読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

避妊法が限られている男性にホルモン療法で避妊が可能!? 有望な試験結果

《医師監修》男性ホルモンと女性ホルモンの注射で避妊治療 ドイツの研究グループの報告によると、男性ホルモンである「テストステロン」と女性ホルモンである「プロゲステロン」を注射し、精子の量を減らす方法を行った結果、避妊の有効性が96%に至ると分か…

避妊薬の使用は、うつ病のリスクを高める可能性がある。特に思春期の女性が最もリスクが高い

《医師監修》避妊薬の使用でうつ病の発症リスクが増加する 避妊薬の使用は注意が必要のようです。 100万人以上の女性のデータを分析した結果、避妊薬を使用すると、うつ病になりやすくなると分かりました。 特に、15歳~19歳の思春期の女性に危険性が高いこ…

エストロゲンを含む避妊薬は胎児に影響? ビタミンD低下の可能性

《医師監修》女性ホルモンの「エストロゲン」を含む避妊薬を服用している場合、飲んでいない女性よりビタミンDの濃度が高く、服用の中止でビタミンDの数値が激減する可能性が分かりました。 妊娠した場合に、ビタミンDの不足から、赤ちゃんの骨の形成異常に…

遺伝子の不活性化が、男性の避妊や不妊治療につながるか

《医師監修》精子が卵子に到達できるように、その細胞を活性化する酵素が発見されました。 米国・カリフォルニア大学バークレー校のN・ミラー氏、他の研究チームが、サイエンス誌2016年3月17日号オンライン版で報告しました。