読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーヒーを飲む人はなぜ長生きなのか?カフェインの代謝物が血管の炎症を抑える 

《医師監修》最近、数多くの研究が、コーヒーを飲む人は長生きであると伝えています。 米国の研究グループの報告によると、コーヒーを飲むと長生きの基となるメカニズムの発見になると伝えています。 心血管疾患の発症を誘起する可能性のある炎症過程の発見…

食物繊維が健康にいい理由【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。今回は「連休企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の2014年のコラムをご紹介しています。 経験的に分かっていても理屈が分からないことは多…

ダイエットソーダは逆に太るかもしれない。代替甘味料が、メタボを防ぐ腸内酵素の作用を阻害

《医師監修》砂糖の代替甘味料として多用されている「アスパルテーム」は、メタボリックシンドロームを防ぐ酵素「腸アルカリフォスファターゼ(IAP)」の作用を阻害することで体重減少効果を妨げていると分かりました。 米国ハーバード大学医学大学院マサチ…

砂糖をステビアにすると血糖値改善。マフィンの出来上がりは変わらず

《医師監修》マフィンに含まれる砂糖の半分をステビアやイヌリンといった天然の植物から取った甘味料に替えると健康に良いようです。 マフィンの出来上がりは変えずに、血糖値を下げるような効果につながるようです。 ニュージーランド・リンカーン大学の研…

肥満税を考える【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 医療費の高騰を抑える施策 人口の高齢化に伴って医療費の高騰に直面しているのは我が国だけではない。また、いかなる医療制度下でも、この問題の解決には国家的な疾患予防…

エナジードリンクの過剰摂取により、急性肝炎を発症する。「ナイアシン」が原因か

《医師監修》エナジードリンクの過剰摂取により、急性肝炎を発症する。「ナイアシン」が原因かエナジードリンクの過剰摂取により、急性肝炎を発症する。「ナイアシン」が原因か アメリカの研究グループの報告によると、体の不調、食欲不振、痛みを訴えて診察…

原始人が食べていたものは身体に良い?原始人をまねた食事法「パレオダイエット」は心臓や血管の病気を減らせるかもしれない

《医師監修》原始人が食べていたものは身体に良い?原始人をまねた食事法「パレオダイエット」は心臓や血管の病気を減らせるかもしれない 米国の研究グループの報告によると、食生活を「原始人の食事」とも呼ばれる「パレオダイエット」にして8週間続けると…

アーモンドにより脂質が低下し心疾患を予防できる?

《医師監修》アーモンドにより脂質が低下し心疾患を予防できる? ナッツ類は健康に良い アーモンドなどのナッツ類はコレステロール値を下げる可能性があるようです。 カナダの研究グループの報告によると、空腹時の人にアーモンドを与えたときの脂質を調べた…

「皮膚パッチ」でピーナッツアレルギーのリスクを回避

《医師監修》「皮膚パッチ」でピーナッツアレルギーのリスクを回避 年齢が低いほど効果が高い アメリカの研究グループの報告によると、「ピーナッツアレルギー」を皮膚パッチで治療すると、安全性を保ちながら利用できて効果がある上に、幼い子供ほど効果が…

タマネギの天然成分が卵巣がんの増殖を抑制、熊本大学などの報告

《医師監修》タマネギの天然成分が卵巣がんの増殖を抑制、熊本大学などの報告 がんの進行を妨げ、腫瘍の増殖を抑制する 日本の研究グループが、ネズミを使った実験の報告によると、「オニオニンA」というタマネギに含まれる天然成分が、「卵巣がん」の進行を…

亜鉛を取り過ぎると「ディフィシル菌感染」を促進する

《医師監修》亜鉛を取り過ぎると「ディフィシル菌感染」を促進する 抗生物質を使用している人は注意 米国の研究グループの報告によるとネズミを使った実験で、亜鉛が多すぎる食事は「ディフィシル菌感染」を促進すると分かりました。抗生物質を使用している…

水は飲みたいときに飲むのが良い! 人間の水分摂取量の目安に対する研究結果

《医師監修》水は飲みたいときに飲むのが良い! 人間の水分摂取量の目安に対する研究結果 人体の60%は水分でできています。では人間は常にどれだけの水分量が必要なのでしょうか。 過去の研究では、女性は1日に2.2L(約コップ9杯)、男性は3L(約コップ13杯…

小麦に含まれるたんぱく質がリウマチ、喘息などの慢性疾患を誘発する可能性

《医師監修》非セリアック・グルテン過敏症の発症にも関与する可能性 小麦に含まれる「アミラーゼ」「トリプシンインヒビター」(ATI)が、「多発性硬化症」や喘息(ぜんそく)、関節リウマチなどの慢性疾患の炎症を誘発し、「非セリアック・グルテン過敏症…

柑橘類に含まれるフラバノンが脂肪の蓄積を防ぐ。高脂肪食との組み合わせで効果を発揮

《医師監修》ネズミを使った実験で、柑橘類に含まれる「フラバノン」(フラボノイドの一種)が、体重を減らすことなく、高脂肪食による脂肪の蓄積を抑えると分かりました。 ブラジルのパウリスタ州立大学の研究グループが、第252回米国化学会(ACS)年会で20…

「砂糖入り清涼飲料水を毎日飲む人は、ただの水に!」飲み物からのカロリーを6%減らす

《医師監修》健康的にやせるためには、食べ物だけでなく飲み物も、気にすると良さそうです。 砂糖入りの清涼飲料水を、単なる水に変えるだけで、1日1本を飲んでいる人では、飲み物から日々摂取するカロリーを17%から6%に提言できると証明されました。 米国…

その国の文化を大切にしている人は、健康的な食生活を送っている アメリカと日本の食生活などの研究結果から

《医師監修》アメリカであれば自立した生活を送る、日本であれば他人との人間関係を大切にしながら生活をする。生活スタイルは文化に影響を受けます。 それぞれの国の、健康な食生活とも関係があるようです。 アメリカのノースウェスタン大学の研究グループ…

肉類を食べ過ぎると肥満になる。特に肉類のたんぱく質に注意

《医師監修》肥満の問題については、世界中で議論と研究が行われています。 肥満の原因として、糖分の過剰摂取がよく知られていますが、肉類の過剰摂取も糖分と 同様のレベルで、肥満につながるリスクがあるようです。 オーストラリア、アデレード大学の研究…

父親の食生活が子供の乳がんの発生に関連。植物性油が乳がんには低リスク

《医師監修》乳がん発生リスクに、親の食生活が関わっているようです。 父親がラードなど飽和脂肪酸の摂取量が多いと、その子供の乳がんのリスクが高くなり、多価不飽和脂肪酸の多い植物性油の摂取量が多いと、リスクが低くなると分かりました。 ブラジル、…

肉をたくさん食べると腎臓の機能障害のリスクが増加するようだ、シンガポールの大規模調査の結果

《医師監修》45歳~74歳の中国系シンガポール人6万3000人以上の健康調査データを詳しく分析した結果、赤身の肉を食べる量が増えると重症の腎臓病のリスクが高くなることが明らかになりました。 ただし、1週間に1回、赤身の肉をほかのたんぱく源に変えると、…

食事療法による減量と運動に取り組むと、がん発生を促すたんぱく質を減らす

《医師監修》食事療法による減量と運動に取り組むと、がん発生を促すたんぱく質を減らす 食事療法による減量と運動に取り組むと、がんの発生や増殖に関係するたんぱく質を減らす効果があるようだ。 フレッド ・ ハッチンソンがん研究センターのキャサリン・…

人工甘味料を取ると食欲が増進される、脳に与える影響を確認

《医師監修》人工甘味料を取っているとダイエットにつながるとされますが、かえって食欲が増して、実際は、多く食べてしまうようです。 脳の中枢への影響についても解明されており、このたびエネルギーを補おうと食欲増進につながっていると判明しました。 …

パスタを食べても太らない?「地中海食」の実践でむしろ痩せるかも

《医師監修》イタリアの大規模研究2件のデータを分析した結果、パスタを多く食べている人は地中海食を守っている人が多く、BMI、ウエスト周囲径、ウエスト・ヒップ比が低く、さらに過体重/肥満の人の割合も低いと分かりました。 イタリアの医療研究機関、IR…

減塩食は心臓発作や脳梗塞のリスクを高める?減塩食が必要なのは高血圧の人だけ

《医師監修》研究グループの報告によると、減塩食は高血圧の人には重要ですが、高血圧でない人には減塩食に意味はなく、逆に心臓発作や脳梗塞発症のリスクを高める可能性があると分かりました。 マクマスター大学を含む研究グループが、世界的な有力医学誌で…

ジャガイモの過剰摂取は高血圧になる可能性。高い糖化指数が血圧を上昇させる

《医師監修》ジャガイモはカロリーが豊富で安価で購入できるため、世界125カ国と米国は50州すべてで育てられています。 品種も4000種あり世界の収穫高は3億トンを超えるといいます。これまで血圧に対してカリウムの効果は研究されてきましたが、ジャガイモの…

外食は子どもにとって脂肪とナトリウムが高すぎる。全米レストランのメニューへのカロリー表示立法化に向けて

《医師監修》外食時にアイスクリームではなく果物を子どもが選べるようにする方法はあるか? このところ多くのレストランがより健康的な子ども向けの食事を用意しようと動いているが、ジャーナル・オブ・ニュートリション・エデュケーション・アンド・ビヘイ…

妊娠中のオメガ3脂肪酸摂取は子供の喘息を減らす【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 妊娠中の食生活が子供の健康に影響する 健康な子供が生まれ育つため、妊娠中のお母さんが何に気をつければいいのか、これを本当に調べるためにはかなり大規模で長期の調査…

バターの摂取で病気が悪化することはない、米国の研究報告

《医師監修》バターの摂取で病気が悪化することはない、米国の研究報告 バターの摂取で心臓病のリスクが高まるわけではない。 イメージのよくない脂ですが、バターに関しては、セーフという結果が出ています。 米国タフツ大学の研究グループが、プロス・ワン…

アロエに糖尿病の治療効果がある。空腹時血糖が高い人ほど効果あり

《医師監修》アロエに糖尿病の治療効果がある。空腹時血糖が高い人ほど効果あり アロエは糖尿病に効果がある アロエが糖尿病に効果を示す可能性があるようです。 米国デイビッド・グラント・USAF・メディカル・センターの研究グループが、ジャーナル・オブ・…

「食べ過ぎるとさらに食べる」仕組みの一端を解明、小腸の「ウログアニリン」に秘密

《医師監修》「食べ過ぎるとさらに食べる」仕組みの一端を解明、小腸の「ウログアニリン」に秘密 食べ過ぎると、さらに食べてしまう。その悪循環の背景に、小腸の働きが関係しているようです。

ファストフードの多食で眠気。体内時計への影響

《医師監修》ファストフードの多食で眠気。体内時計への影響 米国の研究グループの報告によるとファストフードを多く食べ、野菜が少ない食事を取っていると、体内時計による眠気のタイミングが遅れてしまうと分かりました。

健康的な食生活によって、妊娠糖尿病を原因とする高血圧のリスクを下げる

《医師監修》健康的な食生活によって、妊娠糖尿病を原因とする高血圧のリスクを下げる 妊娠糖尿病と高血圧 妊娠糖尿病と高血圧 妊娠糖尿病の大半では出産後に血糖値は正常に戻りますが、長期的な影響があり、それが原因で、16年以上経過してから高血圧を発症…

仕事の合間に、お茶で心も口の中もリフレッシュ!緑茶に含まれる成分が口内の健康に良いと九州大学の報告

《医師監修》仕事の合間に、お茶で心も口の中もリフレッシュ!緑茶に含まれる成分が口内の健康に良いと九州大学の報告 緑茶が虫歯を予防するという噂はよく耳にする話です。 この話を実証しようとした研究がありました。 九州大学の研究グループが調査してい…

魚の油は脂肪の多い食事のリスクを逆転させ、肥満や2型糖尿病などから遠ざける

《医師監修》魚の油は脂肪の多い食事のリスクを逆転させ、肥満や2型糖尿病などから遠ざける ブラジルの研究グループの報告によると、魚油の補充療法には、肥満や2型糖尿病などの高脂肪食の有害な代謝の影響を防ぐ可能性があると分かりました。 ブラジル・サ…

食べ物を落として5秒以内に食べれば大丈夫は誤り。いわゆる「5秒ルール」は落ちた瞬間に細菌に感染

《医師監修》食べ物を落として5秒以内に食べれば大丈夫はうそ。いわゆる「5秒ルール」は落ちた瞬間に細菌に感染。食べ物を落とした際に細菌が物の表面へ転移し汚染するのは極めて短い時間で起きると分かりました。また接触時間が長ければ汚染の程度も大きい…

ダイエットは難しい!! 満腹感が持続する食品を取れば摂取カロリーが減るわけではない

《医師監修》ダイエットは難しい!! 満腹感が持続する食品を取れば摂取カロリーが減るわけではない 英国では満腹感が持続し、食欲を抑えてカロリー摂取量を減らすと広告しているダイエット食品が数多くあります。 英国の研究グループは「食欲」と「カロリー…

1日2杯の甘いソフトドリンクで「成人潜在性自己免疫性糖尿病(LADA)」のリスクが2倍

《医師監修》1日2杯の甘いソフトドリンクで「成人潜在性自己免疫性糖尿病(LADA)」のリスクが2倍 甘い飲み物の飲み過ぎには注意が必要のようです。 スウェーデンの2800人以上を調査した研究で、砂糖や人工甘味料を加えたソフトドリンク200 mLを1日2回以上飲…

エネルギードリンクによると思われる肝炎【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 時には一人の患者さんの症例を深く調べることも必要 私は、患者さんから得た経験を一般化するためには、一定数の数を集め、科学的手続きを踏んだ研究から得られるエビデン…

毎日新鮮な果物を食べると、心臓の病気による死亡が減る可能性あり

《医師監修》中国人を対象に調査 米国や英国の研究では、果物を多く摂ることで、心臓血管系の病気にかかるリスクを減らすことができると分かっています。しかし、果物の消費が少なく脳卒中を発症する率の高い中国では、果物の摂取の効果がどの程度あるかは分…