読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染色体の核内立体地図【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 染色体の立体構造 染色体の立体構造に関する研究が加速している。 今日紹介するケンブリッジ大学からの論文は、ゲノム、エピゲノム、集団レベルの染色体立体構造についての…

友人は臭いが近い、友情に遺伝的相性がある可能性。【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。今回は「連休企画」として、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の2014年のコラムをご紹介しています。 「え!ウソ!」と思わず首を傾げたくなる論文だ。…

私たちのゲノム中に存在するネアンデルタール人遺伝子の影響【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 全ゲノムの2%がネアンデルタール人からの遺伝子 ネアンデルタール人遺伝子が私たち現代人にも受け継がれていることを証明したのはドイツ・ライプチッヒ・マックスプランク…

赤い髪の遺伝子バリアントが皮膚がんの突然変異を誘発する ~約20年間の太陽光線の暴露に相当する~

《医師監修》赤い髪の毛、白っぽい皮膚の色、そばかすに関連する遺伝子(MC1R)を調べたところ、あるタイプの人は皮膚がんになりやすいようです。 赤い髪の人は皮膚がんになりやすいのですが、黒い髪の人でもこのタイプの遺伝子があると、皮膚がんになりやす…

子供の失明の原因「原発先天緑内障」の原因遺伝子を特定。新たな治療法につながる可能性

《医師監修》米国の研究グループの報告によると世界中の子供たちの失明の原因となっている「原発先天緑内障」を引き起こす遺伝子が新たに発見されました。 ノースウエスタンメディシンとウイスコンシン大学の合同研究グループが、医学誌のジャーナル・オブ・…

他者との絆を感じる「愛情ホルモン」オキシトシン、その影響を受けやすい人を特定

《医師監修》遺伝子「CD38」の遺伝子変異型に強い影響 「幸せホルモン」「愛情ホルモン」という別名を持つ「オキシトシン」の働きを調査したところ、遺伝子「CD38」の特定の遺伝子変異を持つ人が、オキシトシンの影響を最も強く受けると明らかになりました。…

新しい治療法の開発へ!うつ病関連の遺伝子が15カ所特定

《医師監修》うつ病には多くの遺伝子が関わっていますが、今までどの遺伝子が問題なのか分らず、治療に至りませんでした。 このたびうつ病に関係する遺伝子が15カ所発見されました。 アメリカのハーバード大学の研究グループが、ネイチャー・ジェネティクス…

乳がんの分類についての解説、アメリカのボストンより【ハーバード大学医学大学院 研究員 齊藤康弘】

乳がんは非常に複雑ながんです。したがって、乳がん治療を最終目標とした研究を行うには乳がんの特徴をよく理解し、その特徴に応じた治療法の開発を目指すことが重要です。今回はその複雑さを知っていただくため、 乳がんの分類(正確には細胞レベルでの分類…

利き腕は胎児期に決まる?【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 利き手はいつ決まるか 振り返ってみると、利き手がどのように発生するのかこの論文を読むまで考えたことはなかった。 私たちの体は左右対称でないが、内臓の位置決めと利き…

英国バイオバンクの実力:疲れやすい原因を探る【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 なんとなく「疲れやすい」と感じる背景 医者になりたての頃、外来で「先生、最近疲れやすく、何か悪い病気と違うでしょうか?」と聞かれるのが一番困った。診察や検査から…

レット症候群の新しい治療戦略の可能性【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 女性のみ発症する「レット症候群」 レット症候群はメチル化された DNAに結合して遺伝子転写を調節するMECP2遺伝子の機能喪失突然変異により起こる病気で、女児にのみ起こる…

エクソームチップを用いた身長と相関する遺伝子の探索【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 21世紀の臨床医学 学生講義を頼まれると、「21世紀の科学の課題」か「21世紀の臨床医学」のどちらかを選んでもらって話をする。どちらも20世紀の遺物である私に完全に予測…

鬱状態とJNK1【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 うつ病の根本的治療の研究 うつ病にかかったことはなくても誰でも憂鬱な気分に沈むことはあるし、身近な人がうつ病にかかっていたという経験を持っていると思う。私も身近…

長生きの両親の子供は長生き?さまざまな病気になる可能性が少ない

《医師監修》英国の研究グループは、長生きに関する興味深い報告をしました。 私たちが健やかに年を重ねられるかどうかが、私たちの両親次第という可能性もあるということです。 英国エクセター大学のJ・アトキンス氏らがジャーナル・オブ・アメリカン・カレ…

私たち真核生物の先祖【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 真核生物と細菌類の遺伝子比較 現存の地球上の生物は、核膜でDNAを包み込んでいる真核生物と、核膜構造が見られない細菌生物に分けることができ、この細菌をさらに、真正細…

喘息の原因には遺伝子も? 新たな治療法につながる可能性。遺伝子「ADAM33」が、発症に深く関わると判明

《医師監修》気管支喘息(ぜんそく)は、せきの発作をたびたび起こすアレルギー疾患です。呼吸困難を伴う場合もあります。 原因は完全には解明されていませんでしたが、どうやら遺伝子が関係しているようです。 英国サウサンプトン大学を含む研究グループが…

クリスパーシステムを細菌ゲノムデータから見つけ出す【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 CRISPR研究の面白さ おそらく今年予想される科学ニュースはブロード研究所とカリフォルニア大学の間で争われているCRISPR/CASシステムの裁判の判決だろう。基本を発見した…

臨床例から基礎研究へ【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 医療現場での観察が研究を発展させる これまで特定の遺伝子の機能を個体レベルで調べるためには、遺伝子操作による逆向き遺伝学や、突然変異を多くの遺伝子に誘導した系統…

第二段階に入った個人ゲノム【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 遺伝子検査は日本ではまだ一般的ではない 我が国でも個人の遺伝子検査が普及してきているようだが、まだサービスを受けた人たちは10万人を超えたぐらいだろう。また、サー…

食事でダイエット、最良の方法はあなたの「遺伝子」次第、全く逆の効果になる可能性も

《医師監修》食事でダイエット、最良の方法はあなたの「遺伝子」次第、全く逆の効果になる可能性も ダイエットの効果は人によって異なると、研究結果から証明されています。 背景には遺伝子があるようです。 米国ノースカロライナ州立大学のウイリアム・バリ…

タツノオトシゴのゲノム【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 タツノオトシゴの特徴をケノム研究で説明 何年か前までは、さまざまな動植物の全ゲノム解析についての論文が「Nature」や「Science」などの一般科学雑誌にも多く掲載されて…

性格の多様性の遺伝的ルーツを探る【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 人間の性格の違いを遺伝子から研究 現代の人間社会では、必然的に多数の人と関わりを持つ必要がある。人と出会う時、相手がいま何を考えているのか常に測りながら、頭に浮…

高齢者の筋肉が衰える理由【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 老化による筋肉の衰えの原因を探る 自分で経験しないとなかなか実感できないが、年をとると急に筋肉の衰えを感じる。早い遅いは人によるだろうが、日常の鍛錬では対応でき…

クローン病に2つのタイプを特定、遺伝子パターンと臨床症状が異なる

《医師監修》クローン病に2つのタイプを特定、遺伝子パターンと臨床症状が異なる クローン病で遺伝子パターンと臨床症状が明確に異なる2タイプが特定されました。 個人に合わせた治療につながる可能性があります。

誰もが自宅で遺伝子配列が読める?破壊的イノベーションの誕生【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。 今回は、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の2015年のコラムをご紹介しています。 次世代シーケンサーは21世紀の幕開けに販売が始まり、瞬く間に生命…