などの心の病に関連すると分かりました。 英国キングス・カレッジ・ロンドンを含む研究グループが、精神医学分野の専門誌ジェネラル・ホスピタル・サイカイアトリ…

骨密度の低下がアルツハイマー病につながる可能性

《医師監修》アルツハイマー病になりやすい特徴を持ったマウスによる動物実験を行ったところ、初期の「骨密度」の低下と「脳内セロトニン生成細胞」の減少が確認されました。 この結果から、研究グループによると、骨密度低下がアルツハイマー病につながる可…

女性にモルヒネが効きにくい理由、「脳の活動における男女差」痛みと関係か

《医師監修》脳の活動には男女差があり、痛みの処理で差が出てくるようです。 このために女性にはモルヒネが効きにくくなっていると伝えられています。 ジョージア州立大学の研究グループが、ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス誌で2月20日に発表しました…

アキレス腱の秘密は強力な線維層がカギ

《医師監修》アキレス腱の強靱さの秘密は、アキレス腱と骨との間にある線維層にあるようです。 ドイツのミュンヘン工科大学の研究グループが、ネイチャー・マテリアルズ誌オンライン版で2017年2月に報告しています。

「タトゥーアーティストは、身体的に過度な負担」、タトゥー市場約2500億円の米国で調査

《医師監修》日本と海外では、入れ墨、あるいはタトゥーに対する考え方には違いがあるようですが、米国ではタトゥーを入れる人は職業として認知され、そのタトゥーアーティストの職業上の身体的な負担に関心が向けられているようです。 過度な身体的な負担が…

若い時に鍛えると骨の強さが維持される【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。「春の特別企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の過去のコラムを振り返ります。 ニュースで元巨人の桑田投手が投球をしているのを見て、プ…

母親が関節リウマチにかかると子供がてんかんを発症しやすい。母体の環境の変化が影響か

《医師監修》母親が「関節リウマチ」などの自己免疫疾患の場合、生まれてくる子供がてんかんを発症する場合があるようです。 関節リウマチとてんかんとの関係性について、デンマークのコペンハーゲン大学病院の研究グループが、ニューロロジ―誌2016年11月号…

成人の骨形成を促すたんぱく質「オステオレクチン」を発見、骨粗しょう症の治療につながる可能性

《医師監修》骨の形成を促すたんぱく質が見つかり、「オステオレクチン」と呼ぶことが提唱されました。骨粗しょう症の治療につながる可能性があります。

手術しない! ゼリー状の増骨材の注射で顎骨の形成に成功 東京医科歯科大

《医師監修》ネズミの顎の骨に、たんぱく質とペプチドをゼリー状にした混合剤を注射したところ、骨の形成を促進することに成功しました。 東京医科歯科大学を中心とする国際的研究グループが、デンタル・リサーチ誌2016年6月号で報告しています。

喫煙と肥満は関節リウマチ治療の大敵、1000例の分析から

《医師監修》カナダの研究グループの報告によると、リウマチ治療で禁煙と肥満は治療の妨げになる可能性があると分かりました。 マギル大学の研究グループが2016年6月8日~11日にロンドンで開催されたヨーロッパ反リウマチ同盟年次会議(EULAR2016)で報告し…

慢性疲労症候群は仰向けで伸びをすると悪化か?筋肉の緊張が問題に

《医師監修》「慢性疲労症候群」とは、深刻な疲労が起こってくる病気です。 これまで体を動かすことで悪化する可能性があると知られていました。 今回、仰向けに寝て足をまっすぐに伸ばす運動が引き金になると分かりました。 米国ジョンズホプキンス大学の研…

「筋萎縮性側索硬化症」(ALS)の治療に一歩近づく。遺伝子の変異を安定化させ ALSを抑制する可能性 

《医師監修》米国で1万2000人以上の人々が発症している「筋萎縮性側索硬化症」(ALS)を治療する方法は現在ありませんが、病気を緩和する研究が進んでいます。 ALSを発症している人は脳内の「運動ニューロン」という神経に障害が起きています。 ALSの発症原…

リウマチの原因とは?遺伝要因と環境要因

《医師監修》リウマチの原因とは?遺伝要因と環境要因 リウマチの原因には、遺伝要因と環境要因の両者が関わっています。 英国リウマチ学会の解説によると、その原因がより鮮明に見えてきているようです。