読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

尿中のたんぱく質と認知症は関連あり?脳と腎臓の機能はリスク要因が同じ

《医師監修》尿中にたんぱく質が検出されると、腎臓の機能(以下、腎機能と表記)に問題がある場合がありますが、これは同時に認知機能へのリスク要因にもなるようです。 オランダ、マーストリヒト大学の研究グループが、米国神経学会の機関誌であるニューロ…

嗅覚検査でアルツハイマー病の診断精度が改善、軽度認知障害も識別可能

《医師監修》においをかぐ能力を測る「スティック型嗅覚検査」が、軽度認知障害の進行度も含めたアルツハイマー病の診断に使えると分かりました。米国ペンシルベニア大学ペレルマン医学大学院とハーバード大学マサチューセッツ総合病院の研究グループが、ア…

高齢になってもボケない「スーパーお年寄り」の原因を探る【NPO法人AASJ代表理事・京大医学部名誉教授 西川伸一】

「プロフェッショナル」では、第一線で活躍する医療関係者のコラムをお送りします。今回は、執筆者として参加する西川伸一氏(プロフィールは末尾)の2015年のコラムをご紹介しています。 私の年になると、誰でもボケないでいたいと望む。これまで目にする研…

地中海風料理で、アルツハイマー病が予防できるかも?地中海式ダイエットに新たな効果

《医師監修》地中海式ダイエットは、心臓疾患に対して良い影響があると知られています。 2000年~2015年に行われた研究を再検討した結果、高齢者の認知機能にも良い影響があり、地中海ダイエットを続けている人では認知機能低下が少なく、アルツハイマー病の…