読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過食症の予防薬が作られる!?「TAAR1刺激薬」の効果を確認

《医師監修》アメリカの研究グループの報告によると、過食症のネズミの実験で、「微量アミン関連受容体」(TAAR1)と呼ばれる部分を薬で刺激し、活性化させると、過食を避けられる可能性があると分かりました。 アメリカのボストン大学の研究グループが、ニ…

食べすぎを薬でうまく止められるかも?セロトニン関連薬がマウスで過食を抑制

《医師監修》人間の脳は中枢神経から「ドーパミン」という神経伝達物質が放出されて、運動機能や認知機能をコントロールしています。対して「セトロニン」は、生活リズムや睡眠、体温調節をコントロールする物質です。 ネズミの実験で、「セロトニン2C受容体…

女性に「摂食障害」が多いのは脳内の神経反応が関係か

《医師監修》太っているという認識が脳内で直接的に反応し、強く意識させる 英国の研究グループの報告によると、自分が太っているという身体に対する認識は、脳内に直接働きかけて、感情をかき乱すようです。 この反応には男女差と「摂食障害」の傾向による…

女性に増えている過食症、効果がある治療法とは

《医師監修》 米国の団体の説明によると、過食症の治療はチームで行い、回復に向けさまざまなアドバイスやサポートを行うことが大切といいます。 ヘルプガイド・オーグ・インターナショナルという、公的な団体が詳しく説明しています。